クラビアトラクション

クラビの見所
カオカナプナーム(Khao Khanap Nam)
このふたつの丘は、およそ100メートルの高さがあり、丘の間をクラビ川が側壁をつたい、独特な風景を作り出しており、町の最も有名なランドマークです。 ここを訪れるにはチャオファピアからロングテールボートに乗り、所要時間15分です。そして鍾乳洞と石筍のある洞窟まで続いている階段をあがります。 多数の人間の骸骨がここで見つかっています。人々がカナブナームに入植し、住居を建てた人々が、侵食によって切断され、早急に滅びていったと理論付けされています。 クラビタウンから9キロ離れたクラビノイ町のタムスア村にあります。タムスワとはトラの洞窟を意味し、かつて特別大きなトラがここに生息していたという事が名前の由来です。 アオルークタヌ山脈の麓にあり、カオケーオとも呼ばれています。洞窟内部にはトラの足型に似た天然の岩があります。外はキリウォホン山脈に包まれて何百年も生きているすばらしい木々のある森林が僧院を囲んでいます。 最も良く知られているのは、コ タン(天空の音楽家)、ロッド(浸透)、チャンケーオ(クリスタル象)、ルークタヌ(矢)とプラ(僧侶)です。僧院とは別にこのエリアは特に考古学においても興味深いという側面があります。 数多くの石器と陶器の破片、未燃焼の粘土の聖なる仏陀像が発見され、先史時代のものと鑑定されています。 ハットノッパラタラ-ムーコ ピピ 国立公園 ここはノンタレー町、サイタレー町、アオナン町とパクナム町に横たわっています。多くの面白い見所があります。: 過去の時代のテー地区の村民は、この3キロの長さのビーチをハットクロンヘンと呼びました。意味は枯れた川のビーチです。なぜならば、引き潮の時は北部の山からの流れがほとんど消えるため、 ビーチに海岸はなく、カオパククロン島への方向に伸びています。ビーチの近くには旅行者に宿泊を提供できるところが多くあります。 詳細、その他の情報に関しては、ノッパラタラビーチ国立公園に記載しています。 事前に森林局で予約をしておく必要があります。バンコクTel. (02) 5790529 またはハットノッパラタラビーチ国立公園事務所, P.O.Box 23, Amphoe Muang, Krabi 81000, Tel. (075) 6347436. この洞窟はサイタイ町のクラビタウンから7キロのところにあり、可愛らしい鍾乳洞と石筍があります。ここは1909年にラマ6世が王位を継承する前に訪問しました。以来、地元の人々にはタムサデットと呼ばれ、王室の旅の意味を持ちます。 レムポー村の貝の墓場はかつて大きな淡水の湿地帯で、カタツムリの生息地でした。 長い年月をかけて第三紀にさかのぼります。約4000年前に、カタツムリが生息し、何百というカタツムリが消滅しました。まだ生存している時に層を形成し、死んだカタツムリが広がりました。 最終的に天候の変化は湿地を消失させました。しかし、それまでのカタツムリの化石の層は薄さ40センチ、残りの下部の亜炭は10センチです。地学変動により、 この化石をたくさん含む石灰石は現在レムポーの海岸に印象的な大きさの立派に壊れた岩床が散乱しています。 大小8つの泉があり、クリスタルのような透明なため、クリスタルスプリングスと名づけられました。カオトン町のクラビーナイサ道路にあり、それぞれ名前がついています。 ナームロッド(浸透水)、チェーンカオ(谷)、チョラケーカオ(白いワニ)、ナームチップ(天空の水)、ナームクラーム(藍色の水)、モラコット(エメラルド)、フンケーオ(吼えている鹿)とノイ(小さい)になります。 美しさと同時に石灰石の山々は大変奇妙に見えます。ライレイ、タムプラナンとナームマオは有名なビーチです。このどれにも道路からたどり着けるところはありません。けれども、 定期船がアオナンのアクセスのよい桟橋からこれらの島へ出ています。その他の島々のカイ島、タップ島、モー島とパダー島も同様に訪れるべき島です。きれいな砂浜、透明な水、 豊富なカラフルな魚の群れは、ダイビングやスノーケル、遊泳に最適です。これらの島々へのボートはアオナンから乗れます。
