Wildlife in Khao Phra Theaw
カオプラテーウ(KPT) 野生生物保護、啓発、拡張センター
カオプラテーウ(KPT)エリアは、比較的小さく( 2,333ヘクタール)、村、道路、プランテーションで完全に囲まれています。ゆえに、半島の動物すべての種類は正確に把握されておらず、簡単に発見されないこの森に残っています。 彼らの自然行動は、うっそうと茂った植物に隠れ、遊歩道を散策している人をも怖がり、散策している人は動物が逃げていく音が良く聞こえるでしょう。しかし、彼らを垣間見れる小さなチャンスがあるかもしれません。 これは、野生動物に関心のある方に はストレスかもしれませんが、今まで激しく狩られてきた動物が生き残りをかけて発している警告です。将来的に人間が近づいても恐れる必要が無いことを望んでいます。 しかしいずれにせよ、草むらの中では贅沢な葉のカーテンや植物の壁によって動物たちはさえぎられています。

  • Khao Phra Theaw
    KPTにある絶滅危惧種のヤシ
  • Khao Phra Theaw
    KPT`は村、ドウロとプランテーションで完全に囲まれています。
• カオプラテーウ:プーケットの中にある小島
プーケットは同時に島であり、タイ南部の県であり、郡、市街がある行政中心地です。その名前はさらに有名になりつつあり、王国を紹介する過程で使われます。経済と観光の点から、プーケットは年々 輝かしい例を向上させる運命にあります。地域や国のためのショーケースとしての役割は必要不可欠なものと熱帯世界の最も脅かされている景色の保存です。

田舎の開発に従って、緑豊かになったところと、露天採掘によって、完全に荒廃してしまったところがあり、太古の風景を蘇らせるためには、まだ十分ではなく、巨大な森林保護が必要です。 先祖の遺産の痕跡の残りです。理論的、経済的、観光的に島は拡張され、KPTの保護は、野生生物の行動として、有益な流域として、価値ある余暇の場所としてのみだけでなく、科学的研究センターとして、 人間開発と自然保護に参加する生態学的な知恵の証として重要性が増しています。このようにKPTのあるタラーン郡北東のいまだ原生植物に覆われた山々は、1980年7月8日に勅令によって公式に保護推進されました。 しかし1977年4月から地方行政は、すべての木々が茂った範囲を包み込む保護領域の区分をしていました。

森林管理の確かなアドバイザーは葉の広がりが優雅であるプーケットの特色ある椰子を考慮し、植物名“kerriodoxa elegans”と名づけられています。しかしながら、プーケットは、実際には、背の高い木々 や密集していたり、日陰の植物が多く、大面積ではるかに多くの樹木が茂っているタイ南部の森林状態を表すものではありません。唯一の密林は、極端な熱帯の気候に耐えられる事が知られています。長年の観測は、 密林部分、特に丘陵地の確実な割合を示しており、乾季の間の水の良好な分布と同様に雨期の排水を促します。低い土壌に浸食の影響を防ぐことができ、農業や集落にもっとも適した場所です。

さらに、もし彼らが選び抜かれた土地を所有した場合、これらの活動と設備の継続的な繁栄を継続的なものにします。これらの気象条件の下、丘陵地域の集落は、山々にある原生植物、険しい山道、自然の流域に良い機会を与え、 同時に開発には不向きであり、風景の中で最も脆弱な部分を構成している短期ゾーンになります。島全体、不十分な森がカバーしている部分は、少なくとも下部の傾斜と山道は植樹で補われたようにみえます。 この不足はKTPの保護を作り出すことのみに適しているわけではなく、必要不可欠であり、現在のさらに増えている開発を見直し、全体のバランスを同時に考える必要があります。

• 状況説明
保全に感謝し、生物的バランスを可能にし、KPTにはタイ南部で見つかったマレーシアの赤道植物の素晴らしい例があります。しかしながら、この植物の種類は、外側の限界に近づいており、もし人間に邪魔されなければ、 唯一生き延びることが出来、飛躍的に半島に進出できたこの植物は、豪快な熱帯大陸の植物に置き換えることが出来ます。褐色の土壌、花崗岩の分解からの放出、豊富な十分な雨量により、緑豊かな雨林は発展しました。 ここでは植物は年中青々としています。実際木々の葉が変わるとしても、これはほんの数日の出来事で、種類により非常に時期が異なり、多数で様々です。このタイプの森は永遠の植物活性があります。

