パタヤアトラクション
下記はパタヤ、パタヤ周辺の見所の概要です。
アンプーサタヒップ
ヤン サンワララーム寺院
王室守護の寺院になり、タイのパタヤ市街から南に15キロで、スクンビットハイウェイの160キロ地点を左折します。この寺院は1976年に最高総主教であるSomdej Phra Yanasangwornに捧げられ、 後に国王の丁重な後援により認められました。敷地には mondop と呼ばれる四角い屋根の宗教的建物があり、仏陀の足型のレプリカが安置されており、大きな仏塔には、仏陀と仏陀の弟子の異物が納められています。 またスイスのような数カ国を代表する国際的なパビリオンが点在しています。Vihan Sianもあり絶妙な中華建造物もあります。
ノンヌットトロピカルガーデン
ここは自然に囲まれたすばらしい観光地です。ノンノーチビレッジオーキッズアンドガーデンズには花が咲き乱れている植物、マンゴー、ランやその他の種類の植物があります。タイスタイルのチークウッドハウスはレンタルが可能です。 また動物園とタイカルチャーセンターがあり、タイの舞台芸術、民族スポーツや象のパフォーマンスを見ることができます。ショーは毎日10時15分と15時からです。トロピカルガーデンの手前3.5キロのところにあります。

詳細に関してはセントラルパタヤ通りのパタヤオフィスTel: (038) 429321, 422958または、バンコクオフィスTel: 252-1768までお問い合わせください。
バンサレー
パタヤ市街から約16キロのところにある漁村で、スクンビットハイウェイの165キロ地点で左折し、2キロ進みます。バンサレーの南端に推進のある湾があり、釣り、特にコーラルフィッシュの釣りに向いています。 北部に向かって遊泳に適した美しいビーチのある公園があります。釣りや珊瑚を見るためのダイビング用のボートを借りることができます。多くのおいしいレストランがあります。リラックスできてボートが借りられる行楽地として人気があります。
ヤン サンワララーム寺院 ノンヌットトロピカルガーデン バンサレー
サメサンビレッジ
サタヒップータールアサタヒップルートにある小さな漁村で、サタヒップ港に到着する前に左折します。透き通った水の小さなビーチがあります。宿泊も可能です。サメサンはダイビングや釣りにも適しています。 いくつかの島々がこのエリアに点在しており、サメサン島、レート島、チュアン島とチャン島はタイ国海軍が監視しています。日中の観光は許可されていますが、夜を越すことは許可されていません。
アンプームアンチョンブリ
アンシラ
チョンブリから約5キロのところにある漁村です。アンシラはかつてもっとも古いシーサイドリゾートのひとつでした。村は家内工業が有名で、石のモルタル、象、馬、トラなどの動物の彫刻などを作成しています。 アンシラはたくさんのおいしいシーフードレストランがあります。ビーチでは村人が新鮮な牡蠣を販売しています。旅行者向けの手工芸品もさまざまなものがあります。
サメサンビレッジ アンシラ 
カオサンムック
アンシラとバンセーンビーチの間の小さな丘で、アンシラからサンムックヒルに上がるビーチサイドロード沿いにあります。海が見渡せるがけは、愛し合う二人が永遠の愛を誓い身を投げたという悲劇的な伝説があり、観光名所になっています。 サンムックヒルエリアは野生ザルが多く住み着いており、美しいサボテン園もあります。
海洋科学研究所
ブラパ大学の構内にあります。日本政府からの資金援助により、水族館と海水生物博物館を発展させました。この研究所の目的は、海洋科学博物館、海洋動物飼育センターと海洋研究所の3つからなり、海洋科学の研究の中心になることです。

