チェンマイアトラクション
史跡
ウィアンクムカム
ウィアンクムカム (Wiang Kum Kam)
ウィアンクムカム (Wiang Kum Kam)
場所: Saraphi地区
ウィアンクムカムは1286年のメンライ王の時代に作られた古代都市です。年は四隅を溝で囲まれており、貯水池として使われました。ワットチェディリアム、ワットチャンカム、ワットノイ、 ワットプピア、ワットクカオ、ワットイーカン、ワットフアノンとワットプソンの寺院と建物を含む20の古代建築がウィアンクンカムの周辺に残っています。これらは、仏教世紀の21-22世紀からあります。
ワットチェディリアムまたはチェディクカムは大臣Aey Fahにランプーンの行政責任者に任命した後の1288年のメンライ王時代に建てられました。メンライ王は5年かけてチェンマイの北東部に町を作り、 そして1277年にメーピン川近くの町に定住し、ウィアンクムカムと名づけました。1287年、ランプーンのワットジャムテーウィの仏塔を地元の人が礼拝するために、ウィアンクムカムに再建しました。 その後数百年の間、寺院は放棄されたままになっていました。1908年、ビルマの王が改装したため、寺院は以前のクメールスタイルの替わりに、ビルマ建築の影響を受けています。

営業時間 : 08:00-17:00.
入場料 : 20バーツ
問い合わせ : Tel. 0 5314 0322, 08 4047 6794

ウィアンターカンは (Wiang Tha Kan)
場所: San Pa Tong地区
ウィアンターカンは、ハリプンチャイ時代にさかのぼる古代都市の壁で、メンライ王が君臨する前に建てられました。土のお守り、元王朝(1280-1368)時代からの中国の磁器、茶色の壷と骨を含む砂岩と土製の仏像がターカン村エリアで発掘されています。