ライレイ は二つのビーチからなり、ライレイ西とライレイ東があります。西は美しいビーチですが、アオナンからの船がここに到着するため、混雑しています。 アオナンからのボートは所要時間15-20分です。干潮または荒れた海の時はボートをビーチにつけることができないので、水の中を歩いてビーチまで行くことになります。 ライレイ東はビーチがなく、マングローブ林の湿地があり、遊泳には適しません。もしアオナンからライレイ西に到着したら、荷物をライレイ東まで運ばなければいけません。ホテルの位置や自分の体力にもよりますが、 おおよそ15-30分かかります。クラビタウンの茶オファーピアから船に乗船したほうが楽で、40分ほどかかります。またはアオナマオピアからボートで15分です。

備考: ライレイビーチは現在たくさんのリゾートとホテル、レストランとバーがあるビーチリゾートへ発展しています。
- ライレイビーチは桟橋がありません。ですので、干潮時は宿泊施設まで海の中を歩いてたどり着かなくてはいけません。
この滝はカオパノム山地から流れる11段階の滝と泉があります。シートラン-プラチャーウティト道路のタッププリック町のタッププリック村、カオパノム山地にあります。 各段階に自然の透明度の滝つぼがあり、直径4-5メートルです。このプールは名前があり、もっとも有名なのは、ワン テワダ(天使の)、ワンソック(年の)と、ワンジャーン(皿)です。 名前の由来はマレー語からきており、基はPulao Pi ah Piとなり、Pulaoはマレー語で島を意味し、piはpの音を半分のみ発音し、英単語のbe に大変近い発音になります。 Ah は最終的に削除され、Bi Bi のように発音されます。その後Pは強く発音されるようになり、今日私たちが知っているPi Piの名前になりました。(一般的に h が書かれますが、 発音されない文字になります。)名前はここで見つかったマングローブの木を指します。ピピドン、ピピレイ、ブッダノック、ブッダヤイ、ユアンとパイの合計35平方キロメートルの6つの島々のグループになります。1983年に国立公園に制定されました。 (詳細) タンボッコラニ国立公園(Than Bokkhorani National Park)
アオルークタイ町にあり、37.5ライ(約18750坪)をカバーしています。アオルークサック道路のアオルークヌアマーケット交差点から1キロです。 魅力的なプールの周辺にあるたくさんの様々な種類の木々によって木陰と森林ができており、後にサー ボッコラニと名づけられました。植物種には野生のクチナシ、 アソカの木とキョウチクトウを含みます。サーボッコラニは山を通り越す風が吹きます。プールの北端は木に彫られた仏陀の足型がジャオポートゥユアン-トゥチョンの聖なる小さな寺院の横にあります。 水とマングローブ林に囲まれ、山にたくさんの洞穴がある大きな洞窟です。昔大きな骸骨の幽霊が洞窟に住み着いていたとされており、タイ語のピーフアトォの意味は大きな頭の幽霊を現し、ここから名前が付けられました。 また興味をそそるものは、壁を装飾している先史時代に描かれた色つきの人、動物、さまざまな手足と内臓の絵です。もう片方の頂上にある無数の貝の数はもうひとつのこの洞窟の特徴です。ピーフアトォまではボートーピアからフェリーに乗ります。 タムプラはカオ プラ スン ヤーターラムメディテーションセンターにあります。アオルーク役場から2キロの距離です。洞窟の内部には素晴らしい古代の仏像彫刻があります。 ここには後になってすぐ横に安置された同じ大きさの2体の仏像があります。