落葉は同じ枝で春と秋に見ることが出来ます。季節のサイクルに従う種類は、同じリズムに従うわけではなく、それぞれ独自の時間があります。種によって示される湿気をもつ傾向のものは、長い乾季の熱帯気候では見つからず、 また草むらの特定の植物の豊富さにより、通常、低い保護されたサイトに遭遇した場合のみですが、範囲に沿ってどこでも、ここでは実際生き生きしており、特にKPTのヤシの豊富さと数と種類は最も注目すべき特長のひとつです。 さらに、Kerriodoxa elegansというヤシが唯一ある隠れ家です。優勢木の間に主な発展の素晴らしい次元がみつかるでしょう。

  • Malayan Flying Lemur
    マレーシアムササビ
  • Crab (Phricotelphusa limula)
    カニ
    (Phricotelphusa limula)
  • Red-Billed Malkoha
    アカハシバンケンモドキ

種の多くのほとんどに特性があり、半島南部(ここでは赤道)の植物に属し、この森林の形成は、特定地域のうち、一般的にタイの代表になります。さらに、植物成分から離れて、様々なレベル(層)の構成があり、 各内容物は、異なる生物学的な結束があります。ゆえに、各レベルは対応するカテゴリーがあり、明らかに、しかし少量の、未熟な子孫が含まれています。

• 地形、土壌と気候
保護区は天辺を少しだけ出す形で南北の方向に広がっています。唯一の例外として、KPTの頂上だけは南にあり、流域回線を超えて、400-450mのところで他から分離しています。 しかし、この比較的低い範囲は、海抜0地帯近くの低地から一切丘陵地形がなく、突然の傾斜に挟まれています。内部は、複雑な排水システムが深く埋め込まれており、流れや川は急流として現れます: 狭い渓流に下降していく4つのシリーズの滝として湧き出しています。川底の花崗岩の岩は地上レベルで見ることが出来、または他の石に積み上げたり、平らな敷石で水を妨害したり、強制的に急流の流れにしたり、 特に乾季は土壌に浸透し、再び滝に現れます。斜面の中には小さな岩が点在しており、しかし範囲の大部分は表面付近の茶色の腐植になって、すべての丘を覆う深分解された黄土土壌で構成されています。

傾斜のふもとは、砕けやすく、柔らかく、特に北側の部分の土壌の表面は頂上に密集しています。しかし、良好な降水量の分布は、深刻な乾季の気候でしばしば起きるクラスト形成の影響を避ける事が出来ます。 しかしながら、この利点は、密接に森林保護の永続化とリンクしています。ここの経度( 約8℃)は、気温は著しく一定しており、乾季はタイ北部と中部よりもそれほど深刻ではありません。ですので、気候は赤道付近と似ています: 短い乾季と熱帯の雨期です。年間平均気温は28℃、平均最高気温は31.4℃、最も暑い月で33.2℃です。平均最低気温は23.8℃、最も涼しい月は22.8℃です。