行き方 : ウィアンターカンはハイウェイ108沿いのチェンマイの南約34キロです。
営業時間 : 09:00-17:00

寺院
ワットウパクット
ワットウパクット (Wat Uppakhut)
ワットウパクット (Wat Uppakhut)
場所: Mueang地区
ワットウパクットはチェンマイのムアン郡のチャンクラン村のターペーロードにあります。Sangkha Actof1902(B.E.2445)の許可により建てられました。ウパクット歴史書によると、 寺院は非常に貧しいカップルにより建てられました。農業と小さな売買で生計を立てていた二人がいました。ある日彼らはウパクットが変装をした新米僧侶に彼らの少ない稼ぎの一部をお布施しました。
プラウパクットは宗教の世話をするように仏から予言を告げられた高貴なSangkhaです。プラウパクットは海底で彼の至福な生活を送りました。満月の聖なる日ごとに彼は変装をして夜明けに托鉢をします。 彼にお布施をあげるチャンスがあった人は、繁栄し豊かになると言われています。
ワット パトゥン (Wat Pa Tung)
場所: San Kamphaeng地区
寺院は再建される前はほぼ完璧に放棄されていました。仏像と古代の中国磁器がこのエリアから見つかっています。ワットパトゥンの前住職のルアンプラが亡くなったあと、遺体はワットパトゥンの中央ホールに安置されています。
ワット トンクワン (Wat Ton Kwan)
ワット トンクワン
ワット トンクワン (Wat Ton Kwan)
場所: Hang Dong地区
ハンドン郡のノンクワイ町のバーントンクワンにあります。ワントンクワンは高い美的価値のあるランナー建築です。宗教的なことを行うエリアは、ヴィハラ、東屋と4つの玄関のあるパビリオンで構成されています。 1989年にオリジナルを可能な限り保護するというコンセプトで再建が行われました。
ワットパパオ (Wat Pa Pao)
場所: Mueang地区
ワットパパオはタイ北部チェンマイ市内の中心にあり、旧市街地の壁と堀の外側にあります。400年以上前にシャン族によって発見され、こんにちはチェンマイのシャン族のメインコミュニティーセンターとして機能しています。
1997年2月に、寺の住職とその他の地域のリーダーはシャン族の人々の教育推進と、文化の保護を目的に寺院に財団を設立しました。タイ政府に正式に登録されている財団は、 ワットパパオ財団と呼ばれ、教育、芸術と文化を支援しています。日本大使館の支援により、財団は寺院に成人の教育学校を設立しました。 ワットパパオ成人教育学校は公式にタイの非公式教育機関と一緒に1998年10月11日に開校されました。開校当時の生徒は131人でした。その数は187人を超え、ウェイティングリストには多くの名前があります。 ワットプラタートドイサケート
ワットプラタートドイサケート
(Wat Phrathat Doi Saket)
ワットプラタートドイサケート (Wat Phrathat Doi Saket)
場所: Doi Saket地区
ワットプラタートドイサケートはチェンマイ市街のすぐ外側のドイサケート郡にあります。チェンマイの中心部から車やバイクで約30分です。ドイサケートはチェンライへ向かう(ハイウェイ118)上にあり、 山に登っていくすぐ手前の右側にあります。ドイサケート郡は主に田園農村地帯で、谷の中に多くの田園や果樹園があり、山腹でその他の農業が行われています。
歴史:ドイサケートの寺院は、1112年に建てられたと言われています。伝説では、短期間仏陀がドイサケートにやってきて、自分の髪をお供えしたナカによって訪れられたといわれています。 しばらくして彼は姿が見えなくなり、これが寺院のある場所の理由となっています。タイ人芸術家のChaiwat Wannanonさんは1990年代初頭に、霊的な仏陀の壁画と寺院の壁の内装を塗り始めました。 壁画が完成するまでに4年以上がかかっています。ドイサケートの寺院はどこか独特です。タイにあるほとんどの寺院が近代的なスタイルの近代的な芸術をもっていません。
ワットプラプッタバットメーターモー (Wat Phra Puttabat Mae Ta Moh)
ワットプラプッタバットメーターモー
ワットプラプッタバットメーターモー
(Wat Phra Puttabat Mae Ta Moh)
場所: Doi Tao地区
ワットプラプッタバットメーターモーは1927年にプラピチャイカオによって建てられました。
ワットドイメーパン (Wat Doi Mae Pang)
場所: Phrao地区
チェンマイから約75キロのプラオへ行く1001号沿いにあります。最大の名声主張は1962年から亡くなる1985年まで有名で崇められるLuang Poo Waen Sujinnoが住居していました。 多くの建物が木造建築になり、ヴィハーン、ロンヤンギールドやロンファイと呼ばれる僧房が含まれます。Luang Poo Waenの遺物には住居小屋、パヴィリオンで瞑想をしている写真、 四角い形でとんがり屋根の博物館には遺灰、僧の蝋人形と彼の個人所有物があります。
ワットブアッククロックルアン (Wat Buak Khrok Luang)
場所: Mueang地区
ワットブアッククロックルアンはチェンマイの東にある小さな寺院で、本殿の壁画が大変有名です。プラプラタンワットブアッククロックルアンは寺院の主要仏像で、笑っている仏像の数少ない中のひとつです。 寺院はボーサンに行く途中にあり、傘を製作している村とサンカムペーンは両方ともに非常に人気のある観光地です。
ワットタムタップタオ (Wat Tham Tap Tao)
ワットタムタップタオ
ワットタムタップタオ (Wat Tham Tap Tao)
場所: Chai Prakan地区
チェンマイ-ファンルートの122キロ地点のチャイプラカン郡にあります。寺院の見所は池の真ん中にある経典ホールといくつかのユニークな仏像があるタップタオケーブです。
ワットコンカン (Wat Kong Kan)
場所: Mae Chaem地区
メーチャーム渓谷の田舎道に沿って進むとワットコンカンです。チェンマイ、プレー、チェンセーンの支配者によって建てられました。プラうボソッとの主催仏像は地元の職人風である、プラチャオトンルアンです。 寺院はすばらしい写真のような風景の田園の隣の小さな稲作農家の村の中にあります。
ワットヤンルアン (Wat Yang Luang)
場所: Mae Chaem地区
ワットヤンルアンは17世紀にカレン族によって立てられた小さな田舎の寺院です。改装を通して、Koo Prasat と Kij Kutの両者が多くの細部や絵を手がけました。豪華に飾られたドアや切妻と仏像があります。
ワットチェディンガム (Wat Chedi Ngam)
ワットチェディンガム
ワットチェディンガム (Wat Chedi Ngam)
場所: Fang地区
ワットチェディンガムはファンの中央にある寺院です。ワットチェディは最も古く700年もあり、ゴールデンチークで作られた美しい寺院です。
ワットパーデート (Wat Pah Daet)
場所: Mae Chaem地区
ワットパーデートは面白い建物郡からなり、それぞれ独特ですが、内部は本当の美しさが現されています。壁は落ち着いた色で、農耕、収穫、行列、宮廷の生活の日々のすばらしい生活のシーンが描かれています。 ウボソットは堀の真ん中のお堂の外にあり、木々と田園を越えるすばらしい景色に囲まれています。堀を越す橋にはナーガが並んでおり、内部はタイの日々の生活と仏教シーンについて、美しく現代的な装飾があります。 本殿には美しいヴィハーンがあり、古い壁画が壁の上の方にあります。チェンマイ市街から往復で長い時間が掛かりますが、必見の価値があります。
ワットプッタハーエン (Wat Phuttha-en)
ワットプッタハーエン
ワットプッタハーエン (Wat Phuttha-en)
場所: Mae Chaem地区
伝説によりますと、この寺院はラタナコーシン時代初期の今から200年以上前に建てられました。この寺院内でもっとも興味深い歴史的な見所は水のお堂です。 お堂は一般的なセメントの胸壁の変わりに水の胸壁で囲まれています。ヴィハーンはこの水のお堂の後ろにあり、家屋には芸術的な壁画がありますが、時間の経過とともに色があせてしまっています。
ワットセーントーン」 (Wat Saen Thong)
場所: Omkoi地区
オムコイ郡にある唯一の寺院で、数百年以上前に建てられました。“プラジャオサントーン”(ランナー/チェンサンアートの古代仏陀)にあります。
宮殿
ブービンブパレス (Bhubing Palace)
ブービンブパレス
ブービンブパレス (Bhubing Palace)
場所: Mueang地区
ブービングパレスはチェンマイのムアン群のドイブアックハにあります。王族の季節訪問でタイの北部の人々を訪問する際に滞在するチェンマイにある冬季御用邸です。 宮殿はまた外国からの国賓のための宿泊施設にもなっています。過去には国賓を迎えるのは首都バンコクだけでした。ブービングパレスは1961年に建築されました。 建設は最初に御用邸と国賓用ゲストハウスのみ始まりました。その他の建物は後に追加建築されました。

