スリン国立公園
スリン国立公園
ムーコ スリン 国立公園
長年、ムーコ スリンは手付かずの諸島グループで、嵐の間の漁船の避難所として機能し、シージプシーの小さなコミュニティがあります。この状況では島は殆んど関心が持たれず、長い間政府森林局によって国有林の保護区として記録されていました。 しかし1971年12月30日に野生動物保存、保護の国家委員会は、島を野生動物保護区にすべきであると提案しました。これは、Weeks Petroleum Ltdという石油会社にリースされた散策領域内に島があることが分かった時に阻止されました。 別の案では、その後ベトナム難民キャンプとして、島を開発する提案がされました。このアイディアは、このような壊れやすい環境の中に大人数を入植させ、サポートするのは、すぐに島の手付かずの陸地と海洋生物にダメージを与える結果になることが分かったため、 拒否されました。政府森林局は、島の独特な自然と、観光客、研究の可能性を高く評価しました。したがって、森林局は島の開発に反対し、変わりにこのエリアを保護するために国立公園を設立することを提案しました。 ムー コスリンは最終的に1981年7月9日に国立公園として公示されました。

ム コスリン 国立公園はタイ南部の半島にあるパンガー県の海岸から約60キロ沖合いのアンダマン海に位置しています。公園は約135平方キロメートルをカバーしています。その中の102平方キロメートル、76%は海になります。 公園は主要な5島から成り、コスリンヌア、コスリンタイ、コリー(コ サトック)、コグラン(コ パチュンバ)とコ カイ(コ トリンラ) になります。コ スリンヌアとコ スリンタイが大きな島になり、南北軸に位置しています。 公園の数キロ北はミャンマー国境になり、約100キロ南はム コスリン国立公園になります。


地形:
スリン諸島は5つの主要な島からなり、北スリン島と南スリン島のふたつの大きな島を含み、双子の島のような非常に接近したところにあります。200メートルの浅い海で分けられています。干潮時は片方の島へ歩いていくことが出来るため、水路を切り取った湾とも呼ばれます。 残りの3島は岩島で小型の木々があります。ここで発見された植物は、雨林の植物です。タイで大きく、最高に肥沃な浅いさんご礁はひとつの資源です。
気候:
2つの季節に分けられ、2月中旬から5月までの酷暑と、5月中旬から10月までの雨期があり、雨期の間はもっとも降水量が多くなります。年間降水量は3000mm異常あり、平均湿度は83%です。 観光客の安全のため、雨期の間の5/16-11/14までは毎年公園は閉鎖されます。
動植物:
下記のように植物を分けることができます。
- 雨林 国立公園の殆んどのエリアを雨林がカバーしており、スロープも山の尾根も両方とも含まれます。重要な植物は、黒柿などです
- 海岸林 海岸林はビーチエリアにあり、カザリバナ、オオミフクラギなどのような様々な種類の植物が見つかります。
- マングローブ林 マングローブ林は沼のエリアのメーヤイベイの汽水にあります。肥沃な森林ではありませんが、ヤエヤマヒルギ、ホウガンヒルギなどのようないくつかの種類の植物が見つかります。低木林や木立の植物は、Cycas pectinata Griff.、 Dillenia obovata (Bl.) Hoogl、マライヤマゴンニャクなどで構成されています。
野生動物:
 鳥類, 調査により地元の鳥約57種類を含む合計91種類がみつかり、その他は、小サギ、シギ、コアジサシなどのような渡り鳥です。
哺乳類動物
合計22種類が見つかっており、大コウモリ、12種類のコウモリ、Black-Bearded Tomb Bat、ブタオザル、野生イノシシなどが含まれます。
爬虫類
インディアン/ベンガルオオトカゲ、ミズオオトカゲ、トカゲ、網目ニシキヘビなどのような6種類が見つかっています。
珊瑚
, ニードル珊瑚などです。
魚類
, スズメダイ、ベラ、チョウチョウウオ、イソギンポ、ハナダイギンポなどです。