定数と最高、最低は実際は低緯度のものですが、降水量は地域において移行性のものです。1年のうち、4月から11月までの8ヶ月は、湿気のある月になり、1月、2月の2ヶ月は乾季になります。 残りの2ヶ月は変りやすいのですが、一般的に12月は半湿潤、3月は半乾季と考えられています。(北湿潤月:降水量は月の降水量を越える雨が降ったり、気温は平均気温と同じになります。 半湿潤:降水量は平均気温の3-4倍になります。半乾季: 降水量は平均気温の2倍になります。)ゆえに、カオプラテーウは)本当に湿気が多く(暑さは弱く)、大衆植物の名所として、周辺の田園地域が恩恵を受けない対流雨が降ります。 Bang Pae Waterfall カオプラテーウの主な部分は熱帯雨林で覆われており、常緑樹で主に構成されています。熱帯雨林は動植物の高い多様性を示します。カオプラテーウで最も良く見られる植物は、アピトン、フタバガキ種、 Intsis palembanica Miqとつる植物などです。その他の小さな木々や低木があり、この小さな森の低地にあります。ヤシ、籐、竹、ラン、シダ、コケなどはしばしば木の枝のところで見つかります。 この森林は、このエリアの多くの川の原点になっており、せべての生命が頼っています。このような熱帯雨林は、膨大な様々な生命の形があるため、地球上で最も多様な生態系です。 熱帯雨林の破壊の結果として、この多様性の損失の懸念が高まっています。多くの生物はライフサイクル全体を森の中で送ります。我々はあなたが熱帯雨林の大きな価値と美しさに心を開くお手伝いをしたいと思っています。
• バンペーの滝
バンペーは小さいサイズで、小さな流れがある通年制の滝です。この滝の最も美しい部分は落差16.7m、川の長さ524mの崖です。川に沿ってあるいくつかの滝つぼで泳ぐことが出来ます。 イノシシ、ヤマアラシ、マウスディア、カニ、鳥や沢山の昆虫のような多くの野生動物は、通常、滝の日陰で肥沃なところにえさを求めてやってきます。灌漑と農業目的の小さなダムが下流に建てられています。 これは、すべての生命はこの滝から恩恵を受けられることを示しています。

• 鳥類
bird 遊歩道から木々や地面で様々な種類の鳥が啄ばんでいるのが見えるかもしれません。土着と渡り鳥の2種類がこのエリアでは見つかります。土着の鳥は年中巣を作っているのがわかるでしょう。 この種類の鳥には、ルリコノハドリ、オオコノハドリ、アカハジバンケンモドキ、シロガシラトビがいます。フォレストワグテール、ブルーウイングピタ、シベリアンブルーロビンのような渡り鳥は、ここに巣をつくることはせず、10月から3月にかけてのみ見られます。 自然生息地での鳥の観察は、人気の趣味になってきており、多くのバードウォッチャーに素晴らしいアピールを与えていますが、鳥は生態系の多様性を向上させる植物の種子を広める上で、生態学的に重要です。 つる植物は、非常に多様な常緑森林の中で、誰でもがつる植物の存在に気がつくでしょう。すばらしいつるは熱帯雨林のシンボルになるでしょう。 これらのつる植物は、光が当たりやすい高さまで、大きなロープのように他の木に絡まって登っていきます。わずかな光のみが密集した樹冠を貫通することができます。 ゆえに、光の激しい競争がこの環境で見られます。木々の成長にはかなりのエネルギー投資が必要で、植物の中には、他の植物の芽を避けるものがあります。 おそらくこの種の最も明白な適応は、地上からのほかの植物に沿って、最上部の樹冠に登る植物で、見ることができます。

Bamboo• 竹
これらは背の高い、関節の幹だけの典型的な木であると誰もが考えますが、実際には、木質の多い茎を持っている巨大な、急成長する草です。 すべてのボディは、これらの背の高い、関節の幹の植物だけで典型的な木であることを考えるかもしれませんが、実際に木質の茎を持っている巨大な、急成長中の草です。竹の各芽を注意深く調べたら、巨大な草のタイプであると分かるでしょう。 木質の、へこんだ、茎は、カルムと呼ばれる太い地下茎(根茎)から鈴なりに分かれて成長します。若い芽( 竹の子)は幹からそのまま生えます。竹は多種多様な目的に使用されます。 地下茎は、イノシシ、ヤマアラシ、鹿などの多くの野生動物の餌になります。竹が花と種を作るのは、殆んどの場合、生涯で一度しかなく、鳥やリスがいつも種を食べます。多くの理由からこの素晴らしい巨大な草は生態系に大変役立っています。

• シダ
シダは私たちと4億年以上一緒におり、ほかに地球上に植物がないころからあります。シダ(地元の人たちは“Goud” と呼んでいます。)は様々なサイズと葉っぱ(fronds)と茎(rhizome)があります。 Fern シダは世界中様々に異なる生息地に生息しています。タイ北部と南部の山脈エリアで簡単に見ることが出来ます。特定の種は乾いた地面に成長しますが、シダの大半は、暖かく、湿った地域または岩場に生息します。 カオプラテーウのような熱帯雨林の中では、湿った、日陰の土壌、巨石または遊歩道で見つかります。selaginella sp., Drynaria quercifolia (L) J., Asplenium nidus L., Platyceriumのような種類は、木の枝に生息します。

