ホテル 地図 フェスティバル 交通手段 ゴルフ 県 南部 南部

larger text smaller タイ南部ガイド
南部
タイ南部は西側のインド洋のアンダマン海と東のタイ湾に囲まれた半島に位置しています。 この地方には半島の両サイドに世界的に有名な白い砂浜のビーチと美しい島々を含む素晴らしい景色が広がり、まるで万華鏡のようです。さらに国立公園、野生生物保護地区、山脈、滝と史跡があります。地方の名所は陸地のみに限らず、水中世界では、多産な水生生物と素晴らしい水中景観が見られます。タイ南部の独特な文化と伝統はこの地方を魅力ある観光地にしています。

プーケット、クラビ、ハートヤイ(ハジャイ)、スラータニーとサムイの国際空港のおかげで、 さらに便利に容易に旅行できるようになっています。宿泊施設はすべての要望に応じられる予算の低いゲストハウスから国際的なホテルチェーンの5スターホテルまで選り取り緑です。

地図:タイ南部の県
チュンポン ラノーン パンガー スラタニ サムイ島 パンガン島 タオ島 クラビ ナコンシータマラート トラン パッタルン ソンクラー サトゥーン パタニー ヤラー ナラティワット プーケット 南部 地図  
プーケット Phuket (プーケット):
プーケットはタイ国内最大の島になり、シンガポールとほぼ同じ大きさになります。プーケットはバンコクから南に862キロのタイのインド洋側のさわやかな、アンダマン海域にあります。

プーケットは素晴らしい洞窟、湾、白砂のビーチ、海に点在する島々、優れた宿泊施設と快適な建物に恵まれています。またプーケットは数々のスポーツやレジャーを楽しむ機会があり、緑豊かな熱帯の風景は心から思い出に残る休日のための素晴らしい雰囲気を作り出しています。
チュンポン Chumphon (チュンポン):
チュンポーンはタイ湾と平行してある海沿いの街で、その他の南部の県への玄関口になっています。200キロ以上続くチュンポーンの海岸は、美しい絵のようなビーチがたくさんあります。自然の美しさを現在も維持しており、自然と独特な静かな雰囲気の中でリラックスしたい方に最適です。

見所はビーチ、諸島、国立公園、滝、美しい鍾乳石と石筍の洞窟と山々があります。チュンポーンはダイビングパラダイスのコタオ(タオ島)へ行ったり、戻ってくる際の中心にもなっています。宿泊施設はホテル、リゾートからゲストハウスまで容易に手配できます。
ラノーン Ranong (ラノーン):
山地と深い森林に覆われたラノーンは漁業と貿易港として最も有名で、様々な自然の魅力を含んでおり、温泉と手付かずのマングローブ林に恵まれています。

ラノーン市街はミャンマーへの玄関口になっており、有名な温泉は市街のすぐ近くにあります。樹木と様々なファーストクラスのホテルは温泉の恩恵を受ける熱心な訪問者を満たしています。コパヤーム(パヤーム島)のような沿岸の小さな島々は、静かで手付かずのトロピカルアイランドを訪れる旅行者を歓迎します。基本的な宿泊施設が可能です。
パンガー Phang Nga (パンガー):
バンコクから約800キロのパンガーは陸地と海のふたつの特徴を持つ県です。無限に異なる魅力を持つ、素晴らしい風景を守る国立公園がたくさんあります。もっとも有名なアオパンガー国立公園は小島、くぼんだ洞窟、海に険しく隆起している驚くべき岩の形成によって満たされた地質学的驚異があります。湾は保護されており、多くの魅力的な洞窟を散策するためには、シーカヌーでの探検が最適です。

パンガー県のアンダマン海沿岸は様々な種類の国立公園があります。スリンとシミラン諸島は美しい手付かずのビーチと水中世界の風景の素晴らしさが大変有名で世界中のダイバーを惹きつけています。カオラックは鳥類、哺乳類、美しい滝に満たされた海岸沿いの国立公園です。県内のホテルとリゾートのほとんどはこの手付かずの美しいビーチにあります。
スラタニ Surat Thani (スラタニ):
タイ南部最大の県であり、海岸沿いにたくさんの島々があるスラータニーは休暇を楽しむ世界中の人々の完璧な隠れ家です。もっとも有名な島々は、コサムイ(サムイ島)、コパンガン(パンガン島)、コタオ(タオ島)とアントン国立海洋公園です。

