チャン島
トラートの紹介
トラート トラートはバンコクから315キロのタイ東部の国境にある県です。2,819キロメーター、1,761,875ライの土地を有しています。県内にはムアン、カオサミン、レムゴープ、クロンヤイ、ボーライの5つの郡と、あらゆる 宿泊施設とたくさんの白砂のビーチがある、県内でもっとも有名な島 のクッド島チャン島のふたつが分区としてあります。

県はチャンタブリ県に隣接しており、北部はカンボジア、南部はタイ湾に隣接しています。東部は、県の真ん中から当方へバンタット山脈が延びており、カンボジアとの国境になっています。西側はWeru川でトラートとチャンタブリが分かれています。

チャン島の紹介
チャン島は最高級の赤い宝石、甘いラカムフルーツ、土着犬、チャン島海軍の交戦を誇る、タイ最東部の県にあります。チャン島(象の島)はタイで2番目に大きな島で、国立海洋公園に指定されており、 手付かずの多くの島々が含まれます。トラート県に位置し、バンコクの東、約300キロにあり、カンボジア国境からも遠くありません。チャン島の70%は手付かずの熱帯雨林で覆われており、 過去10年の開発が目覚しく、もともとの島民5000人は次第に観光に関わるようになって来ています。

トラートのフェリーターミナルからたった15分の所に空港があり、サービスが開始され、チャン島は以前よりも簡単にアクセスしやすくなりました。 チャン島の自然なままのビーチときらめく水に引き寄せられた、裕福なタイ人や世界の旅行者がチャン島を訪れており、彼らに応えるためのたくさんの高級スパやリゾートが誕生しています。 しかし島は未だに予算重視の旅行者や家族連れの夢の旅行地であり、数多い手ごろな宿泊施設があり、多数の豪華で静かなビーチが透き通った水に囲まれています。

チャン島 観光客は特に中級クラスのタイ人が増えていますが、チャン島は依然として手付かずの森林と自然なままのビーチがあります。 自然の美しさに付け加え、島は多種多様な野生生物の宝庫であり、野鳥、蛇、鹿、さらには象が含まれます。 アクティビティとしては、チャン島と周辺の島々は国立公園として位置づけられており、スノーケル、ダイビング、キャンプやジャングルハイキングに最高です。

観光客の大半はハードサイカオ、ハードカイムック、ハードターナムとレムバンバオに滞在し、全て一本道で西海岸まで繋がっています。 島への行き方は、バンコクエアウェイズのフライトでトラートまで、もしくはトラート近くのレムゴープのフェリーターミナルへのシャトルバスに接続するバスに乗ります。

バックパッカーの間では密かに知られていましたが、チャン島(象の島)が人気の観光地として成長したのは2000年からで、タイ政府が第二のプーケットとして島の開発を望んだ時でした。 幸いにもチャン島はプーケットに近い広さがありました。開発が進む10年間にトラートに空港が建設され、多数のホテルとレストランが出来ましたが、島の壮大な自然の美しさは失われていません。

チャン島はコチャン海洋国立公園の中で一番大きな島になり、ビーチラバーや自然愛好家の夢をかなえています。最近の開発で島にいくつかのナイトライフスポットがオープンし、主な島の見所は、ビーチ、 滝と近隣の島々です。しかし漁村や海軍交戦史跡の数々、ダイビングやスノーケルなどはチャン島を面白く、リラックスできる場所にしています。
気候
チャン島の気候は非常に快適で、平均気温は涼しすぎず、暑すぎず、本当に休息できる最適な島です。チャン島は北東と南西の嵐の影響を受けます。グループ内の島の水の輸送が制限されることがあります。 5月から10月は南西モンスーンの時期になり、西海岸はいつも嵐が訪れるため、フェリーボートは安全ではありません。11月から4月はほとんど嵐がないので、非常に安全です。 トラートのほとんどのエリアがタイ湾に並んでいます。これは県の観光資源を豊かにしています。トラートには52ほどの島々があり、特にチャン島には、海、滝、森林が含まれます。 また県には、レッドサファイア、上等なオキアミペースト、甘いラカム、やしの一種の甘酸っぱいサラクヤシ(サラ)の産地でもあります。 チャン島海軍追悼の日
歴史
“トラート”の名前はトラート県にたくさんある木でほうき製品に使われていた“クラート”が崩れたものと憶測されました。ナレスワン王のアユタヤ時代に、街は“バーンバンプラ”と呼ばれており、 ラマ5世が王座にいる間、タイ政府は、フランスがチャンタブリから軍隊を引き上げてくるためにタイ政府は質全的にフランスと条約を結び、現在のトラート県が一時的に西洋の国になりました。 その後1906年3月23日、王様はプラタボン、シェムリアップとシリソポーンをフランスに与え、トラート、島々とメコン川左岸の町々と交換しました。 ゆえに、トラートの住民は3月23日を“トラート独立記念日”とし、毎年“トラート思い出の日”を開催しています。トラートをタイに留めておくよう力を尽くした王を記念して、ラマ5世記念碑が市役所に建てられました。

1941年1月のインドシナ戦争中、フランス艦隊はタイの領海を破りました。タイの小艦隊は土地を守るためにやってきました。後に“チャン島海戦”として知られる戦いが始まりました。 タイの軍隊が勝利し、フランス艦隊を追い出すことに成功しました。しかしながら、タイ側はソンクラー、チョンブリ、トンブリの戦艦3艘と一部の海兵将校を失いました。 毎年その日には、国を守るために努力し、命を落とした人たちへ捧げる追悼式を行っています。
お祭り&イベント
チャン島海軍追悼の日
日時:1月17-21日
場所: レムゴーブ と チャン島

1941年1月17日のタイとフランス軍海軍の戦いを思い出す為に開催されます。国を守るために努力し、命を落とした人たちへ捧げる追悼式を行っています。タイ海軍とその他の政府機関の展示、余興が行われます。 チャン島フルーツフェア
トラート独立記念日
日時:3月23-37日
場所: 市役所前広場

1906年3月23日はトラートが自由になった日です。ラマ5世は、チャンタブリ県からフランス軍を撤退させる条約を結び、カンボジア割譲と引き換えにトラートとパチャンタキリ(ココン)が国に返還されました。 1906年3月23日移行、王様はプラトーン、シェムリアップ、シリソポーンがフランスに渡され、トラート県、島々とメコン川の右岸の町が戻ってきました。 イベントでは、ラマ5世記念パレード、トラートの歴史エキシビジョン、ルアンアンサイアムドッグ競技会が行われます。農業製品、ローカル製品の販売、文化公演、エンターティメントも開催されます。
スイートラカムとレッドルビーディ
場所: 市役所前広場
5月の終わりから6月の初めにかけて、市役所前広場で行われます。展覧会、エンターティメント、、フルーツ品評会などが行われ、やしの一種で甘酸っぱい味のラカムも展示されます。農業製品の販売があります。

 

larger text smaller

タイの時刻 20:06 (GMT+7)