• カニ: Phricotelphusa limula
森林を歩いている間、注意深く小川や水溜りを見ていると、片方がもう片方よりも少し大きな二つの小さな爪を持った小さな赤みを帯びた生物が見つかるでしょう。体長1-2センチで長い足をもち、敏速に動くことが出来ます。 この動物はカニで、科学的な名前はPhricotelphusa limula です。Phricotelphusa crabは、流れの速い川の浅瀬の石の下に生息しています。 カニは左右にのみ動くことができ、非常に繊細な目をもち、邪魔された後は、敏速に石の隠れ家の中に移動することができます。他の甲殻類のように、カニは雑食性で、清掃動物として行動し、生態系の掃除に役立っています。

  • ang Sai at the source of Bang Pae Waterfall
    ワンサイはバンペーの滝の起源です。
  • Bang Pae Waterfall
    バンペーの滝
  • The endangered palm specie of KPT
    KPTの絶滅危惧種のヤシ
• リス
Squirrel このタイプの哺乳類は主に木々の中に住み着いていますが、中には地面に住み着いているリスもいます。リスは通常、日中の間は単独で行動し、繁殖シーズンのみカップル(子リスがいたり、いなかったり)でいるのが見られます。 リスは日和見性フィーダーです。彼らの食事は季節と何が可能かによります。リスは果物、葉っぱや虫までも食べます。様々な種類のリスがいますが、カオプらテーウの遊歩道で容易に見つかるのは、 マレーブラックジャイアントスクウォーレル、レッドベリードスクウォーレルとグレーベリードスクウォーレル(ブラックチップテールスクウォーレル)です。

マレーブラックジャイアントスクウォーレルは見るであろうリスの中で最大の大きさです。黒い頭をもち、頬、首とあごに黄色がかったオレンジの毛があります。背中の毛は黒色です。 名前が示しているように、レッドベリードスクウォーレルは赤又は茶色の毛がおなかにあります。残りの胴体と尻尾の毛は茶色がかった灰色または茶色で、背中に大きな黒の帯があります。 緑が買った茶色と黒のストライプのふさふさした尾が特長なのは、グレーベリードスクウォーレルです。リスは、植物種の分散を助けるため、生態系の食物連鎖において重要な役割を果たしています。

• ランカウパーム (Kerriodoxa)
国際自然保護連合(IUCN)は世界で最も絶滅の危険のあるヤシの種類として登録しています。 野生生物保護、啓発、拡張センター (WCDEC)は、トンサイの滝の麓の非狩猟地域の南西部にあり、KPTに関する学習を提供します。これには、学生やその他のビジターへのレクチャーを行う一方、 バウチャーのデザイン発行をおこないます。WCDECはKPTが非狩猟地域に指定されてすぐに設立されました。センターは、非狩猟地域に関連していますが、それは一般的にはそれとは別とみなされています。 野生生物保護、啓発、拡張センターと非狩猟地域は同じ組織レベルの異なる部分、すなわち、タイ国立公園、野生動植物保護部の野生動物保護課になります。 トンサイの滝から離れて、センターの最も重要な見どころは、その広々とした良く整ったビジターセンターです。

センターは通年予約可能な基本的なゲストルームを6部屋以上もっており、3つの小さなレストランでは、ビジターの食事とドリンクを提供しています。

歴史
1929年3月11日にアイルランドの植物学者Dr A.F.G. Kerrがカオプラテーウにやってきて、川の近くで見つけたいくつかのヤシの標本を集めました。Dr Kerrは、1902年から1932年の間、タイの植物を識別したことで有名です。 彼はこの名前と種類の識別が出来なかったので、標本をイギリス、ロンドンのKewガーデンズに持ち帰りました。このヤシが見つかった森林(カオプラテーウ)のエリアは1977年に国立野生生物公園となり、森林の保護がされました。 後の野生生物保護、啓発、拡張センターです。

