チェンマイ交通手段
チェンマイへ(から)の行き方
マイカー利用
By Bus
バス利用
バンコクからは車で約8時間かかり、下記のルートのどれかを取るのがベストです。
ルート1 : ハイウェイ1号線(パホンヨーティンロード)を進み、ハイウェイ32号(アジアンハイウェイ)へ右折し、プラナコンシーアユタヤ、アントーン、ナコンサワンを通過します。 そして、ハイウェイ117号線をピサヌロークまですす意、ハイウェイ11号線で、ランパーん、ランプーン、チェンマイとなります。合計距離は695キロです。

ルート2 : ルート1の行き方でナコンサワンまでいき、ハイウェイ1号線にのり、カンペーンペット、タークとランパンを通過し、チェンマイまで行きます。合計距離は696キロです。
バス利用
バンコクからは一般的に、バンコクの北バスターミナル(モーチット2)から終日(8:00-21:00)2等、1等エアコンバスの運行があります。 詳しい出発自国に関しては、02-936-3600、02-936-2852、02-937-8055までお電話ください。 バス時刻表

バンコクの旅行会社ではプライベートバスの予約も可能です。しかし、北バスターミナルからの公共バスは一般的により信頼できます。旅程は交通状況によりますが、約10-12時間です。

その他の県、メーサイ、チェンセーン、チェンライ、ナン、パヤオ、プレー、ランパン、ランプーン、ピサヌローク、スコータイ、メーホンソン、メーソット、メーサリアン、コンケーン、ナコンラチャシマ(コラート)とウドンタニからはチェンマイ直通のバスがあります。 By Train
鉄道利用
鉄道利用
バンコクのフアランポーン駅から1日6回8:00-22:00の間で、チェンマイ行きの特急と快速の運行があります。特急で所要時間は約11-12時間です。詳細は、1690または02-223-7010、02-223-7020 又はチェンマイ駅にお尋ねください。 鉄道時刻表
飛行機利用
国内航空会社のタイ航空、バンコクエアウェイズ、タイエアーアジア、ノックエアーがバンコクとチェンマイ間に毎日数便づつ運行しています。これらの航空会社は、メーホンソン、パイ、チェンライとサムイ島からの直行便も運行しています。

国外からは、国内、国外航空会社が数多くの直行便を運行しています。これらのルートは、各社航空会社の採算性により、チェンマイから、クアラルンプール、ルアンプラバン、シンガポール、ベトナムとヤンゴンへの直行便も通常可能です。 チェンマイからこれらの目的地へは国外航空会社のシルクエアー、ラオエアライン、マンダレイエアーが就航しています。 空路時刻表
チェンマイ内の移動
By Plane
飛行機利用
空港から/へ
空港の受託荷物受け取りエリアの外にあるタクシースタンドにて許可を持ったエアポートタクシーを手配できます。チケットを購入し、到着出口エリアで待機しているドライバーに渡します。4-5人乗りのセダンで運賃約100バーツです。

空港、鉄道駅とバスターミナルからは乗合タクシーのソンテウ(赤いミニバス)を簡単に捕まえることができます。ミニバスや車をチャーターする場合は、TATカウンターで適正料金をはじめに確認してください。 通常高級ホテルは空港、鉄道駅やバスターミナルとホテル間の無料送迎を事前予約者向けに運行しています。
市内移動
サムロー/トゥクトゥク: ほんの少しの距離の場合は、サムローやトゥクトゥクに乗れます。3輪車はペダルまたはモーターがあります。運賃は事前に交渉しなければいけません。市内の短い距離の場合は20-30バーツです。もう少し長い場合は、50 バーツです。

タクシー: バンコク周辺を走っているものとほぼ同じタクシーメーターがチェンマイでも可能になりました。初乗り35バーツからです。

Songtheaw
ソンテウ
バス又はソンテウ: ソンテウ(赤いピックアップトラックの荷台にベンチと屋根をつけた車)はもっとも一般的なチェンマイの交通手段です。好きなところで乗り降りできます。ドライバーに目的地を告げて、価格を交渉してから乗ります。 運賃は距離に応じて10-20バーツです。ドイステープまでの長い距離の利用も出来、また市内に戻ってこれます。お好みならば、途中で道路沿いにある動物園や名所に立ち寄ることもできます。

自転車: 自転車で市街地を回るときは、ほとんどの道路や路地が通行可能です。自転車は自転車屋さん又は特定のゲストハウスにてレンタルしています。
県内の移動
バス : チェンマイの他の目的地に行く場合は、ChotanaロードにあるChang Phuak バスターミナルTel 053-211-586を使います。 目的地はメーリン、メーテン、チェンダオ、チャイプラカン、ファン、メーアイを通過する北部ルート(ハイウェイ107号)沿いに位置した場所が含まれています。 チェンマイの最北端のTha Ton郡までのバスもあります。

レンタカー: AVIS、Budget、Hertzなどの国際的な大手レンタカー会社、同様にタイのレンタカー会社がさまざまな車種を用意しています。 レンタカー会社の場所を聞く一番簡単な方法は空港または大手ホテルで尋ねることです。それらの場所はレンタカーエージェントのオフィスがあります。

ほとんどのチェンマイの道路はコンディションが良く、標識は英語があります。注意するのはファーストクラスの保険のみレンタカーに対してフルカバーになります。 (個人限定や第三者のみの保険に対して)。ほとんどの国際的なレンタカー会社はこのフルカバーの保険を提供しています(中には有効な国際免許証保持者のみのこともあります。 )しかし、地元の会社はフルカバー保険ではない可能性もあります。保険契約のコピーをもらうようにし、“For Commercial Use”と記述されているか確かめます。 さらに、借りる際にレンタル車両を注意深く確認し、気をつけて運転します。特にタイの交通は非常に混乱します。特にタイのバイク運転者の習慣として道路脇を逆走します。

バイク: どこででも1日150バーツから1000バーツでバイクをレンタルすることができ、一般的にデポジットとしてパスポートを預けることを要求されます。 レンタルする際には注意深くバイクをチェックし、慎重に注意して運転します。通常レンタルバイクは保険に加入しておらず、アクシデントは頻繁に起こっています。 タイの法律でヘルメットの着用は義務付けられており、外国人はタイでの運転に不慣れなため注意して運転し、交通ルールに従いましょう(チェンマイにいは多くの一方通行があります。)
 
larger text smaller
タイの時刻 08:49 (GMT+7)