プーケットの寺院
プーケットには素晴らしい中華寺、仏教寺院、モスクがあります。下記はもっとも訪れる人の多い寺院です。 シャロン寺院 位置 : アンプーシャロン
プーケットでもっとも人気があり、大きく、有名なお寺がワットチャイタララム別名、ワットシャロンです。1,837年に建立されました。市街地から約8キロのところにあります。 ラマ5世統治時代(1876年)に起こった中国人労働者の暴動を制圧した有名な“ルアンポーチャム”が本堂に祭られています。最近寺院に加わったのは61.4メートルの仏塔で、スリランカから運ばれてきた仏陀の骨の一部が安置されています。 仏塔は南部、中央と北部建築が混ざったスタイルをとっており、聖なる仏陀の遺品が納められたプーケットで最初の寺院です。
プラナンサン寺院(Wat Phra Nang Sang)
位置 : タラン地区
タラーン市街のThep Krasatri Rdの交差点のところにあります。プーケット最古の寺院になり、約250年前に建立されました。 プラナンサン寺院(ワットプラナンサン)のこの歴史的な寺院は1785年のタラーンの戦いが行われたところです。中には3体の大変古いスズでできた仏像があります。世界でもっとも大きく。 スズが準貴金属としてみなされていた時代からのものです。大きな三体の仏像のお腹には小さな仏像があり、ゆえに方言で“お腹にいる僧侶”、正式な言い方で“三人の王様”と言われています。
プラトーン寺院 位置 : タラン地区
大昔に地面から飛び出した黄金の仏像が祀られている寺院です。この言い伝えは、少年が自分の水牛に草を食べさせるために、柱だと思ったものに結びつけたことにはじまります。 そうした後、彼は苦しみ死んでしまいました。少年の父親は夢で彼の息子が神聖なものに汚れた水牛を結んだことが原因だったと知りました。少年が柱だと思ったものは実際は仏像の黄金色の帽子の天辺だったのです。 彼は夢を近所の人に話、仏像を掘り起こしに行きましたが、成功しませんでした。

その後、1785年のビルマに対するThao Thep Kasatrisの英雄的防御の時に、村人が失敗したことを侵略者は成功させようとしました。彼らの意図は仏像をビルマに返すことでした。 神聖な仏像と奴隷は軍隊の戦利品の後に最も求められていました。しかしながらミャンマーは何度かの試みにも関わらず黄金の仏像を取得することが出来ませんでした。 最終的に彼らは怒ったスズメバチの群れに追い出されました。この後、村人たちは仏像の頭と肩を地面から尊大な一部を覆うことによって、奇跡的な像を保護することを決めました。 タラーンタウンのはずれの北の信号のところにあります。入口に大きなサインが出ています。
スワンキリウォン寺院
場所:パトンの
スワンキリウォン寺院 Suwan Khiri Wong Temple
コ シレイ寺院
場所: シレイ島の丘
コ シレイ寺院<e Wat Ko Si-Le
テープクラチョンチット寺院
場所 プーケットタウンのRang Hill. 87/7 Soi Wachira, Yawarat Road
テープクラチョンチット寺院 Wat Thep Krachonchit
アヌパットキリットダラム寺院
場所:プーケットタウンとパトンの間のTung Toong
アヌパットキリットダラム寺院 Wat Anuphatkritdaram
ラッドティワナラム寺院
場所:プーケットタウン南 53, Chalong, Muang, Phuket
ラッドティワナラム寺院 Ladthiwanaram Temple
チェンテール寺院
場所: 306, Srisoonthorn Road, Choen Thale, Phuket
チェンテール寺院 Choen Thale Temple

 

larger text smaller

タイの時刻 05:34 (GMT+7)