台座は小さな木製の彫刻で囲まれています。 アオルークヌア市場の交差点から3キロの所にあります。洞窟の正面には仏像があり、洞窟の石の壁に光が反射するとダイヤモンドのようなまばゆい美しさがあります。 よって、名前のペットはタイ語でダイヤモンドを意味します。この洞窟を訪れるには、タンボッコラニ国立公園からのガイドを手配し、必ず懐中電灯又は松明を持っていくようにしてください。 クロン タ プラーンの運河近くのアオルーク-レムサック道路にある役場から2キロのところにあります。ふたつの洞窟があり、 *タムロッドヌア:美しい洞窟は風をまるでエルボーのように押し返します。 *タムロッドタイ:パンガー湾にある同じ名前のものより、石灰石のトンネルが長く、狭くなっています。洞窟の入口は鍾乳洞と石筍があり、半月のような形の巨石が横たわっています。 この洞窟は潮位が低いときにボートーピアからロングテールで訪れることができ、所要時間約10分です。 石灰石の山に囲まれた美しい湾の中にあるレムサック岬の西にあります。洞窟内部には鍾乳洞と石筍があり、人間、動物と幾何学模様の先史時代の壁画があります。 これらの壁画はピーフア トォ洞窟で見つかったものよりも新しいと考えられています。洞窟を訪れるには、レムサック岬の漁港のサパンプラーから定期船に乗って約15分です。 ピーフアトォケーヴの西側にあります。内部では人間の骨、陶器、イアリングと青銅のブレスレットが見つかっています。 ピーフアトォケーヴからたった100メートルのところにあります。ここは地元村民のブン マクさんが発見しました。大きく暗い洞窟は鍾乳洞と石筍で満たされています。 数多くの先史時代の陶器の破片が入口付近に露出する洞窟の壁の層で見つかっています。独特のラインデザインをもっており、ほかで見つかったものよりも、薄く荒くなっています。 クロンヒン町のバンノップにあります。この洞窟には三つの階層があり、それぞれ素晴らしい鍾乳洞と石筍をもっています。僧侶に似ているという人や、伝説的な複数の頭を持つ大蛇のようだという人もいます。 ここはジャオ ポー トー ルアン僧が滞在していたことがあり、洞窟の名前になっています。 この洞窟はバン ボートーのフアガロックケーヴから2キロの距離です。またここは僧院と瞑想センターにもなっています。全面は丘に広く突き出すように形成されています。外側は平穏で静かです。内部は美しく、たくさんの古い陶器が見つかっています。 ニミット僧院の家屋です。洞窟の下のトンネルは海水が入ることができ、壁は貝がつき、厚くなっています。上部は大きく、暗い洞窟で、50メートル横にオラハンケーヴがあります。 どこよりも素晴らしい形をした鍾乳洞と石筍があります。それらは光のように輝き、素晴らしい美しさです。 ここはピピ島のマヤベイのようです。ロングテールボートで洞窟の中を通り、反対側まで約5分で出れます。 レムサックの最東端の沖合いにあります。人間や動物の古代絵はヒンバイベイに面している崖の壁にあります。 この島の中心は45メートルの高い丘で、30メートルの穴が開いており、故に名前は通過の意味のタルになっています。この島は中華料理の珍味であるツバメの巣のスープに使われる貴重なアカツバメの巣が沢山あることが記録されています。 ここには25メーターの長さの良質の砂浜があり、幅70メートル、高さ20メートルの崖を通過します。 ムーコ ホン 大小の石灰石の島の集まりです。ホン島はラオビレー島とも呼ばれ、最大の大きさです。頑丈な島々は半円のような形をしており、湾を形成し、浅瀬も水深の深い珊瑚もあります。 ダイビングと釣りに最適です。ホン郡島のなかでもっとも有名な島は、ラックカー又はサックカー、ラオ リエン、パッカとラオ ラディン島です。アオナンからボートが出ており、所要時間約1時間です。



タイの時刻 15:47 (GMT+7)