home
プーケット
ホテル
目的地
手引書プーケット
アクティビティー
交通手段
Language
タイの時刻 03:41 (GMT+7)
Hotel Promotion Rates
どこに滞在したいですか ?
 到着日/チェックイン:
  
 出発日/チェックアウト:
  
 宿泊日数:
 泊
大人/こども:

all

どこに滞在したいですか ?

change

 バンコク

change

プーケット

change

 サムイ島

change

クラビ, Koh Lanta, Phi-Phi

change

 パタヤ, Chonburi

change

 チャーン島, Trat

change

 フアヒン, Cha Am

change

 チェンマイ
or
近くのエリア・ロケーションで探す:

こだわり条件:
4 star or better 3 star or lower
3 star or better 2 star or lower

通貨: JPY
ソート:
rooms available limited rooms on request sold out

今月の人気ホテル Phuket:

Karon Beach
reviews
お客様の評価 7.2
から 4,899 ¥
おすすめ
dates
Cape Panwa Beach
reviews
お客様の評価 9.1
14,312~18,798 ¥
おすすめ
dates
Patong Beach
reviews
お客様の評価 8.5
から 2,563 ¥
おすすめ
dates
Island, Koh Racha Yai
reviews
お客様の評価 8.2
から 7,377 ¥
おすすめ
dates
Patong Beach
reviews
お客様の評価 8.1
7,519~13,885 ¥
おすすめ
dates
Nai Harn Beach
reviews
お客様の評価 7.9
3,421~4,845 ¥
おすすめ
dates
Nakalay Beach
reviews
お客様の評価 7.7
11,775~14,515 ¥
おすすめ
dates
Patong Beach
reviews
お客様の評価 7.6
4,241~9,331 ¥
おすすめ
dates
Patong Beach
reviews
お客様の評価 7.3
から 12,846 ¥
おすすめ
dates
Karon Beach
reviews
お客様の評価 7.2
4,526~7,240 ¥
おすすめ
dates
Kata Beach
reviews
お客様の評価 6.8
3,985~17,087 ¥
おすすめ
dates
Mai Khao Beach
reviews
お客様の評価 -/-
24,851~47,332 ¥
おすすめ
dates
Phuket Town
reviews
お客様の評価 -/-
2,820~3,204 ¥
おすすめ
dates
Patong-Kalim Bay
reviews
お客様の評価 -/-
から 9,969 ¥
おすすめ
dates
Patong Beach
reviews
お客様の評価 -/-
から 9,114 ¥
おすすめ
dates
Cape Panwa
reviews
お客様の評価 -/-
36,998~42,780 ¥
おすすめ
dates
Patong Beach
reviews
お客様の評価 -/-
2,165~2,871 ¥
おすすめ
dates
Patong Beach
reviews
お客様の評価 9.5
11,236~12,660 ¥
おすすめ
dates
Patong Beach
reviews
お客様の評価 8.8
10,966~13,956 ¥
おすすめ
dates
Patong Beach
reviews
お客様の評価 8.5
3,674~9,969 ¥
おすすめ
dates
Karon Beach
reviews
お客様の評価 8.2
6,693~15,380 ¥
おすすめ
dates
Island, Koh Racha Yai
reviews
お客様の評価 8.1
から 9,485 ¥
おすすめ
dates
Karon Beach
reviews
お客様の評価 8.0
から 2,336 ¥
おすすめ
dates
Kata Beach
reviews
お客様の評価 7.7
8,454~9,057 ¥
おすすめ
dates
Patong Beach
reviews
お客様の評価 7.1
4,016~29,223 ¥
おすすめ
dates
Patong Beach
reviews
お客様の評価 5.8
から 7,178 ¥
おすすめ
dates
Phuket Town
reviews
お客様の評価 -/-
から 3,019 ¥
おすすめ
dates
Island, Koh Racha Yai
reviews
お客様の評価 9.6
23,042~24,515 ¥
dates
Patong Beach
reviews
お客様の評価 9.3
から 10,894 ¥
dates
Kata Beach
reviews
お客様の評価 8.9
6,551~9,399 ¥
dates
提供 R24.org
検索結果:

Weekly deals every day new

Phunawa Resort, Phuket
Karon Beach
Hot Deal - Save 30%
from 4,899 ¥
Phunawa Resort
Karon Beach
30% discount until 30 November, 2017.
book
Sri Panwa Phuket Luxury Pool Villa Hotel, Phuket
Cape Panwa
Early Booking - 28% Off
from 36,998 ¥
Sri Panwa Phuket Luxury Pool Villa Hotel
Cape Panwa
Booked Now Get 28% Save to 31 Sep 17 !!
book
Banthai Beach Resort & Spa, Phuket
Patong Beach
Flash Sales - Save 35%
from 7,519 ¥
Banthai Beach Resort & Spa
Patong Beach
Limited flash sale upto 35% until 31 October, 2017.
book
Sea Sun Sand Resort & Spa, Phuket, Phuket
Patong Beach
Flash Sales - Save 54%
from 4,241 ¥
Sea Sun Sand Resort & Spa, Phuket
Patong Beach
Booked Now Save 54% Off!!
book

どこに滞在しますか
Airport Thalang Boatlagoon Kathu Phukettown Maikhao Naiyang Naithon Layan Bangtao Pansea Surin Kamala Nakalay Kalim Patong Tritrang Karon Kata Naiharn Rawai Chalong Panwa Yamu Nakayaiisland Loneisland Coralisland Rachayaiisland Yaonoiisland Yaoyaiisland Phuket Map
プーケットの案内
プーケット [ภูเก็ต] はシンガポールとほぼ同じ面積の大きさをもつタイ最大の島で、バンコクの南862キロに渡るインド洋側にはおだやかな風の吹くアンダマン海が島に沿って広がっています。 プーケット島は美しい入江に囲まれ、まるで粉末のように真っ白な砂浜と海に点在する小さな島々、ホスピタリティー溢れる人々、シーフード、シノ=ポルトガル様式の建築物などがありとても魅力的な場所です。 またマリンスポーツを楽しんだり、青々と茂った熱帯の景色を楽しむのも忘れられない思い出となるでしょう。パトンビーチ、カタビーチ、カロンビーチ、カマラビーチ、ナイハーンビーチは島の中でも有名な砂浜です。 プーケットではヨットやダイビング、シュノーケリング、ゴフル、その他多くのスポーツやエンターテイメントを楽しめる理想的な場所です。潜水艦で色とりどりの海に住む生物たちを見に行くこともできます
ホテル
アトラクション
アクティビティー
ビーチ
交通手段
地図
Phuket International Airport (プーケット国際空港)
何年にもわたり旅行者に人気の目的地であるプーケットやパンガー、カオラックはタイ南部では休暇を過ごす絶好の場所です。

空港のコードは現在 AOT の管理の下で HKT となっています。国内外の旅行会社の多くが島までのフライトを提供し、 さらに長距離のチャーターも受け付けています。

ほとんどの交通はプーケットまでですが、さらに2つ目の目的地にも人気が集まってきています。多くのビーチやナイトエンターテイメントももちろんですが、プーケットとアンダマン海の島々 は若い旅行者から家族連れ、退職者などにも幅広く楽しめ、暖かい気候と整った生活環境は多くの人を魅了し長く滞在する旅行者も多くいます。

プーケットを起点として行く粉末のように真っ白な砂浜のあるラチャ島やプライベート感溢れるヤオノイ島、さらに南のピピ島、北のシミラン諸島などはアクセスもよく、 旅行者それぞれの思い出に残る休暇を過ごすのに理想的な場所です。
Thalang District (タラン地区)
タランは昔プーケットがタラン郡だった頃に中心の地区とされていました。タランはプーケットの南とカトゥーの境界の地域となっており、北にはパンガー郡のタクアトゥンがあり現在はプ ーケットとタイ本土を繋ぐサラシン橋で区切られています。