森林局の植物学者Dr Tem Smitinandは、森林を担当し、カオチョン植物標本集のチーフであるトラン県のMr Jaran Buunep は、このヤシに関する情報をヤシの専門家であるDr John Dransfieldに渡しました。 彼らはDr Dransfieldをこのヤシのサンプルを採取に来るように招待しました。そして、彼はこのヤシが新種であることを発見し、1983年のPrincipes journal volume 27に掲載しました。 Dr.Kerrの後に彼はこの種をKerriodoxaと名づけました。Kerriodoxaは、単独種のKerriodoxa elegans Dransfieldです。タイではパームランカオ(Palm Lang Khao)、 タンランカオ(Tang Lang Khao)、パームジャオムアンタラーン(Palm Jao Muang Talang)と呼ばれています。これはタイの固有種であり、非常に稀少であり、森林伐採で現在絶滅の危機に瀕しています。

上記情報は
カオプラテーウ、非狩猟地域の長、Mr. Awat Nitikul、 (国立公園、野生動植物保護部) 、カオプラテーウ野生生物公園&森林保護、Jean BoulbetとNophadol Briksavan によります。 歴史
Palm Lang Kaw (Kerriodoxa) テナガザルリハビリテーションプロジェクト(GRP)は当時、プーケットの森林局の長だった、Mr. Noppadol Preuksawan、バンペー発電所長のMr. Thavorn Sri-Oon、アジアの自然保護基金によって1992年に設立されました。

目標
1. 白テナガザルを自然の生息地に戻すためのリハビリを成功させる方法の開発:GRPは、過去10年間、野生復帰の方法をテストしてきました。あらゆる再野生化は学習の機会です。 野生復帰は、どちらかと言えば保護の動きの新しい部門であるだけでなく、研究の未知の地勢です。

2. 観光アトラクション、ペットとしてのテナガザルの違法な使用を終了させる。 保護、教育、基金調達のために、センターを訪れたビジターの学習を通じて、GRPは捕らわれたテナガザルの窮地の意識を持たせ、観光がテナガザルの赤ちゃんを要望する役割を演じてくれることを願っています。

3. プーケット最後の熱帯雨林-カオプラテーウ非狩猟地区(国立公園、野生生物、植物保護局)-の再生成のため。テナガザルは25年以上前にプーケットで密漁され、 絶滅しました。GRPは以前は捕らわれていたテナガザルのリハビリを通じて、この森林を再生成したいと考えています。GRPは2002年10月に再野生化に成功し、次のファミリーは2003年8月、 3番目のグループは2004年末に再野生化され、近いうちにより多くを再野生化できるでしょう。

4. 自然保護の重要性の認識を持たせるため:GRPは地域社会に保護の重要性について教えるための効果的なリソースになります。GRPは地元民と子供達が、生活をサポートする不可欠な動物と森林を見に来る学習プログラムを行っています。

5. ボランティアのためのシロテナガザルの学習の機会を提供します:世界中のボランティアがシロテナガザルの学習にやってきます。GPRのテナガザルにおいて、再野生化の方法、 保護されたものと野生に戻されたシロテナガザル両方の行動の研究と保護されたシロテナガザルの疾病の研究のようにさまざまな研究の形を許可しています。

行き方
リハビリテーション施設は、タイ国、プーケット、Bang Paeの滝のKhao Pha Thaeoの非狩猟地域にあります。ヒロインズモニュメントから約9キロ東です。センターを訪れて、見晴台からテナガザルを見ることができます。 センターは毎日午前9時から午後4時まで開いています。入場料はありません。団体で訪れたい場合は、オフィスまでご連絡ください。プーケット国際空港から約20キロ離れています。 空港から標識に従いヒロインズモニュメントに向かい、4027号線へ左折します。Bang Pae Waterfallの表示があるまで道なりに進み、左折し1キロ進んだところが公園の入口です。 国立公園への入場料が必要です。公園内に駐車場があり、センターまでは駐車場から歩いていくことができます。

larger text smaller

タイの時刻 17:33 (GMT+7)