スラータニー本土にある6つの国立公園は景勝地、稀少野生生物、滝と象トレッキングのようなアクティビティがあります。スラータニー市街のホテルは島や国立公園に行く前泊に利用でき、レストランや買物も可能です。市街地の見所はタイ寺院と中華寺に限られます。
サムイ島 Koh Samui (サムイ島):
面積247k㎡のサムイ島は、タイ国内で3番目に大きく、東南アジアの最も訪れたい観光地ベスト5のひとつに選ばれています。

国際的な教育と医療機関、繁華街での幅広く選べる買物、洗練されたレストラン、ブティックリゾート、すべての予算に見合うホテルと美しいきめの細かい白砂のビーチと確立された島のインフラは、サムイ島をタイの輝かしい王冠の宝石のひとつとして目立たせています。

近隣諸島のパンガン島とタオ島、息を呑むようなアントン国立海洋公園は、セーリング、スキューバダイビング、スノーケルと冒険ツアーのような様々なアクティビティが楽しめます。宿泊施設はバンガローから4スターリゾートまで揃っています。
パンガン島 Koh Phangan (パンガン島):
パンガン島はハードリンビーチで毎月行われるフルムーンパーティーが世界的に有名ですが、パーティーモードではない場合は、のんびりとした雰囲気の遠隔地のビーチもあります。特にほとんどが島の北部にあり、中にはボートまたはジャングルの中の砂利道を歩いてしか行かれないビーチがあります。

ここ数年で、すべての人が考える“忘れられないビーチバケーション”に対応できる、バンガローから4スターリゾートまでのホテルが次々と建設されました。フルムーンパーティー期間中は多くの宿泊施設で3-5泊の宿泊が要求されます。

スパでリラックスマッサージを楽しんだり、水中世界を探検したり、カオターム寺院と呼ばれる丘の上のお寺で瞑想をしたりできます。パーティーモードでもただのんびりとしたい時もパンガン島はやりたい事、探しているものが見つかるでしょう。パンガン島はサムイから船でたった30分の距離です。
タオ島 Koh Tao (タオ島):
タオ島、別名亀の島はサムイ島北部から船で2時間のダイバーパラダイスで、タイ湾一のダイブサイトです。トロピカルリゾートのある美しい湾、島の周囲の輝く透明な水、そしてカラフルな水中世界はホテルの部屋のすぐ前に広がります。

ダイビングのスキルを高めるための沢山のダイビングショップがあり、ロングテールボートで神秘的なナンユアン島に一日スノーケルに行くこともできます。日没後は美味しいシーフードディナーを楽しみ、ビーチにあるバーやクラブでお酒を楽しみ、お土産を買いに行くこともできます。タオ島へは船でチュンポーンまたはスラータニーからサムイ島とパンガン島を経由して、天候と船の種類にもよりますが、約2時間ほどです。
クラビ Krabi (クラビ):
クラビはすばらしい石灰石の崖と合わせてアンダマン海の観光地への完全な玄関口になっており、アオナンやライレイのような美しいビーチとピピ島とランタ島がもっとも有名な130以上の島々があります。

トロピカルリゾートやホテルでのんびりした日々を楽しんだり、自然の美しさである滝や洞窟、その他の見所を訪れてみてください。さらにロッククライミング、セーリング、カヤック、ダイビングとスノーケルに挑戦したり、一日または二日ほどアイランドホッピングを楽しむこともでき、クラビはすばらしい、忘れられない休日のためのすべてを提供できます。
ナコンシータマラート Nakhon Si Thammarat (ナコンシータマラート):
ナコンシータマラートはタイ南部で2番目に大きく、バンコクから780キロ南にあります。城壁を巡らしたナコンシータマラートの市街はタイ国内でもっとも古い都市のひとつです。

素晴らしい歴史に付け加えて、ナコンシータマラートは手付かずの青々としたジャングル、たくさんのうっそうと生えた植物を誇り、絵のようなビーチと美しい滝もまた注目に値します。県内の国立公園では、ハイキングやラフティングができ、奇妙な形の錘乳石と石筍の洞窟を発見できます。宿泊施設は市街地にもたくさんあるビーチにもどちらにも多数あります。国立公園のキャンプ場ではテントを張ることができます。
トラン Trang (トラン):
トランは海岸に沿って、息を呑むような島々と驚異的なビーチがあり、同様に山を支える荘厳な内陸の石灰石があります。県は、ムーコぺトラ国立公園を含むアンダマン海の46を越える島々の群島で構成されています。