カオプラテーオ自然保護区はカトゥー地区の丘にあり20キロにわたる熱帯雨林が広がっています。この保護区の頂上はそれぞれカオ・パテーウ (384 m)、 カオ・バンペー (388 m) 、カオ・パーラー (422 m)です。 北西に位置し、海亀の産卵などで知られるナイヤンビーチを含むシリナート国立公園は1981年につくられ、90平方メートルの広さがあります。南には 1989 年に開館した国立博物館があり、 そこにはタランの街を包囲したビルマ人を撤退させたターオ・テープ・クラサットゥリーと ターオ・シー・スントーンの二人の女性の記念碑が建っています。 国際空港はこの地域の北に位置します。メインの道路はサラシン橋を越えてプーケットまで続く島の南東をはしるハイウェイ402です。
Boat Lagoon (ボートラグーン)
素朴なプーケットの東海岸にはユニークなタウンショップの The Boat Lagoon があります。ここでは南国の木々に囲まれたマリーナサービスのある家が並び、 リゾートホテル、商業施設、銀行、中世風の公園、スーパー、レストラン、その他スポーツを楽しめる施設も完備されています。

帆走のヨットや大型のモーターヨットの停泊が年毎に増え、多くの人がプーケットのエメラルドの海でヨット遊びを楽しんでいます。また、パンガー湾周辺の小さな島々でも人気を集めています。
Kathu District (カトゥー地区)
カトゥーはプーケットの西に位置します。

北側にはタラン、東と南側にはプーケット郡、西側にはアンダマン海が広がります。

カトゥーにはパトンビーチがありプーケットで最も観光者の多い地域です。カマラビーチから北はあまり開発が進められていませんが、急激に人気の場所として認識され始めてきています。
Phuket Town (プーケットタウン)
プーケット郡はプーケット県の県庁所在地で、島の北西に位置します。

この地域はプーケットの南側も含まれます。西海岸と南海岸は北西からカロン、カタ、カタノイ、ナイハーン、ラワイ、そしてシャロン湾沿いの南国のビーチから成り立っています。 それぞれのビーチは岬によって区切られ、特に劇的な景観が望める南端のプロンテープ岬はタイ人だけでなく海外からの旅行者にも人気です。

シャロン寺院はプーケット内に29箇所ある仏教寺院の中でもっとも重要視されています。ここには1876年の抗夫の反乱に傷ついた人々を薬草の知識をもって助けた二人の高僧ルアン・ ポー・チャムとルアン・ポーチャンが祭られいます。
Mai Khao Beach (マイカオビーチ)
マイカオビーチはプーケットの北西に位置し、10キロにも渡るそのビーチ周辺は他の地域に比べるとまだ開発が進んでいない場所です。スリナット国立公園に沿って主要な建物が建てられ、 プーケットの国際空港や JW Marriott、Anantara などの高級ホテルがあります。 砂浜はきめ細やかなものではありませんが、ビーチでは存分にプライベートの時間を楽しむ事ができます。

国立公園の中のその静寂さはマイカオビーチの特徴であり、とても人気のスポットとなっています。ビーチの北の方ではパンガーベイからきた水がアンダマン海へ流れ込み、 その波でサーフィンを楽しむ事もできますが、その他釣りやハイキング以外のアクティビティーはほとんどありません。 底流の為にローシーズンの間は遊泳を制限することもあります。

マイカオは絶滅寸前の海亀が春に産卵をしにやってきて毎年孵化した卵が海へ戻っていくという貴重な場所でもあります。
Nai Yang Beach (ナイヤンビーチ)
プーケット国際空港から5分、国立公園内に位置するナイヤンビーチは現地タイ人にとても人気があります。 曲線を描くように長く続く砂浜にはカジュアリーナの木々が立ち並び、そこを訪れる人々の休憩の場所となります。大きな珊瑚礁はたくさんの魚たちの住みかとされます。 ナイヤンでは11月から2月にかけ絶滅の危機に面している貴重な海亀が産卵に訪れる場所として知られています。