海がめ, 海がめ、海がめは動物の先祖で、地球で恐竜が轟いていた時に遡ります。しかし、現在恐竜は絶滅していますが、海がめはまだ生息しています。 ですが、将来もまだ生息しているかは定かではありません。多くの種が絶滅の危険があり、いくつかは絶滅の危機に瀕しています。観光客の増加の圧力により開発が刺激され、 巣を作れるビーチが失われていることが主な脅威です。世界中で海がめの数が減少しており、将来的にその存在を確保するために、積極的な行動が取られなくてはいけません。 主な活動は巣を作るビーチを保護し、置かれた卵を脅威から守る事です。海がめは現在もスリン諸島に巣があり、2種類の海がめが海岸に卵を海にきます。タイマイとアオウミガメです。 1990年代初頭には稀少なヒメウミガメの巣もありました。ム コスリンはタイで海がめと一緒に泳ぎたい方に最適な場所です。殆んどの観光客が海がめに接近するチャンスを何度か得ており、その殆んどがタイマイです。
見どころ:
ム コスリンの主な見どころは、実際本土から遠く離れた手付かずの熱帯の楽園であり、豊富な珊瑚の種類にサポートされたきれいな海に囲まれた健康的な森林に覆われた島です。 珊瑚礁は最高で、殆んどの種類の珊瑚礁はスノーケルでアクセスすることが出来ます。コ スリンの珊瑚礁では、珊瑚を見るのにスキューバダイビングの機材は必要ありません。 タイのすばらしいスノーケルスポットとして、ム コスリンは毎年沢山の観光客を魅了しており、沢山のクルーズ船が到着し、ビジターの数が過剰になることもあります。 また諸島では偉大な研究の歓心をひきつけ、多くの科学者が毎年、珊瑚礁から野鳥観測まで様々な理由で島にやってきます。
文化と伝統:
 - シージプシー ー シージプシー又はモーケンはメルギー諸島に住む移動性の海の人々です。彼らの先祖はインドネシアからやってきました。モーケンの名前は彼ら独自の言語からきており、世界的にすべてのシージプシーのグループを言います。 モーケンは非常に原始的な生活を送り、自然と環境に大きな敬意を払っています。食べ物、洋服、ボート建築のための材料は彼らの環境に依存しています。彼らはスピアーフィッシングと貝拾いで生計を立てています。 移動性なので、彼らは生活の多くの時間を移動で過ごしますが、モンスーンシーズンの5月-11月は避けます。この間、数家族で一時的に作った村の保護された場所に船を避難させます。 これらの村は、再び移動を開始する12月から4月に解散します。モーケンは文字を持っていませんが、タイ語、ヤワイマレー語を含むほかの言葉が得意です。 毎年4月にスリンで重要なセレモニーが行われ、参加するためにシージプシーがはるか遠くからやってきます。彼らはミャンマー、タイ、マレーシア半島の島々からやってきます。 お祭は、Loi Reuaと呼ばれ、先祖崇拝し、精霊にシージプシーを気遣い、保護してもらうことをお願いします。
アクティビティ - 文化観光
自然の美しさ:
- アオタオ(タオベイ) 南スリン島の東側に位置しているタオベイの海岸線近くには沢山の海がめが生息しているところです。この美しい珊瑚礁は、公園本部から約2キロです。
アクティビティ - スノーケル

- アオパクチャク (パクチャクベイ)
パクチャクベイは南スリン島の南部にあり、完璧なカラフルなコーラルラインがあります。公園本部から約5キロです。
アクティビティ - スノーケル

- コ パチュンバ (パチュンバ島)
パチュンバ島又はマンコン島は島の東側にマンコンビーチがあります。ここには珊瑚やウミウチワはありません。公園本部から約5キロです。

