health

プーケットには世界標準の病院と医師が沢山います。医師は良い教育を受けており、ほとんどの医師が英語を話し、ドイツ語など他の言語も話せる人がいます。 ドラッグストアーや薬局では処方箋なしにあらゆる種類の来るウィを買うことができ、ほとんどの場合母国で買うよりも安く購入できます。ピルは粒売りで、パックでの販売ではありません。もし特別な薬が必要な場合は、一緒に薬局に持っていくことをお奨めします。

一般的なヘルスアドバイス:
その他のアドバイス:
下痢(食べ物に因果する)一般的に水道水を除いて、タイでの飲食は安全ですが、次のことに気をつけてください。:
- 虫刺され
プーケットは数十年にわたりマラリアは発生していません。しかし蚊に刺されることに対して一般的な予報策を講じなければいけません。日没後は窓の閉まった室内または蚊帳の中ですごし、長袖長ズボンを着用し、虫除けを使います。 到着後2週間以内に発熱した場合は速やかに医師の診察と治療を受けてください。
- クラゲ
もしクラゲにさされた場合は、直ちに医師の治療を受けてください。
- サルや犬にかまれた場合。
破傷風や狂犬病の注射を打ってもらう必要があります。
- 性病とHIV/AIDS
尿道炎は、アジアへの観光客の間で最も一般的な治療可能な性感染症(STD)です。東南アジアからの淋病は多剤耐性です。HIV/AIDS感染は無防備な性的接触から生じ、ほとんどのアジアの国々に気になる速さで広がっています。 不特定多数との性交はどこででも危険が伴います。旅行者にとって、現地の性産業で働く人々は、明示的あるいは隠されたタイプの、性感染症とHIV / AIDSの潜在的な源である。すべての気軽な性行為をさけるか、コンドームを使って厳密に予防してください。
- デング熱とデング出血熱
これらの疾患は東南アジアで流行しています。家やその近所にいるデングウイルスを持っているヒトスジシマ蚊が媒体です。ヒトスジシマ蚊は日中に刺します。 地元の人々や子供たちは、デング熱感染の結果、致命的な皮膚や他の臓器に出血を伴う(デング出血熱)発熱があることがあります。しかし、非流行地域からの旅行者は、 通常、皮膚の発疹を伴う発熱、激しい頭痛、筋肉痛や痛み(デング熱)として現れ、致命傷には至りません。デング感染症は、一般的に雨季(タイの5-9月)のヒトスジシマ蚊の多い時に発病します。 特に雨季に現地の家やその周辺を訪れる際は、昼間の間でも虫除けを使うべきです。デング熱感染が疑われる症状を持つ病気である場合は病気の原因を確立するために診察を受ける必要があります。
病院
  • バンコクプーケット病院
  • ミッション病院
  • パットソムポット病院
  • パトン-カトゥ病院
  • プーケットアドヴェンティストホテル
  • プーケットインターナショナル病院
  • プーケット ルアンパット病院
  • パヤタイプーケット病院
  • シリラート病院
  • ヴァチラプーケット病院
  • 0 7625 4421-30
  • 0 7623 7220-9
  • 0 7621 4428
  • 0 7634 0444
  • 0 7621 2386
  • 0 7624 9400
  • 0 7621 2950
  • 0 7625 2603-42
  • 0 7621 0935
  • 0 7621 7581
larger text smaller

タイの時刻 08:32 (GMT+7)