ラヨーンへの交通
By Bus
県はとても旅行しやすいルートにあり、チョンブリはプライベートカー、公共のバス、またはサムイ、プーケットからバンコクエアウェイズで簡単にたどり着くことができます。 ラヨーンの海岸沿いの町へは、車で簡単にいけますが、旅行者にもローカルな交通機関、たとえばソンテウ、バイクタクシー、トゥクトゥクや公共バスを利用するのがスタンダードです。 
ラヨーンへ(から)の行き方
車で
ルート1 : スクンビットロード(ハイウェイNo3):バンコクを出発して、バンプー地区、チョンブリタウン、バンセーン、シラチャ、パタヤ、ジョムティエン、サタヒップ地区、バンチャン地区を通過し、ラヨーン県中心につきます。合計220キロです。

ルート2 : ルート2: もっとも人気のあるルートで、バンナー-ラヨーンロード(ハイウェイNo.34)をスタートし、バンプリーとバンポー地区(サムットプラカン県)を通過し、70キロ地点でハイウェイNo3に入ります。合計220キロです。

ルート3 : ルート3:ハイウェイNo.3 をバンラムンまでいき、140キロ地点でハイウェイNo.3 をでて、ハイウェイNo.36 をラヨーンまで進みます。合計210キロです。

ルート4 : ルート4: ハイウェイNo.344にチョンブリタウン(バンブン-クレーン)に乗り、バンブン、ノンヤイ、ワンチャンを通過し、最後がラヨーン県のクレーン地区になります。合計100キロです。 (バンコクーチョンブリは80キロ)。このルートはクレーン地区とカオチャマオ-カオウォン国立公園に観光に行きたい人、またはチャンタブリ県を通過した人に適しています。

ルート5 : ルート5: バンコクのプラウェット地区のパッタナカーンロードからモーターウェイにのり、パタヤ(120キロ)まで走ります。そして、ハイウェイNo.36 にはいり、ラヨーンまで50キロ進みます。

バスで
ラヨーンはタイの北部、北東部への東玄関です。なので、ラヨーンとバンコク、またはチェンマイ、ナコンラチャシマ、ノンカイなどをつなぐ定期バスサービスが数多くあります。 バンコクからラヨーンへのバスは、一般的にBTSエカマイ駅近くのエカマイ東バスターミナルから出発します。ボートピア反対のバンペーのターミナルで、サメット島に行く人用のバスがあります。
バス時刻表

飛行機で
バンコクエアウェイズがプーケットとサムイ島からラヨーン/ウタパオへのフライトを運航しています。詳しい情報に関してはバンコクのバンコクエアウェイズ(www.bangkokair.com)  Tel : 0 2265 5555または、ラヨーンのトラベルエージェントにお尋ねください。
空路時刻表
ラヨーン内の交通
ローカルバス
ローカルバス-アサンプションスクール(赤)経由レムトンデパート。バスは毎日5:00-21:00の間に5-10分間隔で運行。

サメット島へのボート
サメット島へのボート-ナダンピア(サイカオ/アオパイ/アオタプティム)、アオウォンドゥアン(アオヌアン/アオセンティアン)、アオワイ、アオクイ
サメット島の交通
By Ferry
  サメット島への行き方
人気の島であるのd、サメット島へは簡単に池、さまざまなボート会社がフェリーとスピードボートサービスをここなっており、ラヨーン本土のバンペーピアから出発します。

サメット島のナダンピアから、ソンテウ(ピックアップトラックに屋根をつけて、荷台に椅子をつけたもの)が1キロ先の国立公園入口まで行き、そのあとハードサイカオまたはアオパイへ10-20バーツです。 さらに南のビーチの場合料金は大幅に上がっていきます。特に少人数の場合は。

フェリー
バンペーから、サメット島へのフェリーにのり、30-45分です。片道チケットだけを買うのがよく、数多くのフェリーが一日を通して運航しているので、もっとも便利なフェリーのボートチケットを買うことができます。

バンペーには実際いくつか桟橋があり、異なるボートがでます:ヌアンティップピアとスリバンペーピア。サメット島への運賃は片道50-150バーツです。 各ピアにはボートがあり、島の異なるビーチに止まりますが、バンペーにあるピアはほかのピアからも短時間の徒歩で行くことができ、ベストなフェリーを見つけるのはそう難しくありません。 フェリーは17:00まで運行しており、もしこれより遅く着く場合は、スピードボートをチャーターするか、1泊バンペーで泊まります。

バンペーピアからいくつかのスピードボート会社が運行しており、費用は少なくてもナダンピアまで600バーツで、さらに南のビーチはそれ以上です。 プライベートスピードボートはサメット島の目的地までダイレクトで連れてってくれる便利さがあります。

フェリー時刻表(バンペーから)
バンペーからサメット島へのフェリースケジュール:
• 9:00、12:00、13:30、17:00発。毎日運行でボンドゥアンビーチまで40バーツ。
• 11:30と14:00。アオワイまで80バーツ
• 10:00発。アオキオまで100バーツ
• 8:00、11:00、13:00、16:00と4:00am発。アオプラオまで80バーツ

サメット島からバンペーへのフェリースケジュール:
• ボンドゥアンビーチから8:30、12:00、15:30
• アオワイから14:00 発。
• アオキオ発8:00、12:00発
• アオプラオ発10:00、12:30、15:00と17:00
サメット島の交通
車がなくても、サメット島は歩いたり、バイクを借りたり、ソンテウが可能です。島は小さく、交通は特に問題ありません。

徒歩で
ハードサイカオ(ダイアモンドビーチ)、サメット島の北東部のもっとも開発されたビーチは砂の小道があり、ゲストハウスとレストランの行き来ができます。 ダイアモンドビーチはナダンのフェリーピアから徒歩たったの10分、ダイアモンドビーチのほとんどのビーチからアオパイとアオチョーは海岸線に沿って、またはビーチにつながる砂の小道を通っていけます。

ソンテウで
サメット島にはたった一つのメインロードしかなく、北から南に走っており、島のビーチへつながる小さな道が枝のように走っています。道のいくつかの部分はコンクリートで、ある部分は未舗装です。 ソンテウは各目的地で乗客を乗せ、道路でも拾います。ビーチ間のソンテウ移動は一人1回30-40バーツで、距離と交渉しだいです。 もし誰も同じ目的地に行く人がいない場合は、プライベートとなり200バーツほどになります。またソンテウをチャーターして終日使うこともできます。

レンタルバイク
バイクのレンタルは1日300-500バーツで可能です。一般的にデポジットとしてパスポートを預けなければいけません、バイクを注意深くチェックし、注意して運転してください。 損害当に多くの費用を費やさないよう気をつけてください。バイクを返却する際にパスポートが返されます。4WDのバギーは1日1600バーツほどで借りることができます。

 

larger text smaller

タイの時刻 06:10 (GMT+7)