クラビ
クラビ はタイ南部のアンダマン海沿岸にあり、国内で最も古い継続的集落の歴史があると考えられています。石器時代の後、 古代のカラー写真、ビーズや陶器、白骨化した遺体が県内の多くの崖や洞窟で発見されており、クラビは紀元前25000-35000年のホモサピエンスの発祥地として考えられています。 人々に広く読み書きが伝わる前、基本がサルだった時代に、”バン タイ サモー“と呼ばれていたと記録されています。 紀元1200年にはクラビはリゴール王国に属しており、今日は、ナコンシータマラートとして有名なクラ地峡の東海岸にある町になります。

アオナン 約200年前のラタナコーシン時代の初め、最終的にバンコクが首都と定められた時に、それまでタイ王国の一部であったナコンシータマラート政府役人のチャオプラヤナコン(ノイ)の命令によりクラビに設立されました。 彼は彼の高官を“プラパラッド”に送り、大きな町の象に定期的な供給を確保するよう作業を監視させました。多くの従事者がプラパラッドの近隣に移住し、パカサイ、 クロンポンとパクラオの3つの異なる自治区の大きなコミュニティーがすぐにできあがりました。1872年チュラロンコーン大王はこれらの自治区を町に引き上げ、昔の基準の猿を象徴するクラビと名づけられました。 町の最初の統治者はルアンテープセナで、ナコンシータマラートとの属国関係をしばらく続けました。これは1875年に変化し、クラビはタイ政府の古いシステムの4番目のレベルの町に引上げられました。 管理者はバンコクの中央政府に直接報告でき、クラビの歴史は独特な他の県からの分離、統一から始まっています。

現在の治世中に軍隊、承認、クラビと近隣県の一般人が国王陛下への贈物としてレムハンノック岬に王室の住居を建設しています。ここはアンダマン海沿岸のクラビタウンから30キロ西に進んだところにあります。
行政
クラビは下記の8つの行政地区に分かれます。 アンプームアン(クラビタウン)、カオパノム、クロントム、パイパラヤ、ランタ島、アオルーク、ラムタップとヌアクロンです。
● 面積、位置、境界
クラビはタイのアンダマン海南西海岸に位置しており、北緯7' 30"から8' 30"、西経98' 30"から 99' 30です。面積は4,709キロ平方メートルです。境界は下記のようになります。

アオナン 北部 - パンガー県とスラタニ県に隣接
- トラン県とアンダマン海に隣接
- トラン県とナコンシータマラート県に隣接
西 - パンガー県とアンダマン海に隣接
● クラビからの距離
県 (km) 地区 (km)
パンガー 86 アオルーク 43
プーケット 176 パイパラヤ 66
トラン 131 カオパノム 39
パッタルン 193 クロントム 42
スラタニ 211 ランタ島 45
ナコンシータマラート 233 ラムタップ 67
サトゥーン 279 ヌアクロン 17








トンサイベイ
地理
クラビの山岳自然地理学は、本土の高地と平原により壊されています。県はアンダマン海にある130以上の島々も管轄しています。自然林は主にマングローブとカシアの木に覆われています。 クラビの砂質粘土土壌の条件は、ゴムの木、ヤシ、マンゴー、ココナッツ、コーヒーを含む様々な農産物に最適です。クラビ川は市街地を5キロ流れ、パクナム村でアンダマンに流れ出ます。 他にも同様のクロンパカサイ、クロンクラビヤイとクロンクラビノイの流れがあり、県内最高峰の山脈はカオパノムベンチャになります。
気候
クラビは典型的な熱帯モンスーン気候になりふたつの季節があります。1月から4月の暑季と5月から12月の雨季です。モンスーン風は季節により変化し、南東、南西、北東から吹付けます。 気温は16.9℃から37.3℃の間で、年間の平均降水量は2,568.5ミリです。
チャオレーボートフェスティバル ● アンダマンシーフェスティバル
この祭りは11月に行われ、クラビの観光シーズンの幕開けを祝います。ウォータースポーツ競技会、文化的なショーと陽気で楽しい催しが予定されています。
● チャオレーボートフェスティバル
第六および第11太陰月の満月の夜にランタ島で行われます。サラダン村近くのビーチに集まり、シージプシー事チャオレーが行う宗教的儀式です。ボートの周りはロンンゲンという有名なダンスを踊り、船を流します。 行事は歌とダンスが特徴です。このお祭りの理由は、参加者に繁栄と幸福をもたらすことです。



タイの時刻 09:54 (GMT+7)