パンガー歴史
タイ パンガーの歴史
古代の記録によると、18世紀後半の現王朝が設立される前に、パンガーと呼ばれたこのエリアは、タクアパ郡に属しており、この辺で主要な町でした。 そして、ラタナコーシン王朝の初期のラマ1世の治世中にパンガーはタクアパとその他の周辺の町と同等の地位が与えられました。タクアトゥンを含む3つすべての地区は、政府港湾部から、防衛省の管轄になりました。

パンガーはラマ2世の治世時代、断続的なビルマとの戦いが盛んに行われ、王、Padung KasatriはAh Terng Woonに、タイ南部の町を侵略攻撃するよう任命した時の1809年に正式に制定されたと示されているのが最高の証拠です。 兵隊の集団が船でタクアトゥンとプーケット内に運ばれてきました。タラーンは全壊しました。よって、王子指揮下の軍隊は攻撃者としてバンコクから南下しました。

戦争中、地元民の中にここに非難した人々がおり、その後山で全面が保護されているということで、クラパンガー**(マレー語ではプーンガ山の川の意)と呼ばれました。タラーン壊滅後、タイが所有するこの土地は衰弱してしまったので、 新しい町を代わりに建てるべきであるという政府の見解をだしました。ゆえに、タラーンの住民は町をさり、クラプンガーに移り住み、そこの住民であるよう登録することを命じました。現在もまだ村があり、プーケットから移住してきた人々によって、 タラーンは発見され、現在のタクアトゥン郡となります。新しい市はナコンシータマラート県の管轄になりました。

ラマ3世治世時に、中央政府はバンコクに直接報告する県知事を任命することで、ビルマの攻撃南西海岸の町を強化しようと考えました。Praya Borirak Puton (Sang Na Nakorn)は1840年に初のパンガー知事に就きました。 同年、タクアトゥンはパンガーに属する郡に格下げされました。

この期間中はスズの採掘が盛んで、重要な外貨を稼ぐ資源として、タイでもっとも豊富なスズ採掘場所のひとつとして、パンガーは、中央政府の注目をますます集めました。1930年代の世界恐慌が起こった時です。

パンガーの地位は1931年にタクアパが郡に成立した際にさらに強化されました。パンガータウンのもっとも美しい古い建物は、県庁です。このようなはじめての建物はチャイカイ村にあり、もっと大きいものは1930年にタイチャン村に建設されました。 ポーンチャンケーヴの近くにある現在の建物は、1972年に建築されました。

** パンガーの名前の発音は、外国人のスズ商によって付けられたと考えられており、昔の地図に書かれていたものと違い、オペレーターは困惑しました。 Pu-ngaのながい'OO'の音はしっかりと発音されません。もし'OO'が短い音だったら、現在の発音に大変近くなります。

 

larger text smaller

タイの時刻 02:57 (GMT+7)