開館日と時間は下記の通りです。 平日8:30-16:00、祝日8:30-17:00.(月曜休館) 詳細は電話(038)391671-3までお問い合わせください。
ノンモン市場
チョンブリのローカルハンディクラフトとみやげ物が有名な市場で、バンセーンに通じる交差点から約1キロのところです。よく知られている産物は、いろいろな種類の海鮮干物、カオランと呼ばれるもち米を竹に入れて焼いたもの、 ホーモックというスパイシーな魚のすり身を蒸したもの、ホイジョーというえびのすり身の揚げ物、甘いバナナやタロイモチップとドライフルーツです。
カオサンムック 海洋科学研究所 ノンモン市場
アンプーパナットニコム
バスケットウェアービレッジ
バスケットウェアービレッジ タンボーンライラックトーンのムー1から11にありますが、ムー10のKo Kaeo Khiong Luang寺院の周辺にあります。パナットニコム-チャチョンサオ道路沿いから約4キロです。 竹は、女性用ハンドバッグ、バスケット、ビンロウセットのようなものに織り込まれており、さまざまな色やデザインがあります。これらはデイリーマーケット((Talat Kao)の後方の屋台で購入できます。
アンプーシラチャ
コ ロイ シラチャ
シラチャ市場の北のテーサバンロードにあります。コ ロイはシラチャビーチに近い小さな島で、本土から橋が架かっています。島には後援と海がめガーデンが1エーカーの緑豊かな敷地にあります、南側の小さな丘には寺院があります。 島は自然環境の中でリラックスしたい人に最高の場所で、潮風とすばらしい景色が楽しめます。シーチャン島への桟橋もあります。
カオケーオオープンズー
カオケーオオープンズー タンボンバンプラにあります。動物園へ行くにはふたつの方法があり、ひとつはスクンビットからバンプラ貯水池ルートに従い、バンプラゴルフコースを通過し、19キロ進みます。2つ目は、ハイウェイ36(チョンブリーパタヤーラヨーン)に乗り、 標識に従います。オープンズーはバンコクのドゥシット動物園局((Khao Din Wana)が管理しており、鹿、闘牛、サル、テナガザル、カバ、クマ、カンガルー、ゾウやクジャクなどが飼育されています。ビジターは見て回って観察することができます。 大きな鳥小屋があり、何百というさまざまな鳥がいます。動物園は毎日8:00-18;00まで営業しています。詳細は(038) 298187-8までお問い合わせください。
シラチャタイガーズー アンド リゾート
336 Mu 6, Tambon Surasak, Si Racha Districtにあります。スクンビットハイウェイからシラチャ郡に曲がり、Assurnplion Si Racha学校を通貨して、約7.5キロ、またはハイウェイ36の21キロ地点で左折しに成功しています。 またワニ、ダチョウ、ひとこぶラクダ、カンガルーなどのさまざまな動物が数多く飼育されており、エキゾチックな鳥が鳥小屋にいます。

営業時間は毎日9:00-18:00。詳細は(038) 296556-8までお問い合わせください。
チャンターテーンの滝
チャンターテーンの滝 カオケーオオープンズーへいく道と同じ道をとおり、カオマイデーン寺の入り口で右折します。アスファルト道路を7キロ進んだところに滝への道が表示されています。駐車場は入口のところにあり、両側を緑に囲まれた遊歩道が滝まで2キロあります。

この滝は5層の高さがあり、約1キロほど流れます。2本の遊歩道があり、一つ目は滝に沿っていくか、さまざまなレベルの岩に沿っていくかになり、滝を間近で見たいと思うビジターに大変人気のある遊歩道です。 訪れるのに良い時期は雨季が終わった後で乾季は水の量が非常に少なくなり、岩を登ったり降りたりできます。この滝はカオケーオ-カオチョンプルーイ野生生物保護地区とカオケーオ自然と野生動物研究ステーションの監視下にあります。 ステーションには自然と野生動物について感心があり学びたい若者へのキャンプを提供できます。

自然保護のユースキャンプに関心のある方は。ステーションシェフまで書面でお問い合わせください。P.O. Box 10, Tambon Bang Phra, Amphoe Si Racha, Chonburi 20210
シーチャン島
シーチャン島 シラチャ沿岸から約12キロ沖合いの海の真ん中にある大きな島です。ビジターを魅了することは、美しい自然環境、静かな雰囲気と気持ちがいい空気です。島でのサイクリングは、道路は狭く、 幅1メートルを超えるぐらいの道路でバイクが通れるぐらいの幅しかありません。中国のパビリオンは龍や孔雀のモチーフが書かれた古代のパビリオンです。パビリオンはラマ5世が島を訪れた際の一時的な宿泊場所として使われました。
チャクラポーンケーブ
中華パビリオンのちかくにあります。洞窟の内部に仏陀像が納められています。丘の頂上まで登れるダクトがあり、島のすばらしい景色が堪能できます。
チョンカオカット
島の南西側にあります。村人はこの地域を島の"rear end"後方と呼んでいます。白砂のビーチがあります。
チャオポカオヤイケーブ
テワウォンピアの近くにある丘です。大きな建造物は、中華デザインです。洞窟の内部はHeng Jia、Kuan Im神社とSakajayana寺院のような中国の神様に捧げられたモニュメントがあります。
旧宮殿跡
海のそばの緑豊かなばしょにあります。ラマ5世時代に建築され、かつては王子や王女の病気静養のためのホスピスとして使われたことがあります。いくつかある池はいまだによい状態で保たれているのが分かります。 これらの池はAtsadang とPhirphlenのような美しい名前がつけられています。またラマ5世の命令で建築したふたつの寺院もあります。ヨーロッパスタイルのホールと仏塔のあるAtsadang Nimit寺院は丘の頂上にあり、 Chuthathip Rajathammasupha寺院は島の北部のBhanuransi村にあります。

シーチャン島の観光名所はそれぞれ少し離れています。便利なのはピアでバイクをレンタルして、周る事です。島全体を回るには1時間以上必要です。バイクのレンタル代は250バーツ程度ですが、交渉によります。

シーチャン島へはシラチャからフェリーボートの運航が毎日あります。午前7時から午後7時まで2時間に1本あります。フェリーはロイシラチャ島またはシラチャ市内のChoem Chomphonピア(Tha Charin)から出港し、運賃は20バーツです。

 

larger text smaller

タイの時刻 02:56 (GMT+7)