アオマインガム (マインガムベイ)
マインガムベイは北スリン島の西側に位置し、公園本部から約2キロです。マインガム自然学習遊歩道を歩いて、又はロングテールボートでたどり着くことが出来ます。淡水があり、ビーチは遊泳と珊瑚観察に向いています。
アクティビティ - スノーケル- ビーチのアクティビティ- キャンプ、バードウォッチング-自然遊歩道-カヌー-カヤック

- コ トリンラ (トリンラ島)
トリンラ島又はカイ島は南スリン島の南側に位置しています。島の東側は長く、スノーケルに非常に適した非常に美しく完璧な珊瑚が並んでいます。この島は公園本部から約6キロです。アオチャク(チャクベイ)
アクティビティ - スノーケル-ダイビング

- アオチャク(チャクベイ)
チャクベイは北スリン島の北部にあり、完璧で素晴らしい珊瑚が並んでいます。公園本部から約10キロです。
アクティビティ - スノーケル-ダイビング

- アオステープ(ステープベイ)
南スリン島に位置しており、ナイトダイビングをしたい方に適しています。干潮時は珊瑚が空気にさらされる危険があります。公園本部からは遠くありません。
アクティビティ - スノーケル-ダイビング

施設:  
宿泊施設: バンガローは北スリン島のチョンカットベイにあります。
キャンプ場/テント: キャンプ場は北スリン島のマインガムベイにあります。
フードサービス : レストラン、応急処置室と土産屋は北スリン島のチョンカットベイにあります。ドック、船係り、埠頭、ツアーサービスボートあり。
  本土クラブリ港からム コスリン国立公園への片道の運賃は約1000バーツです。
  島の珊瑚の観光をロングテールでした場合は、1日1人約120バーツです。
ビジターセンター: 北スリン島のチョンカットベイにビジターセンターがあります。
その他: アオマインガムに陸地の自然学習の遊歩道があります。
  アオステープとアオタオに約200メートルの長さのスノーケリング用の経路があります。
閉鎖期間:
5月中旬から10月の北西の風が吹く雨季の期間中は降水量がもっとも多くなります。公園は5/16-11/14の雨季の間、観光客の安全の為、毎年閉鎖されます。
行き方:
- 車にて
- バンコクからアンプークラブリまで約720キロを国道4号(ペットカセム道路)沿いに進み、721番のマイルストーンのクラブリ港へ曲がります。アンプークラブリの手前約6キロです。 この交差点から約2キロのところにム コスリン国立公園の入口の看板が右手側に見え、国立公園オフィスエリアにあるツーリストサービスセンターへ曲がります。

- バス
- 新南バスターミナルを午後7時に出発し、クラブリにおおよそ午前5時に到着します。バスの運賃は一人480バーツです。アンプークラブリのバスターミナルから約10キロ、クラブリ港地区のム コスリン国立公園オフィスまでバイク又は車で行くことができます。 バイクの費用は一人約50バーツ、車は一人200バーツです。

- 飛行機
- ラノーン空港又はプーケット空港まで飛び、パンガー県のアンプークラブリまで車で行きます。

- ボート
クラブリ-ムコスリン港では、国立公園が運営していて毎日観光客に提供しているプライベートツアーボートに乗ることができます。往復の船代は一人1200-1500バーツです。このツアーボートはクラブリ港を午前9時に毎日出港し、 北スリン島の国立公園本部に13時に到着します。港からこの島までは約60キロあり、3時間の船旅です。ム コスリンからクラブリ港までの復路のボートは、毎日午前10時に出発します。しかし、このサービスは、雨季に入るため、5/16から運休となります。
問合せ&情報元:
Mu Ko Surin National Park
Ko Phra Thong Sub-district, Amphur Khuraburi Phangnga Thailand 82150
Tel. 0 7649 1378, 0 7649 1582 Fax. 0 7649 1583 E-mail surin_np@yahoo.co.th
larger text smaller

タイの時刻 01:20 (GMT+7)