ナイヤイ通りから公園へ入ると、ファーストクラスの宿泊施設やデイトリップの旅行者に食事を提供するところもあります。

砂浜にはローカルなレストランやバーがありますが、旅行者向けの夜のエンターテイメントなどはあまり多くありません。 むしろ昔のプーケットを思い出させるような景色が広がる静かなビーチでゆっくりと過ごすことがお勧めです。
Nai Thon Beach (ナイトンビーチ)
高い丘のふもとにあり静かに細長く続くこのビーチは今まで商業開発が入る事はありませんでした。いくつかの宿泊施設はありますが、実際には他のビジネス的施設はありません。 ハイシーズンの間の遊泳や小さなレストランでの食事などにはとても理想的なところですが、ローシーズンの間は嵐があり危険なこともあります。

バンタオ湾とナイヤンビーチの間に位置するナイトンビーチへはテップクラサトリロードを通って行きます。タランタウンからナイヤンロードの北へ続く道の最初の信号を右折し、ナイトンへ向かう道の標識を探して下さい。 旅はとても価値のあるものであり、特に南からの長く曲がりくねった道はまるで南ヨーロッパを思い起こさせます。

遊泳も楽しめますが、ダイビングやシュノーケリングのスポットもあり、海岸沿いの道に並ぶ現地のダイビングショップで簡単にボートのチャーターができます。 いくつかのビーチではエンターテイメントやナイトライフが限られていますが、ショッピングを楽しめるミニマートがあります。
Layan Beach (ラヤンビーチ)
ラヤンビーチはバンタオ地区の北に位置し、ラグーンであるそのピースフルなエリアを数多くの鳥や野生生物が住処としています。

海岸近くの丘の斜面にはたくさんの小さな足跡が残されており、登山家やバードウォッチングをする人々にもよく知られています。ビーチへは徒歩で Laguna Phuket Resort を通るかまたはハイウェイからノイトンビーチへ直接行く事ができます。Layan Beach Resort & Spa Village はここでの唯一のリゾートホテルです。

ビーチへは Banyan Tree Golf Club 近くの小さな道を通って行かなければならず、通常、遊泳を楽しむ人々や住居者は南側へ徒歩 10-15 分のバンタオビーチへ行く事がほとんどです。
Bang Tao Beach (バンタオビーチ)
バンタオビーチはプーケットの中でも長く広々とした砂浜が続きます。昔は鈴の採掘がされていましたが今では有数の豪華なリゾートと住居が並ぶ地域として開発されています。 バンタオビーチの大部分はラグナとなっており、大規模なゴルフコース付きのホテルがあります。11月から4月の乾期の間は遊泳が楽しめますが、暑期のシーズンになると強い潮の流れの為に制限される事もあります。 北の端の方には周辺と分離した小さな砂浜があり、綺麗な珊瑚を見ることもできます。ラグナやチェーンタレーの街の付近には食事をする場所やツアー会社、 その他旅に関する施設が多くありますが、漁業やゴムの木の樹液採取、農場などで昔と変わらず生計を立てている人も多くいます。 周辺にはナイトライフやエンターテイメント施設などは開発されておらず、ほとんどは高級ホテルなどで扱っているアクティビティーなどを利用するようになります。
Pansea Beach (パンシービーチ)
パンシービーチは洗練された贅沢な海岸です。

プライベート空間溢れるビーチの北には Amanpuri PhuketChedi Resort が並び、多くの著名人やファッションデザイナー、各業界の有力者などが度々訪れる場所としても知られています。

パンシービーチへの道は完全に制限されており、ホテルの敷地内を通ってのみ行ける場所となっています。
Surin Beach (スリンビーチ)
海風に揺れるカシュリナの木々、カマラの南に位置する丘の麓の曲線を描いた海岸のスリンビーチはここ数年で開発が進められ、カップルや家族旅行にとても人気の場所となっています。

スリンにはプーケットで最初にできたゴルフコースがあり、9ホールのコースは60年以上も前のラマ7世の時代に設計されました。現在その大部分は公園として以外は使用されていません。

