パンガー国立公園
パンガー国立公園
パンガー国立公園 本当かどうかは分かりませんが、タブ島は怒気のせいで形成されました。地元の話では、昔々、一人の漁師が市場で魚を売るために、毎日沢山の魚を獲っていました。ある日、 いつものように彼は仕掛けた網にいってみると、魚は捕まっていません。何度も何度も網を投げてみますが、何も捕まりません。忍耐強く何度もやってみますが、まったく捕まりませんでした。

その結果、彼は波のパターンを見て、沢山の期待を込めて再び網を投げました。少しでも魚が捕まっていてくれればと目を凝らしながら網を引き上げました。残念なことに一本の釘しか入っていませんでした。彼は怒り、釘を海に投げ捨てました。 再び彼は最大の集中力で、目を海面に保ち、網をもう一度投げてみました。今回は彼のネットは可能な限り広くなげ、何か魚が捕まることを大きく望みました。そして、彼はゆっくりと大変重い網を引き上げます。彼は最大限の注意を払って引き上げました。 網の最後にくると、彼はさっきと同じ釘だけが入っているのが分かりました。

彼は大変怒り、彼の長いナイフをつかみ、彼の力の限りを尽くして釘を切りました。釘は半分に切られました。釘は放り出され、海の底に追いやられ、突き出ている、現在私たちが見ている島になりました。 パンガーベイの周辺は長い歴史があり、特にコタブ、コパンイー、タムロット、カオ ピン カンは自然と美しさが有名です。このエリアの岩の芸術は常に重要な見所です。

パンガーベイの人気エリアは1974年にシーパンガー森林公園に現在のエリア制定されるのを導きました。政府森林局はこのエリアの調査を開始し、エリアを拡大して国立公園に制定し、この遺産をさらに保護していかなければいけないと認識しました。 アオパンガー国立公園は、1981年4月29日に勅令によって制定され、公布番号98、第64条において官報に掲載されました。公園のカバーする面積は400平方キロメートル、タイに残っている最も広大な原生の初期のマングローブ林を保護しています。 公園はムアンパンガー郡から海岸沿いのタクアトゥン郡まで延びています。 公園の80%以上はアンダマン海がカバーし、パラーアットタオ島、マプラオ島、ボイノイ島、ボイヤイ島、ラヤリング島、パナック島、ホン島、パンイー島、ピンカン島などを含む、42を越える大小の島々があります。
地形
ジェームズボンド島 公園の地形は、いくつかの断層に強く影響を受けており、特に北東のクロンマルイ断層が有名です。このオフセットの東側の地形は、軽い紅土の移動による中央の山脈からもたらされます。 この断層活動は大きな地溝の形成が断層と平行になる結果となりました。この地溝は現在の湾に印されています。

高い土地は、巨大な石灰石のブロックで出来ており、古典的なカルスト地形の風景になっています。これらのブロックは垂直の崖のある島々を形成しているパンガーベイに向けて南方向に広がっており、主に南北の方向に向かっています。 パンガーベイは沖合いに向かって傾斜になっており、潮の織で満たされています。 この湾事態は、大小の潮汐水路があり、もともと本土の河川システムに接続しています。

主要な潮汐水路は、たとえば、クロンコパンイー、クロンパンガー、クロンバントイとクロンバンセーンがあり、北から南へ流れています。それらはいくつかの潮汐入り江、または、潮汐水路の二次水路で構成されています。 ほとんどの潮汐水路はよく発達した蛇行洲で蛇行しています。マングローブ林はパンガーベイ全体で成長しており、標高と干満の差に応じて種類が異なります。パンガーベイの陸側の境界はなだらかな侵食された傾斜、 石灰石の崖、マングローブ林とと湾の端を越えて伸びる高台の森林の間に印されています。
気候
パンガーベイで経験できる気候は、海洋性熱帯気候で、高降水量と年中高い気温が特徴です。タイ気象庁の1961-1,990年の30年記録では、タクアパ気象台は南西のモンスーンシーズンになる5月から10月にかけて雨が豊富であると示しており、 年間の平均降水量は3,560.5 mm、年平均降水日数は189日です。気温は23摂氏から32摂氏 の間で変化します。平均湿度は83%です。
動植物
植物
パンガーベイ国立公園の植物世界は、下記の3つのタイプに分けられます。 :

マングローブ林 石灰石の山の中にあるマングローブ林では、12種類以上の沢山の重要な植物がマングローブ林の中で見つかっています。 例えば、ヤエヤマヒルギ、フタバナヒルギ、ホウガンヒルギなどです。さらに、エリンギウムと沢山のミミモチシダが砂洲や泥地で成長しています。海ソテツは空地または壊された土地にほんの少しだけあります。

