サメット島紹介
紹介
サメット島はバンコクから南東に約200キロ、ラヨーン県の沖合い5キロほどのところにある小さい島です。島はカオレムヤーコサメット国立公園の一部になりますが、サメット島のすべてのビーチは、 毎週末島に群がるバンコク在住者の大きな流れに応えるために開発されています。14の良質の白砂のビーチは数多くのビーチサイドバーとレストランがあり、タイ人、 外国人問わず島の素晴らしい天気と素晴らしい自然の美しさ、サル、サイチョウ、ギボンと蝶などを含むエキゾチックな野生生物種の生息地を楽しみたい人々が繰り返し訪れています。 サメット島紹介

サメット島はバンコクからの近さにもかかわらず、白いパウダーサンドの美しい島で通年を通して素晴らしい天気でさまざまな宿泊施設があり、静かでリラックスした週末も、にぎやかで楽しい週末も過ごすことができます。

サメット島の名前は島に生息しているカヤプト木から名づけられ、タイ語で“サメット”と呼ばれます。しかし過去に、Koh Kaew Phitsadan “マジッククリスタルアイランド”と呼ばれていました。 サメット島が国立公園の一部として選ばれたことは、その名前からも不思議ではありません。

サメット島の訪問者で手付かずの美しさを求めている方は東海岸に沿ったより開発されたビーチかは離れなければいけませんが、ほとんどの人気のビーチは今も十分きれいです。 さらにリラクゼーションを求めている方は西海岸にある高級リゾートを予約することができます。サンセットを見る素晴らしい場所です。

サメット島のビーチ&湾

 

larger text smaller

タイの時刻 15:38 (GMT+7)