タイの澄んだ海の周辺で提供されているアクティビティを最大限活用する為には安全に実践する必要があります。 主催者やツアーオペレーターの殆んどが厳しい安全衛生基準をつけていますが、自分の安全への責任は各自持つようにしなければいけません。 スポーツの中にはトレーニングや説明が必要とされるものがあり、外国人旅行者全員に健康保険の加入を強くお薦めします。

タイは熱帯の国であり、特にビーチや水上にいる際は脱水によってもたらされるリスクに注意を払わなければいけません。正しく実践した場合は、タイの澄んだ海でのおススメのアクティビティーはどれも安全です。お楽しみください!

リスクを最小限にする為に、水中にいる間はカサゴやオコゼの毒を持つ生物に注意してください。クラゲにさされた場合はアルコール又はアンモニアで消毒し、抗ヒスタミンクリームを塗ります。 岩場や珊瑚の死骸の周りで遊んでいるときは小さな切り傷や擦り傷が出来やすいです。念入りに洗い、化膿を防ぐために消毒剤を塗ります。

シーカヌーは扱いやすく、安全装備が備わっていますが、出発前に説明を受けるのが最善です。ガイドなしで長い距離を行くのはやめてください。参加者は泳げなければならず、何時もライフジャケットを着ておく必要があります。 もちろんウインドサーフィンには風が必要ですが、もし天候が荒れて嵐の可能性がある場合は海に繰り出すのは良くありません。何時もライフジャケットを着てください。特にどのようボードと帆を扱うか習っている時はボートと遊泳者に気をつけてください。 セイリングはテクニックの問題で、裸用船ヨットをチャーターした際に、もし自分のスキルを船乗りとして過大評価した場合は問題が生じるかもいれません。準備をしっかりとし、天候と干満について信頼できる情報を得てください。特に嵐が起こりやすい6月-10月は重要です。 ウェイクボードでの深刻な怪我は稀ですが、筋を違えたり、捻挫、打撲は一般的です-高速で牽引され、頻繁に水と接触するので当たり前の結果です。準備体操と実践後のクールダウン体操と最小限のストレッチは、体力を使う運動の後の筋肉の痛みを減少できます。 常識的に遊んだ場合はジェットスキーは安全なスポーツです。特に遊泳者とスノーケラー等を含む海上交通に気をつけてください。通常、岩は印がありますが、特に干潮時は気をつけてください。何時でもライフジャケットを着用してください。 遊泳やスノーケルの際は一般的な感覚が優先されるべきです。疑わしい場合は干満と天候について人に尋ねてください。スイマーとしての能力を超える野望はいけません。スノーケルの際は非常に簡単に背中が焼けます。 タイの海岸や島々の周辺でのトレッキングは、既存のルートに従うのが賢明で、地元の人や公園管理者が助けることが出来ます。必要と思っている以上の水を持参し、日焼けから体を守ってください。

larger text smaller

タイの時刻 06:05 (GMT+7)