雨期の間は海岸の急な斜面、乱流の水、大きな波があり遊泳には危険な場所となりますが、乾期には休暇を過ごすのに最高のロケーションとなります。

2つの山から西へ続くシーサントン通りの端にスリンビーチは位置しています。ナイトライフは限定されていますが、宿泊施設やレストランなどがありいくつかのホテルでは現地の人々 やそこに住む外国の方々に人気のサンデーブランチもあります。
Kamala Beach (カマラビーチ)
カマラビーチは賑やかで活気のあるパトンビーチの北にあり、イスラム教徒の漁村となっています。旅行者はここでのんびりと時間を過ごし、特に長期滞在者や退職者などに好まれる静かなビーチです。 一方でイスラム教の墓地がありまた駐在所の警察が来るのが遅い事もあります。

ビーチはとても美しく2キロにわたり広がっています。ゲストハウスから国際的なホテル、個人向けのアパートメントなどがあり、さらにシーフードをメインとしたタイ料理レストランも数多く並んでいます。

カマラビーチは休暇を取るのに最適な場所で、丘を越えた先のパトンビーチにはエンターテイメントも充実しています。岬に沿って南へ進むとたくさんの高級ヴィラが並び、 そこからはカマラビーチの素晴らしい景観が望めます。

カマラではローカルのシーフードレストランやバーで友人とゆっくり寛ぐ場所であり夜のエンターテイメントはあまり多くありませんが、ここにはプーケットファンタシーがあります。 プーケット最大のテーマパークであり、人気の観光スポットにもなっています。
Nakalay Beach (ナカライビーチ)
閑静でプライベート感のあるナカライビーチはタボーンビーチビレッジの中にあります。ビーチへ行く入り口には入るのを禁止する看板があり、リゾートに滞在している方以外は入ることができません。 遊泳は干満の時にのみ楽しめます。

ビーチの中央には長い桟橋が建てられ近くには日中やサンセットを見に出かけたりパーティー用に貸切りできる場所もあります。

ナカライビーチはパトン・カマラの境界線に近く、パトンビーチから北へ4キロのナカライ湾に位置します。閑静な場所を好む方には最適の場所であり、 また近くのパトンビーチにはエンターテイメントを楽しめる場所もあります。
Kalim Beach (カリムビーチ)
カリムビーチは実際はパトンビーチの北へ続く海岸ですが、岸壁によって場所が区切られています。大きく広がる珊瑚礁があるカリムは遊泳よりもシュノーケリングを楽しむことができ、 さらに湾からの壮大な風景も魅力のひとつです。

閑静なカリムビーチはパトンビーチから近いため少しの時間だけ海岸の静けさで寛ぎ、ナイトライフ、レストラン、エンターテイメントも楽しみたいという方にとても最適な場所です。

このエリアで海に入る時は角の尖った珊瑚があるので、しっかりとした靴やサンダルを履くことをお勧めします。海岸の北の方ではローシーズン(6月から9月)になると強い風が吹き、 時折その激しい波に乗るサーファーを見かけます。
Patong Beach (パトンビーチ)
パトンビーチはプーケットの観光と夜のエンターテイメントが充実した中心的地域となっています。むかし静かな漁村であったこの場所には10年以上をかけ、 今では海岸沿いのいくつもの美味しいレストランやパブ、バー、そして旅行会社が並び、観光事業の発展により島の主要な都市となりました。 近年ではジャンクセイロンなどのショッピング施設も建てられ輸入品やブランド物をエアコンの効いた室内で買い物ができるようになり、 さらに日没の時間になると海岸沿いの道にはナイトマーケットが開かれパトン地区が広大なマーケットに姿を変えます。

ここは4キロに渡り海岸が続き、旅行者がプーケットへ行く際それぞれの休暇を過ごす場所としてよく候補に挙げられます。宿泊施設は5 つ星のホテルが並びます。ほとんどのパブやバーではライブミュージックが聞けます。ここではモーターバイクやパラグライディング、ジェットスキーなど多くのアクティビティーを楽しむことができます。