ここ数年で美しい島のムック島、リボン島、クラダン島とスコーン島には沢山のホテルとリゾートが建設されました。ホテルの建築に伴い、リラックスできる静かな雰囲気を求めている旅行者の数が増えています。本土では、洞窟の中にある古い仏教寺院を参拝したり、ジャングルのたくさんある透明なきれいな滝つぼで泳いだりできます。
パッタルン Phattalung (パッタルン):
パッタルンはバンコクから約850キロのタイ南部の古代都市で、市街地はソンクラーレイクの西岸にあります。山がちな土地で、影絵とノラダンスの発祥の地です。

パッタルンのパノラマビューを楽しむために、標高250mのカオオークタルー(オークタルー山)の山頂まで階段で上ると、パッタルンのパノラマビューを楽しめます。中心都市にそびえ、遠くまではっきりと見渡すことができます。パッタルンはナコンシータマラートから分離し、タイ伝統の影絵(ナンタルン)が唯一残っており、寺院で開催されるお祭りの際に行われます。
サトゥーン Satun (サトゥーン):
サトゥーンはタイ南部のアンダマン海に面したマレーシア国境の小さな県です。有名な美しい島々と、青々とした森林と山地があります。

旅行者のほとんどはタルタオ国立公園の手付かずの島々に向かいます。そこは最高の水中世界、すばらしいビーチ、静かで穏やかな洞窟、ジャングルとマングローブの生える湿地帯の風景に満たされています。スノーケルはシージプシーが住んでいるコリペ(リペ島)で楽しめ、お隣のコアダン(アダン島)はすばらしい森林、丘陵と滝があります。
サトゥーン周辺には鳩農園、森林公園と巨大な滝を含む面白い名所が多々あります。タレーバン国立公園は豊富な野生生物と訪れる価値のある沢山の滝と洞窟が有名です。
ソンクラー タイで重要な港のひとつで、海岸沿いにあるソンクラーはバンコクから950キロのところにあります。ソンクラーはきれいなビーチ、魅力的な滝と静かな湖をもち、ハートヤイ(ハジャイ)は県の中心部になり、南の交通とコミュニケーションの中心になっています。

ハートヤイとソンクラーは多数ある観光地を訪れたり、低予算のホテルがあるすばらしい海辺の町々を訪れたりするのに最適です。
パタニー Pattani (パタニー):
パタニーは南部国境県と呼ばれる5つの県の中で一番小さな県です。圧倒的な魅力に恵まれ、印象的なすばらしい習慣と伝統を含む歴史的意義に富んでいます。

清流と滝の自然の美しい風景、タイ湾沿いの170キロの長さの輝くビーチとパタニーの人々の素晴らしいおもてなしは休暇を過ごす場所として価値があります。自然、歴史的古代遺跡、タイ、中国、イスラムが融合する伝統的な文化の観光要素があります。
ヤラー Yala (ヤラー):
ヤラーはタイ国内最南端のタイ南部で唯一の内陸県です。ヤラーは歴史、文化、美しい景観などの沢山の興味深いものがある国境の県になり、ほとんどの地域が山がちで森林に覆われています。滝、寺院、温泉、高さ9メートルの巨大郵便ポストとタイ国内最大級のモスクが見所です。

毎年3月にアセアン鳩コンクールがここで開催され、アジア中の鳩の飼育クラブが集まります。
ナラティワット Narathiwat (ナラティワット):
ナラティワットはバンコクから約1149キロ南のところに位置しており、タイで最も南にある県になります。この県ではビーチや森林で過ごしたり、素晴らしい寺院を見学するツアーに参加したりできます。

スンガイコロクは経済と国境観光の中心になっており、短い休暇やショッピングに訪れるマレーシア人とシンガポール人の数が増えてきています。ナラティワット市街はたくさんの伝統的な文化と村の信憑性があります。このようにナラティワットはタイとマレーシアの間で文化と交易の一定の流れにより、素晴らしく、ユニークな地域になっています。
南部のホテルリスト