チャン島諸島
チャン島
チャン島 チャン島は観光客に非常に人気が出てきています。レムゴーブからの距離が一番近く、1-2時間でコチャンの目的地に到着します。島のベストシーズンは、10月から5月の間です。 5月から10月の雨季は、チャン島の南にある島、例えば、クッド島、マーク島、ワイ島、カム島等への旅行は許可されていません。チャン島へのボートトリップは年中運行されています。 島は長く、大きいので、海風と波から非難できるところがあるので、雨季の間は、ボートはチャン島の内側にそって、走ります。観光客は個人的な観光地として旅行できます。
チャンノイ島
チャンノイ島とレムチャンノイはチャン島の北部にあります。チャンノイ島とレムチャンノイの間の海には多くの珊瑚があります。
ラオヤ島
ラオヤ島はチャン島の南にあります。このグループはラオヤナイ島、ラオヤクラン島、ラオヤノック島から成ります。レムゴーブから約2時間半です。 島には美しいビーチと、透き通った水、カラフルな珊瑚があります。ラオヤリゾートが宿泊施設を提供しています。
クラム島
クラム島 クラム島はチャン島のタイ-フランス海軍戦の間の歴史的な島です。島は釣に最適です。石の庭からなる風景は一見の価値があります。
プラオ島
サラークペッチ湾の前にあります。レムゴーブから島まで2時間です。プラオ島には綺麗で静かな海辺があり、数多くのやしの木があるため、涼しく、木陰になります。島にはロングビーチアイランドリゾートがあります。
ルン島
マーク島の西側にある小さな島です。島はリゾートやバンガローを建てるのに適している十分な平地がありません。ルン島は鳥の巣や卵、コウモリが居留しています。ルン島海底の珊瑚や石の山は非常にすばらしいです。
ンガム島
チャン島の南に位置しています。真ん中に巨大な砂の山があるふたつの島から成ります。海に伸びる山が並ぶ小さな湾は嵐がなく、穏やかですばらしいところです。レムゴーブから島までは2時間です。ツインアイランドリゾートがあります。
クッド島
クッド島 トラートの海岸から最も遠い島です。島の広さは、タイの全ての島の中で4番目になり、トラートではチャン島に次ぐ2番目になります。島の面積は約105Km2、65,625ライあります。 25キロの長さ、12キロの幅があります。自然の特徴は滝にもなっている水の起源が多い山と平地です。有名な滝のひとつは、ナムトックトッククロンチャオになり、1年中を通して流れています。 スイミングに適しており、3つの滝つぼがあり、上のふたつは水が流れており、一番下は大きな池になっています。

1911年にラマ6世がこの滝を公式訪問し、“ナムトックアナムコック”と懐け、オン チャン スーを祝いました。さらに水の澄んだビーチがあり、タパオビーチ、クロンチャオビーチ、 クロンヒンビーチ、プラオビーチなどのようなビーチは観光客に人気があります。クッド島の内海にはプライベートな環境の宿泊施設があり、クッド島の向かいにラット島とマイシー島があります。

クッド島への旅行
クッド島のリゾートオペレーターが異なる価格でパッケージツアーを販売しており、食事、宿泊とボート代が含まれ、クッド島を訪れるほとんどの人が利用しています。ダンカオピアとレムゴーブピアから出港するフェリーボートとは別にボートをレンタルすることも可能です。
マーク島
マーク島 チャン島とクッド島の間にある大きな島です。平地のほとんどでココナッツの栽培が行われています。島の面積は16km2,90,000ライあり、周囲27キロあります。綺麗なロングビーチと透明な海が島の魅力です。 島のビーチ沿いに宿泊施設があります。さらに近くに島に行くボートを借りることもできます。
クラダッド島
マーク島の最北端に位置する島です。以前このエリアにはたくさんのクラダットの木があり、島の名前に成りました。島はラマ5世時代から土地の権利書を持っているはじめての島でした。 この間にフランスは東南アジアを侵略し、植民地化していきました。フランスは、クラダットを含むタイのいくつかの地域を剝奪しようとしました。ゆえにラマ5世がクラダット島に土地の利権所を授けました。観光地は白いロングビーチです。

チャン島と周辺のエリアにはいくつかの見所があります。見る価値があるところばかりです。 宿泊施設がほとんどの島にあり、ホテルからシンプルなバンガローまで様々です。

 

larger text smaller

タイの時刻 21:00 (GMT+7)