パタヤ
パタヤの歴史
パタヤ 50年前のパタヤは北隣にナークルア、南にラヨーンがある小さな目立たない漁村でした。 唯一の名声は、13世紀にナライ王がビルマからの侵略者を追い払うキャンペーンを行った際の戦闘部隊の休息の場となったことです。一晩の野営から、パタヤの名前が発祥しました。 その後ベトナム戦争が起こり、無害の外国人兵の流入がありました。タイは地域におけるアメリカ兵の努力を支持し、基地と、何千もの若いアメリカ兵のための休息とレクレーションを供給しました。 勇敢な兵士がバンコクから悪路を突き進み、パタヤの透明な海、すばらしいダイビングを楽しむアドベンチャー精神を持つ人に任期になっていき、 1959年の6月29日に4-5台のトラックがアメリカ人兵士を乗せて、ナコンラチャシマのベースからやってきました。パタヤ到着時、彼らはパタヤビーチの南端の現在は"Strip"として有名なPhraya Sunthornに属する家を借りました。 海兵隊は約1週間滞在し、ベースに戻っていきました。友好的な居住者とすばらしい時間を過ごしたと彼らは広めました。新しい海兵隊のチームが定期的に村に到着し、村人たちは彼らのあらゆるニーズに応えました。 これがパタヤがツーリストリゾートして誕生したはじめになります。

パタヤは引き続きタイ人と外国人旅行者の慮方に人気のある場所として成長していきました。地方政府は行政に対処することができませんでした。ナクルアを含む行政とインフラは1976年に行われ、 1978年に政府はパタヤシティー法を公布し、ナクルアとパタヤをまとめて第五地方行政自治体としました。これにてパタヤシティが誕生し、観光客が急成長し、周囲の工業団地から住民の流入を増加させ、今日まで発展を続けてきました。
パタヤの面白さ
パタヤは現在ビーチリゾートの楽しみを統合し、都会的なダイビング、ショッピング、ナイトエンターティメント施設があり、300を越えるホテルリゾート、1000を超えるショップ、レストラン、バーが立ち並んでいます。 さらにビーチ、ゴルフコース、テニスコート、ゴーカート、ジム、ウエイトリフティングやタイボクシングなどさまざまなスポーツやレクレーション活動ができます。

パタヤには数多くのすべき事がそろっています。エレファントライドを楽しんだり、スクーターや大型バイク、オープンエアーのカラフルなジープでドライブを楽しんだりできます。 また実弾射撃やダイビング、サーフィン、ディープシーフィッシングやスピードボート、ウォータースクーターやウォータースキー、パラセイリングやグライダー系のエア路スポーツもあります。 一方夜は、レストラン、バー、映画館、オカマショー、ナイトクラブ、ボーリング、ビリヤード&巣ぬーカークラブ、ディスコ、サウナ、マッサージなど都会に負けないすばらしい買物や体験ができ、昼も夜もノンストップで遊ぶことができます。
主なイベント
ワンライフェスティバル
4月がくるとタイは灼熱の暑さになります。年を召した人々はソンクラーンフェスティバルで体をクールダウンし、タイのお正月をお祝いします。 タイ中部地方ではお祭りは一般的に4月13.14.15日に行われ、東部は若干異なり水掛は16か17日または18日か19日に行われ、“ワンライ” (Flowing Day)として有名です。

パタヤシティでは4月19日にワンライフェスティバルを毎年行い、目上の人へ水を注いだり、行列や水掛などが行われ、タイ人、外国人ともに楽しい一時です。
パタヤフェスティバル
チョンブリバッファローレース 通常4月中旬にパタヤの観光と評判を促進するために行われます。花車の行列が行われます。ミスパタヤコンテストや伝統的な水上スポーツの競技会が行われ、砂の城が作成されます。 ビーチではすばらしい花火大会が行われ、爆竹も用意されます。同時に芸術と文化講演が行われ、土産物の販売が行われます。
チョンブリバッファローレース
毎年10月にチョンブリで行われます。水牛はタイの農家の柱の一つを担っていますが、この毎年恒例のイベントは、バッファローレースやバッファローと人の戦いなど畑を耕すよりも娯楽的なものになっています。 ビューティーコンテストは祭りに花を添え、近くのシーサイドリゾートからの観客が集まります。