ナイトライフはソイ・バンラー(バンラー通り)周辺が中心となりその他にも様々なお店が並んでいますが、湾の北や南の端の方はとても静かな場所となっています。 パトンは遊泳や海のアクティビティーにも適した理想的なビーチです。
Tri-Trang Beach (トリトランビーチ)
トリトランビーチは Melin Beach Resort の目の前、パトンビーチの南に位置する眺めのよい湾です。 こぢんまりと穏やかな雰囲気の中にビーチが広がりその景色の中には時たまロングテイルボートが浮かんでいます。 ここでのシュノーケリングはとても人気ですが、干潮の間は海底の岩が多く遊泳はお勧めできません

また、洗練されたトリトランは Freedom Beach とも呼ばれボートでのみ行ける場所となっています。
Karon Beach (カロンビーチ)
プーケット島で2番目に大きく、メインの観光ビーチとなっています。Thavorn Palm Beach Resort、Ramada、Hilton Arcadia などたくさんのリゾート施設が海岸の後ろの道沿いに建てられていますが、ビーチは開発がされていないため長くとてもひらけた場所となっています。 その広い空間は人気の場所であるにも関わらず全く混雑せず、家族旅行や長期滞在者にとても人気があります。真っ白な砂の上を歩くとキュッキュッと音が響き 、南方には美しい珊瑚礁がカタやポー島まで広がっています。

レストラン、バー、ツアー会社、その他ホテル以外の営業は海岸の北の端にあるローターリー付近に集まり、南にはカタとカロンの間の海岸裏に続く小さな道沿いにたくさんの小さなショップやギャラリーが並んでいます。

Karon Noi Beach (カロンノイビーチ)
カロンの北にあるカロンノイビーチは高級ホテル Le Meridien Resort and Spa のプライベートビーチであり、ホテル内を通ってのみ行ける場所となっています。
Kata Beach (カタビーチ)
プーケット観光のメインビーチのひとつであるカタは島の中で規模が一番小さく、パトンやカロンから車で数分の距離にも関わらず全く違った姿とスタイルの一面を持っています。 海岸は広く曲線を描き、椰子の木が続く壮観なビーチ、有名なレストラン、上品さと活気のあるナイトライフは家族連れだけでなく多くの旅行者に人気の場所です。

透き通った水は遊泳に適し、北の端には珊瑚がポー島まで約500メートルに渡り広がっています。そこでは様々な種類の色鮮やかな魚たちを見ることができます。

Kata Noi Beach (カタノイビーチ )
カタの南に位置するカタノイはほんの少し開発が進められ、数箇所のホテルのみが並ぶビーチはとても美しく、また人気のカタビューポイントからは目を見張るような絶景が望めます。 岩や珊瑚が多いため遊泳は難しいですが、暑期にはサーファーにとても人気の場所となっています。ここへはカタから丘を越えてビーチへの細い道を通って行きます。
Nai Harn Beach (ナイハーンビーチ)
ナイハーンビーチはカタノイの南側、プロンテープ岬の北側に位置します。ここには美しいラグーンが広がり、必ず訪れる価値のある場所です。海岸の中央には修道院があり、 周辺地域が急激な開発を進められないよう管理をしています。そのため、島内の南の地域では他に比べてとても静かなビーチです。

様々なウォータースポーツが楽しめますが、5月から10月までのモンスーンのシーズンには潮の流れが危険な時もありますので遊泳には充分に気をつける事が必要です。 近くのアオセーンビーチではシュノーケリングが楽しめ、プロンテープ岬まで足を伸ばすと壮観なサンセットを見る事もでき、観光客や写真家にとても人気のある行き先となっています。
Rawai Beach (ラワイビーチ)
ラワイビーチは有名なシージプシー村やチャオレイ村の敷地であり、主要なビーチでもあります。むかし、丘を越えて危険な曲がりくねった道を通り島の西海岸へいく人は少なく、 むしろラワイビーチへドライブに出かけ、環状の海岸沿いに茂るカシュリナの木陰でゆっくりと過ごすことが好まれていました。

ラワイビーチには数多くのレストラン、バンガロー、貝を使った手工芸品のショップ、釣りや近くの島へ出かけるためのレンタルボートのショップなどが点在し、そこでは遊泳も楽しむことができます。 ラワイはシャロンのロータリーから西へ7キロの距離に位置します。