パンガー国立公園 珪岩の山にあるマングローブ林では、ヤエヤマヒルギ、フタバナヒルギ、ホウガンヒルギなど7つの重要なタイプの植物が見つかりました。このエリアで見つかったその他の重要な低地植物は、密集して生えているエリンギウムです。 ここの5つのタイプの重要な植物は、ヤエヤマヒルギ、ソネラティア・オバータ(ハマザクロ科)、ホウガンヒルギ、カユプテとAegialites rotundifoliaになります。付け加えて、シロゴチョウ(samed)は喫水の低地に隣接した土地で見つかるでしょう。

陸の森林 , 熱帯雨林の常緑森林と定義され、次のように分類されます。 石灰石の山にある森林は、国立公園内にあり、二つのタイプがあります。はじめは、平地にある森林と、カルストと呼ばれる渓谷エリアにある森林です。 それらはフタバガキ科のHopea Ferrea Heimと、ゴールデンキャンドルのような重要な植物で構成されています。二つ目は、石灰石の山の湿気のある高地では、小さくて短い植物の、Hopea ferrea Heimや水藤などで構成されています。

珪岩の山にある森林では、沢山の植物が山の麓のとても高い湿度の中で成長しているのがわかります。ヤンナーの木(yang na)はこのエリア全体で全体で見ることができ、ヒメツバキ、オヒルギ、 オカヒルギなどの重要な植物もまた見ることができます。一方低地では、ワイルドバンブーカンファーや草などの植物が見つかります。砂岩の森林では、傾斜地で、沢山のあまり高くない木々があります。 低地植物はここにはほとんどありません。それらのほとんどは草になります。なぜならば、不毛の土壌だからです。重要な植物は、オヒルギとツノクサネムです。
水生植物社会
緑青、紅藻、サボテン草属に分類することができ、多くの海草と植物性プランクトンが含まれます。調査により野生動物は次のように分類できます。 :

birds 哺乳類動物, 調査によりカニクイザル、リーフモンキー、シロテテナガザルなど27種類以上が見つかっています。さらに、インドネシア白イルカ、マレーイルカ、スナメリなどの重要な水生哺乳類動物も見つかっています。

鳥類 合計120種類が見つかっており、重要なのはササゴイ、クロサギ、コサギなどです。

爬虫類 サイアミーズハコガメ、オオメハスカイ(Blyth)など合計26種類が見つかっています。

両生類 カニクイガエル、ヌマガエル、シロアゴガエルなど4種類が見つかっています。

魚類 シュモクザメに属するずんぐり頭のハンマーヘッドシャーク、アカエイに属する淡水アカエイ、うつぼ、ふぐなどで構成されており、珊瑚の中には、チョウチョウウオなどのたくさんの種類の魚が生息しており、経済的価値のあるグルクマのような魚もいます。
海洋生物
海洋生物は80種類を越し、魚24種類、えび14種類、カニ15種類、その他の16種類はマンタ、サメ、ゲームフィッシュです。湾名では、青がに、がざみ、トビハゼ、ボタンエビ、アナジャコ、マナガツオ、ジューフィッシュ、舌平目、 いわし、アジ、ロックコッド、同様にレインボーキャトルフィッシュ、ソフトキャトルフィッシュ、マスククラブ、さば、アイゴ、ハタ、黒なまこ、ブレインコーラル、枝珊瑚、最後に花のようなソフトコーラルが生息しています。