旅行者天国のパタヤ
旅行者天国のパタヤ パタヤは、バンコクの南東約170キロの、タイ湾の東海岸の美しい湾に沿って位置しています。1960年代の漁村から東南アジアの好まれる旅行地の中心に急速に成長しました。 浜辺でリラックスできるエキゾチックなビーチバケーションに魅了されて、世界中から旅行者やホリデーメーカー達が続々とやってきています。

自然環境が観光客を誘致するマグネットとして使用されている他のビーチリゾートとは異なり、パタヤはベストなものをすべてここで提供できます。 すべてとは、旅行者が休暇の間に思い描くことすべてです。たとえば、レクリエーション、エンターテイメント、スポーツ、観光などです。 簡単に言うと、パタヤは誰にとっても楽園であり、いかなるタイプのビジターにも必ず見合うさまざまな見所があります。ここはあなたの一日を朝から晩まで満たすことができ、 終わることのないアクティビティがあり、活発に活動することものんびりと何もせずにリラックスすることも両方ともが可能です。
過去
パタヤ過去 パタヤの名前はプラヤターク(後に有名になるタクシン大王)の行列を起源としており、1767年にアユタヤ王朝がビルマの侵略に没落する直前に彼の信奉者がアユタヤからチャンタブリにやってきました。

プラヤタークの軍隊が現在のパタヤ近くに到着した際、横取りしようとしたナイクロムの軍隊に遭遇しました。二人のリーダーが顔を合わせた際にナイクロムはプラヤタークの堂々 とした態度と軍隊の厳格な規則に畏敬の念を表しました。これにより戦わずに降伏しています。二組の軍隊がお互いに出会った場所は後にテーププラヤと呼ばれ、プラヤの軍隊を意味します。 これは後にパッタヤー(Phatthaya)に変更され、雨期のはじまりは風が南西から北東に吹くことを意味します。今日、パタヤのスペルはシンプルにPattayaになります。
現在
パタヤ現在 パタヤは現在ビーチリゾートの楽しみを統合し、都会的なダイビング、ショッピング、ナイトエンターティメント施設があり、300を越えるホテルリゾート、1000を超えるショップ、レストラン、バーが立ち並んでいます。 さらにビーチ、ゴルフコース、テニスコート、ゴーカート、ジム、ウエイトリフティングやタイボクシングなどさまざまなスポーツやレクレーション活動ができます。パタヤには数多くのすべき事がそろっています。 エレファントライドを楽しんだり、スクーターや大型バイク、オープンエアーのカラフルなジープでドライブを楽しんだりできます。また実弾射撃やダイビング、 サーフィン、ディープシーフィッシングやスピードボート、ウォータースクーターやウォータースキー、パラセイリングやグライダー系のエア路スポーツもあります。一方夜は、レストラン、バー、映画館、オカマショー、 ナイトクラブ、ボーリング、ビリヤード&巣ぬーカークラブ、ディスコ、サウナ、マッサージなど都会に負けないすばらしい買物や体験ができ、昼も夜もノンストップで遊ぶことができます。
パタヤの現状
パタヤの現状 このエキゾチックなビーチリゾートは年間約500万人のビジターを迎えます。フレンドリーで親切なタイ人気質はそのプロモーションを向上させ、リピーターが急速に増え、定期的に新規参入者の数を増やしています。

パタヤシティは国の東部海岸にあり、チョンブリ県の北緯13度、東経101度にあります。バンコクから147キロで、スクンビットロードと平行に東から西に海岸線があります。 パタヤの面積は208.1平方キロメートル、陸地は53.44平方キロメートル、島と海で154.66平方キロメートルあります。海岸線は15キロの長さです。

パタヤは南にいくつかの高い山がある平野です。東側の傾斜から西の海へ低くなっています。
行政
パタヤシティは1978年以来特別な行政システムを実施しています。それは自治体に匹敵するステータスを持ち、パタヤシティの市長とは別にマネージメントを任され、政策、公共サービスの編成とパタヤシティの全職員の監督の責任を持ちます。

 

larger text smaller

タイの時刻 08:56 (GMT+7)