クラビアトラクション

クラビの見所
カオパノムベンチャ国立公園 (Kao Phanom Bencha National Park)
クラビタウンから約20キロ、タラートカオ-バンフェィトォ道路にあります。公園の面積は50.12平方キロメートルあり、カオパノム、ムアンとアオルーク郡の一部をカバーしています。 ごつごつした丘と谷と原生林でほぼ構成されています。沢山の面白い場所があります。 公園事務所から1.2キロの崖を流れる泉です。 公園事務所から3キロのところにある、さまざまな形の鍾乳洞と石筍がある五つの洞窟です。仏塔、きのこ、カーテンなどに似ているものなどさまざまです。洞窟の壁は白く輝き、目がくらむほどの美しさです。 近くに宿泊施設と旅行者向けサービスがあります。予約はカオパノムベンチャ国立公園オフィス Amphoe Muang, Krabi 81000にお問い合わせください。 この500メートルの滝の起源は、クラビでもっとも高い山のテープブンチャ山です。カオパノム役場から約10キロのところにあります。 この滝はクロンヘンの滝と同様にカオパノムベンチャ山に起源しますが、滝は高くありません。カオパノム役場から16キロです。
ワットクロントム博物館 (Wat Khlong Thom Museum)
ここは発掘調査により見つかった、500年以上も前の石器、青銅実装、金属のコイン、陶器の破片、磁器と石で装飾された芸術品、色つきビーズを展示しています。博物館はクロントムタイ町のクロントム寺の敷地内にあります。クロントム役場から1キロです。 3段階に分かれた高さ800メートルの滝はクロントム役場から25キロ離れたクロンポン町のバンヒンペーンにあります。このエリアは森林があり、木陰になっています。 タイ南部で低地にある数少ない森林です。自然遊歩道はプラバンクラムの狩猟制限地区内のカオノージュジ公園事務所に着く約800メートル前から始まります。 非常に大きな古代の木々が含まれる原生林と現在発展し成長している過程にある第二森林の両方を通過します。遊歩道は石灰石の丘陵地を登っていき、 素晴らしく透明で美しいプールを通り越します。その後、公園事務所に戻る前に広々とした開放的なエリアに入ります。低地の森林にいるさまざまな種類の沢山の動物や植物は非常に貴重で、 中には絶滅の危機に面しているものもあります。特に注目すべきなのは、ヤイロチョウ科のPitta Gurney bird、タイ語でノック テーオ レーオ トンダムは長い間絶滅したと考えられていましたが、最近、トゥンティアオに生息しているのを再発見されました。 クロントムヌア町のクロントム役場から12キロのところにあります。このエリアは森林で覆われ、木陰になります。温泉は近隣のほかの所よりも熱いです。 この島では沢山のカラフルな南国情緒あふれる種類の鳥を見つけることができます。島はボームアンビーチから2キロです。
ジャム島/ポー島(Jam Island or Poo Island)
人口の多くをムスリムが占める島はクラビで独自の小地区をつくっています。ほとんどの人が漁業、ゴム農園と織物の地元の手工芸に従事しています。 ここ最近、クラビ県はパトォ コポー織物と呼ばれる布が大変有名になっています。安定したお天気の乾季のあいだは、クラビタウンのジャオファピアからボートに乗ることができます。 雨季のときは、ヌアクロン郡のレムクルアドピアから船に乗ります。宿泊できるビーチバンガローがあります。 ジャム島の近くにあり、漁師やゴム農園に従事したムスリムの人々が多く住んでいます。雰囲気は静かで快適で、急ぐ必要のないのんびりとした休日に最適です。 ビーチバンガローがあります。安定したお天気の乾季のあいだは、クラビタウンのジャオファピアからボートに乗ることができます。雨季のときは、ヌアクロン郡のレムクルアドピアから船に乗ります。宿泊できるビーチバンガローがあります。



タイの時刻 03:44 (GMT+7)