最近、ラワイはプーケット島近くの島へワンデートリップへ出かける旅行者の拠点の場所となっています。たくさんのロングテイルボートがあり、それをハイヤーしてコーラル島やローン島、 ラチャ島へ行く事ができます。

ラワイは島の5つ星リゾートで働く人々が住まいの地域とし、また外国から来た自由奔放な長期滞在者などにも大変人気です
Chalong Bay (シャロン湾 )
シャロン湾は強風から守られた停泊所でありヨットやツアー用のボートが多く止められています。近くの島へ行くデイトリップ旅行者はほとんどがここの湾を利用するため、 日の出から朝9時の出発と夕方4時から5時の帰島の時間帯はとても混雑しています。

広い停泊所と数多くのレストラン、ショップ、ツーリストインフォメーションの会社、オープンエアの待合所はここを利用するたくさんの旅行者のためにつくられました。 関税やイミグレーション等港での主要なサービスもあり、新しく海上保安センターも完備されました。さらに Ao Chalong Yacht Club ではここでヨット競技のオーガナイズを務め、たくさんのヨット好きが集まり情報交換や交流を深めています。

から戻ってきた人などがビーチ沿いのレストランへ集まります。ここ数年で開発されてきた国際的にも質の高いレストランやブリティッシュパブ&バーなどはローカルの料金で楽しむことができます。
Panwa Cape (パンワ岬)
岬の南最先端には海洋生物研究センターとプーケット水族館があり、シュノーケリングトリップでの船酔いなどのリスクもなく、何百種類ものエキゾチックでカラフルな海洋生物を快適に観察することができます。

海洋生物研究センターや海軍と貿易の拠点とされている大きな桟橋があり、機能的な場所でもあります。

近年にはいくつかの宿泊施設も建てられ、ホテルには素晴らしいビーチがありますがそのほとんどは宿泊者のみの専用ビーチとしています。
Ao Por / Yamu Cape (アオポー/ヤム岬)
アオポー(またはヤム岬)はプーケットの東海岸に位置し、Boat Lagoon and Royal Phuket Marina のすぐ近くです。 プーケットの一部としてはあまり知られていない地域ですが、パンガー湾に浮かぶたくさんの美しい石灰岩の島々が見渡せ、不動産の方面からもとても注目をされています。 プーケットタウンまでは容易にアクセスでき、ボートやヨットを楽しむこのエリアは他とは違った観光者の層に親しまれています。

現在のところは特に目立った開発などはされていませんが、海外の投資者によってさらなる質の高い開発が期待できます。ヤムは人の集まる地域とは少し離れていますが、 近い将来にはとても活気ある場所となるでしょう。
Naka Yai Island (ナカヤイ島)
ナカヤイ島は昔は西側にある小さな漁師の村をメインとして訪れるとても簡素な場所でしたが、今ではホテルも建てられ以前に増して人々が訪れるようになりました。

東の方向に見えるパンガー湾には息をのむような絶景が広がり、最近ではプーケットから足を伸ばして真っ白な砂浜で過ごすショートトリップの旅行者も多く見かけます。 のんびりと遊泳や日光浴を楽しむことが島での楽しみとなりますが、レストランなどはあまり多くありませんので一日を島で過ごす方は簡単な食事を持参すると良いでしょう。 プーケット周辺から一日ツアーのなかの一箇所として来る方がほとんどですが、東海岸では午後になると遊泳やシュノーケリングを楽しむ多くの人々が見かけられます。

通常島へ行く際はアオポーからロングテイルボートを借ります。宿泊施設は少なめであるため今はまだデイトリップがメインの島となっています。
Lone Island (ローン島)
山の多いこの島はプーケットの南、シャロン湾より普通のボートで約20分の距離にあります。主にイスラム教徒が住み、漁業やゴム、ココナッツの木の栽培に従事しています。