アオパンガー国立公園の湾は、プランクトンが豊富で、小さな動植物が水面に浮き、たくさんの種類の食料になっています。大量の数のプランクトンの存在は、水の浅さ、豊富な栄養供給と湾周辺の高い気温に起因しています。 食料資源が高く、深い水域に戻す前に、湾の中で稚魚を育成していくために母親にとって大変よい環境です。
アトラクション
パンイー島
パンイー島 パンイー島は実際、漁村になっており、海に浮くように村が立てられており、ゆえに彼らの家は海水がもっとも高くなるレベルよりも高く立てられています。この村は国立公園の外側にあります。パンイーの人々は、もともと漁師の人々で、 フローティングバッグネットを使用したり、ザルガイや魚の養殖など、浅瀬漁業で生計を立てています。 現在、パンイー島の集落では、旅行者をもてなすことができ、いくつかの建物はレストランと土産屋さんに建て替えられています。
カオピンガン
半分に割れる自然現象から、そのような名前がついています。小さな岩は滑り落ち、その基礎が地下に貼りついており、上部はお互いにまだ寄りかかっています。 山の背景は大変すばらしい景色です。海の中を見ると、コ タプーと呼ばれる海の中の孤独な柱の釘の形をした島を見つけられます。これはアオパンガー国立公園でもっとも素晴らしい見所です。
カオキアン
パンイー島へ行く途中にカオ キアンがあります。海の上にたっている崖の上に、様々な種類の動物が描かれた先史時代以前の壁画があります。芸術局の研究によると、 これらの壁画は3,000年以上昔に描かれたということが分かっています。彼らは、モンスーンを避けるためにこの場所を使った際に、船員が描いたものだと仮定しました。
タムロッドグロット
タムロットはボートが通過可能な巨大な空洞がある、そびえ立つ石灰岩の洞窟です。天井には素晴らしい鍾乳石の岩々があります。穴の向こうには美しいマングローブ林の景色が広がります。 パナック島
カオ マチュ
印象的な岩の形成がパンイー島に行く途中にあります。犬に似ていて、頭、胴体とふさふさとした尾のように見えます。
パナック島
パナック島は、内部に鍾乳洞と石筍の形成があり、同様に何層にも流れる小さな滝がある洞窟がある美しい島です。
アクティビティ-洞窟/地質学ツアー - カヌー - 一番人気のカヤック
パンガー国立公園
ホン島
大小の山々があります。この島へのセーリングはふたつのドアがある大きなホールの中にいるような気分になります。それは、自然の創造力を強力に感じさせるでしょう。
タルーノック島
タルーノック島はもうひとつの別の石灰石の山です。同じく空洞の洞窟を持ち、ボートで通過可能ですが、こちらの方が小さいです。アオパンガー国立公園内のシーカヌーポイントとして有名です。
タプー島とピ(ン)カン島
タプー島とピ(ン)カン島はすべてのツアーボートが必ず訪れ、写真を撮っていく主要な観光地です。タプー島の前面は、ジェームスボンドの映画のワンシーンになっているので、外国人には大変有名です。 パンガー国立公園
ロッドケーヴ
ロッドケーヴは大きな洞窟で、長さ約50メートルあり、タクアトゥン郡にあります。 美しい鍾乳洞と石筍が洞窟の内部にあります。途中では、タイの完全なマングローブ林を見ることができます。
設備
宿泊施設 - キャンプ場/テント :
アオパンガー国立公園には、旅行者用の8つのバンガローがあります。
アオパンガー国立公園には、キャンプ場があり、レンタルテントがあります。
国立公園の入場料200バーツ/人/日

パンガー国立公園 フードサービス-ボート、埠頭 :
アオパンガー国立公園は本部があるラヴァヤイ島に旅行者用のレストランがあります。 バーンにある3つの港から空洞洞窟、カオ キアン、カオ マチュ、パンイー島、カオ タル、カオ ピ(ン)カン、カオ タプーを周遊するボートサービスがあります。1艘12名用は約650-850バーツ、60人用は約2,500-3,500バーツです。

ビジターセンター :
アオパンガー国立公園のビジターセンターと自然教育センターは、ムアン郡パンイー島のタダーン町にあります。マルチメディア機器を含む、約50名までの会議室を完備し、旅行者向けの展示会があります。

その他 :
'泥のトレイル-ビーチネーチャースタディーズ' と呼ばれる約15キロの長さのひとつの道があります。 beach
交通
マイカー利用:
パンガータウンからタクアトゥング郡方面に進み、県庁を通過します。約850キロ地点の後にある三叉路で左折し、約2.5キロです。
飛行機利用:
バンコクからプーケット国際空港まで約1時間15分、その後車で61キロ、約45キロでパンガータウンに到着します。その後パンガー - タダーンルートのミニバスに乗り換え約9キロ、タダーンの300メートル手前にあります。
ボート利用:
ボートをレンタルするか、ツアーエージェントにお問い合わせください。
鉄道利用:
バンコクのフアランポーン駅からスラタニ駅まで鉄道を利用します。その後、車で約160キロ(3時間)でパンガータウンです。
バス利用:
バンコクからパンガーまでエアコンバス441バーツ、VIP685バーツを利用し、パンガーまで850キロです。そして、パンガーバスセンターからパンガー-タダーンルートのミニバスに乗って9キロ、一人20バーツです。

情報源&問合せ先
Ao Phang-nga National Park
80, Mu 1, Ban Tha Dan, Ko Panyi Sub-district, Amphur Muang Phang Nga Phangnga Thailand 82000
Tel. 0 7641 1136, 0 7641 2188 Fax 0 7641 3791 E-mail reserve@dnp.go.th

 

larger text smaller

タイの時刻 02:57 (GMT+7)