ピピ島
タイ クラビ県 ピピ島
ピピ島 ムーコピピ国立公園
二つの主要な島のピピドン島とピピレイ島を含む6つの島で構成された多島海です。島のすばらしい景色の中には、すばらしいビーチとエメラルドの海に囲まれた切り立った崖の高い丘、 さんご礁やカラフルな水生生物の隠れる水中があります。下記に挙げた場所はムーコピピの訪れるべき場所です。 面積28キロ平方メートルの島で、長さ8キロ、最も広いところで、幅3.5キロです。北端はレムトーン岬でチャオレーことシージプシーの村です。ここのシージプシーはマレーシア国境近くのタルタオ国立公園内にあるリペ島から移住してきました。 レムトーンでのダイビングは最南端にフアラーケットもあるので、すばらしいです。岩の散らばる長いビーチがあります。二つの湾曲した湾のトンサイとローダラムは特に美しいです。ここには、宿泊施設とツリーストサービスもあります。 しかしながら、このエリアはパーティーエリアになっており、早朝まで沢山のバーが大きな音で音楽を流しています。 静かな休暇を求めている方には、ロングテールボートや丘を越えるジャングルウォークでしかたどり着けないほかのビーチに行くことをお奨めします。 面積6.6キロ平方メートルの島で、3キロの長さと1キロの幅があります。島は完璧な石灰岩で、海から伸びる急な崖が非常に近くで取り囲んでいます。周辺の水深は約20メートルあり、 島の南端のもっとも水深の深い場所は34メートルに届きます。ピピレイにはピレー、マヤ、ロサマなどの美しい湾がいくつかあり、ピレー湾は大変近くで島の崖の石灰石の壁に囲まれており、内海のようです。 ピピレイの北東には有名なバイキングケーブがあり、1972年にラマ9世が訪れた際に特別な巨岩の形が仏教の伝説にある偉大な蛇の頭の形のナーガに似ていることから、タムプヤナックと改名されました。 Koh PhiPhi Le

中華料理の珍味のツバメの巣のスープを作るのに使うツバメの巣を取る場所として地元の人に崇拝されている場所でもあります。洞窟の東側と南側の壁には有史時代から描かれたカラフルな壁画があります。 象の絵、ヨーロッパ、アラブ、中国のセイリングボート、バラック式、モーターボート、蒸気船などのさまざまな船の絵が描かれています。海賊が、西から東への旅で一時洞窟に避難し、季節風を避け、貨物を転送し、修理を行ったことが理論づけされています。 ピピドンの北部に位置しており、ユン島からも遠くありません。砂浜のビーチは島の北部と東部にあります。広いサンゴ礁は南に伸びています。 ピピドン島の北側に位置しています。東側は岩場のビーチがあり、小さな砂の鎖で丘に繋がります。多くの種類の美しい珊瑚が沢山あります。 ピピ島はクラビまたはプーケットからボートでたどり着くことが出来ます。クラビ市街からはチャオファピアから毎日運行されています。ボートチケットはピアまたは街中の旅行会社で手配可能です。 所要時間約2時間半です。アオナンからピピ島への定期船はハイシーズンのみ運航しています。
Zeavola Phi Phi Natural Resort PP Erawan Palms Resort Phi Phi Island Village Beach Resort & Spa ピピ島地図
Phi Phi Viewpoint Resort Phi Phi Banyan Villa Phi Phi Hotel Phi Phi Island Cabana Hotel Bay View Resort Araya Buri Resort Phi Phi Relax Beach Resort ピピ島地図

Koh PhiPhi Le
Koh PhiPhi Le



タイの時刻 03:42 (GMT+7)