海岸は長く北東に伸び、ローン島まではシャロン湾より毎日早朝にボートが出発してます。

島内は開発がされておらずプーケットの賑やかな場所から離れ、人の少ない場所でゆっくりと過ごしたい旅行者には最適の穴場です。
Coral Island or Koh Hae (コーラル島(ヘー島))
コーラル島はへー島とも呼ばれ、プーケットより南東9キロのところに位置します。

へー島は海洋公園の一部ですが、宿発施設、ローカルのレストラン、ダイビングやシュノーケリングなどのウォータースポーツもあり幅広く楽しむことができます。 島へ行く際はラワイビーチとシャロン湾から出ているボートを利用します。または離島や珊瑚礁を見にでかけるデイトリップのパッケージツアーもたくさんあります。

コーラル島の一番の魅力はその海の生態であり、スキューバダイビングやシュノーケリングには絶好の場所です。メインの海岸はロングビーチと小さめのバナナビーチです。

宿泊施設は近年では Coral Island Resort 以外にはあまり多くの選択肢はありません
Racha Yai Island (ラチャヤイ島)
ラチャ(またはラヤ)島はラチャヤイとラチャノイから成り立っています。島はプーケットより12キロ南に位置し、スピードボートやツアーを通してアクセスする事ができます。 ほとんどの旅行者は美しい白い砂浜が広がる西海岸のラチャヤイへ向かいます。ここはU字に伸びる丘によって周囲を囲まれた形となっており、アオ・タワントックまたはアオ・バンガローと呼ばれています。

ラチャヤイの粉末のようなさらさらの砂浜と水晶のように透明な水はプーケットからのワンデートリップの旅行者を魅了します。近年にはもとからあるバンガローの宿泊施設だけでなく、 素晴らしい風景と最高のサービスを提供する高級ホテルなどもできカップルやハネムーンでの訪問に大変人気です。

さらに砂浜の南の丘にはビューポイントがあり、島の全てが見渡せます。東側のアオ・コンゲー湾はダイビングに最適の場所です。
Yao Noi Island (ヤオノイ島)
ヤオノイ島は44あるパンガーベイの諸島でも大きめの島のひとつです。プーケットやクラビからのアクセスがとても便利で、東南アジアの中でもとても美しい海の景色が望める場所です。 約50平方キロメートある島内には土やコンクリートの道が18キロに渡り作られており、サイクリングやウォーキングも楽しむことができます。 昨年にはホテルもいくつか建てられ選択肢がふえた高級ホテルではリゾート気分が味わえます

主要な島のひとつであるヤオノイ島には政府のオフィスや病院、学校、郵便局などがあります。24時間の電気の供給、インターネットアクセス、携帯電話通信、ATM等も利用可能です。

ヤオ島の政府のオフィスから約5キロのところに位置するターカオビーチにはたくさんの色取り取りの岩や小石があります。ここから少し離れたところにはノック島があり、 満潮の時にはカヌーで、干潮の時には歩いてそこへ行く事ができます。
Yao Yai Island (ヤオヤイ島)
ヤオヤイはヤオ島地域の中でも一番大きく、アオ・ティクッド、 アオ・クロンソン、 アオ・サーイ、 ロ・パー・レッドビーチ、 アオ・ラーン、 アオ・ヒンコーン、ラムノックオークなどのビーチがたくさんあります。 ロジャーックの桟橋はヤオ島からプーケットへ行く重要な桟橋となっています。桟橋の水は透き通り、近くで泳ぐ魚の群れを見ることもできます。また、アンチョビを作っている風景も目にする事ができるでしょう。

島ではホームステイのように安いバンガローに泊まりながら、そこで漁業や農業で生計を立てている人々のライフスタイルを学ぶことができます。 ヤオノイ島の魅力は真っ白な砂浜と透き通った海のロジャークビーチとヤオヤイ島からプーケットへのトランジットポイントとなるロジャーク港です。 また、釣りに出かけたり、貝殻を探したり、アンチョビを作る過程を見たり、さらにカイノック島やカイナイ島へ行く時はロングテイルボートをハイヤーする事もできます。 島の桟橋からは毎日朝8時と午後2時にプーケット行きの船が出ています。