シリナット国立公園
シリナット国立公園 1980年、プーケット知事のMr. Sanae Wattanathornは、保全の価値のある場所を識別する調査を行いました。彼は可能性のある場所すべての観光客と地元の人々のニーズを考慮しました。 訪問した場所のひとつは、プーケットの北西海岸のサクービレッジで、集落の牧草地、隣接するビーチと湾が集まっています。この場所は保護するのにふさわしい場所だと判断され、森林局に国立公園を制定できる場所として推薦されました。 政府森林局によるこの場所の可能性を見極める調査が行われました。このエリアの森林は特に多種多様ではなく、いくつかのエリアは果樹園に変更されていましたが、彼らは湾にある二つの大きな元気なさんご礁を発見しました。 彼らはまた、この場所の水のきれいさこの地域の自然全体と歴史的重要性として海がめがビーチに産卵に来ることを指摘しました。森林局は政府にここを国立公園として含むようにレポートを作成し、提出しました。 有名なハッドナイヤンは公式に1,981年7月13日に勅令によって開かれました。タイ国内で31番目の国立公園になり、海岸線をカバーし、海までの5キロが拡張されました。

1992年森林局はクイーンシリキット王妃の60回目の誕生を記念して、公園の名前が変更されました。シリナット海洋国立公園へ変更されました。総合面積90平方キロメートルあり、海洋が68平方キロメートル(76%)、22平方キロメートル(24%)が陸地です。
地形
シリナット国立公園 たくさんの白砂のビーチと、モクマオウやブナの木々がたくさんあります。さらにさんご礁がハットナイヤンの国立公園事務所周辺にあります。
気象
シリナット国立公園は、アンダマン海沿岸に位置するため、年中雨が降ります。雨季は5月から9月で、北東のモンスーンになり、11月から4月は冷たい風が吹きます。気温はあまり下がりませんが、タイ湾からの雨は地域を涼しくします。
動植物
森林: 下記の主な2つのグループに分けられます。
- ビーチフォレスト
この森林タイプはタイの海岸線周辺のビーチフロントの特徴であり、モクマオウによって支配されています。その他の森林タイプと比較した場合に、ビーチゾーンで起こる深刻な水のストレスによって、海岸林の密度と多様性が低くなっています。 この森林タイプは約2平方キロメートルあり、適度に豊かな鳥類が生息しています。記録された鳥類には、シキチョウ、カバイロハッカ、カノコバト、ルリコノハバト、コウライウグイス、カザリオウチョウとヒヨドリ数種類です。 木から鳴き声が聞こえる海のセミも沢山生息しており、この昆虫はこの森林タイプにのみ生息しています。 Fairy Bluebird

海岸林は背が低い木が多く通気性がよく、よい木陰を作り出します。ゆえに、ピクニックにすばらしい場所になり、週末や祝日などは多くの人で賑わいます。また防風林の役目も果たしており、 熱帯低気圧の影響を減少させ、毎年内陸の果物の品質を守っています。

海岸林の原生林は一般的に硬質木材(トクサバモクマオウ)があり、その他の種類は、サキシマハマボウ(Thespesia populnea)、モモタマナ(Terminalia catappa)、ゴバンノアシ(Barringtonia asiatica)、 カユプテ(Melaleuca leucadendra)、テリハボク(Calophyllum inophyllum)、アダン(Pandanus odoratissima)、ムユウジュ(Saraca indica)、ムラサキフトモモ(Eugenia cumini)、ビワモドキとヒルガオ(Ipomoea sp.)があります。 mangrove この森林タイプ常用樹林タイプになります。淡水と海水が混合するエリアに限定され、純粋な淡水や海水だけでは生息できません。このタイプは小川の河口や海に注がれる河口の保護された入り江などになります。 シリナット国立公園のマングローブ域は合計約1平方キロメートルを覆っています。この領域は小規模ですが、ほとんど自然で、手付かずのマングローブ林になります。 マングローブ林はさまざまな種類のマングローブに生息する生物を保護しています。記録されている鳥類は、ナンヨウショウビン、ベニアジサシ、ミユビシギ、ソリハシシギ、オオソリハシシギ、シロハラクイナ、ミナミクイナ、シロハラウミワシ、 シロガシラトビとハシブトガラスがおり、さらにモニターリザート(オオトカゲ)やマングローブ蛇を含む蛇類、亀、えび、貝類、カニ、トビハゼ、ダツ、ボラ、ハタを含む魚類が生息しています。マングローブりんの保護は重要で、 マングローブの根が張ることは干拓の侵食防止に重要です。また、二酸化炭素に含まれる温暖ガスのグローバルシンクとしての役割も果たしています。登録されている木々は、赤マングローブ(Rhizophora mucronata)、 白マングローブ(Avicennia officinalis)、オリーブマングローブ(Avicennia marina)、黒マングローブ(Bruguiera gymnorrhiza)、フタバナヒルギ、コヒルギ種、Xylocarpus moluccensis、 ヒルギモドキ、サキシマスオウノキ、Finlaysonia maritimaとシイノキカズラです。
海洋環境
シリナットの海洋環境は、非常に多種多様であり、湾に生息しているさんご礁は、プーケットでもっとも原始的なものです。リーフは公園レストラン付近の海岸から約700-1000メートル沖合いにあります。 さんご礁は水深4-7mのところで見つかります。海洋生物には、プレートコーラル、ソフトコーラル、海うちわ、コーラルツリーとイソギンチャク等が含まれます。
行き方
 パンガー県から、サラシン橋(Thep Ka Sat Tri bridge)を渡り、左折して、3キロ進むと、シリナット国立公園の北部に位置するターチャットチャイ国立公園事務所があります。 サラシン橋を徒歩で渡り、402号線を空港方面に進み、左折して、3キロ歩いたところに、シリナット国立公園があります。バンコクからプーケットまでは876キロです。地元向け道路案内は、402号線に従い、約32キロ進み、空港方面へ左折して、 2キロ進むと、国立公園に到着します。たとえばマイカオビレッジ、ハットナイヤン、ハットナイトンとコ タからはシリナット国立公園に行くことができます。
施設
宿泊施設: バンガローがあります。
キャンプ場/テント: ビジター用のキャンプ場があります。
フードサービス: 国立公園には駐車場があります。
  レストランは8:30-22:00まで営業しています。
  公園内に売店があります。
ビジターセンター: ビジターセンターは毎日8:30-16:30までです。
その他: 自然学習ルートがTha Chate Chaiにあります。
  マングローブ林の自然学習がTha Chate Chaiで行えます。
参照元&問合せ:
Sirinat National Park
89/1, Mu 1 Ban Nai Yang, Sakhu Sub-district, Amphur Thalang Phuket Thailand 83140
Tel. 0 7632 8226, 0 7632 7152 Fax 0 7632 7152 E-mail reserve@dnp.go.th
larger text smaller

タイの時刻 15:42 (GMT+7)