営業時間 : 08:30-11:30 & 13:00-15:30
入場料 : 50バーツ
問い合わせ : Tel. 0 5322 3065, 0 5321 9932, 0 5321 9915

モニュメント
スリーキングスモニュメント (The Three Kings Monument)
クルバシウィチャイモニュメント
クルバシウィチャイモニュメント
(Khru Ba Si Wichai Monument)
場所: Mueang地区
3体のアヌサワリーサムカサットブロンズ像は14世紀の衣装でたっています。ランナーの歴史に最も関連付けされる北部タイーラオス王のプラヤンガムメウアン、プラヤメンライとプラヤクンラムカムヘーンを現しています。 彫像は3人の王のパワフルな気で祝福を願う現地の人々が定期的に花とろうそくと線香をお供えし、神社になっています。
クルバシウィチャイモニュメント (Khru Ba Si Wichai Monument)
場所: Mueang地区
記念碑は町から約7キロのフアイケーオの滝の近くにあります。プラタートドイステープ寺院のある丘へ上がる人工的な道をボランティアを率いて初めて作った有名な僧侶クルバシウィチャイを記念して建てられました。
博物館
バンカムウンミュージアム (Ban Kham Un Museum)
場所: Mueang地区
バンカムウンミュージアム
バンカムウンミュージアム
(Ban Kham Un Museum)
現代美術とバンチェン時代のレアな古代の品々があります。ミュージアムは包括的な美しさと静けさをよく出してあります。

営業時間 : 08:00-16:00
入場料 : 大人100バーツ、子供30バーツ
問い合わせ : Tel. 0 5329 8068

バンロイアンパンヤンミュージアム (Ban Roi An Phan Yang Museum)
場所: Mueang地区
この創造的な手工芸品は芸術美を愛する人々のためのアンティークや木彫りの傑作品のエキシビジョンホールです。ランナー遺跡の貴重なレアな芸術品を集めています。

営業時間 : 火曜-日曜 08:30-16:30
入場料 : 100バーツ
問い合わせ : Tel. 0 5335 5819, 0 5382 2649

チェンマイシティーアート&カルチャーセンター (Chiang Mai City Arts & Cultural Centre)
チェンマイシティーアート&カルチャーセンター
チェンマイシティーアート&カルチャーセンター
Chiang Mai City Arts & Cultural Centre
場所: Mueang地区
ランナー王国とチェンマイの街の繁栄は、タイ北部上部の開発に重要な役割を果たしました。ゆえにチェンマイは長く続く歴史があり、この貴重な遺産と物語りは最近になってもまだ関連しています。 チェンマイヒストリカルホールでは重要なストーリーと過去の問題:政治行政、貿易、宗教、輸送、その他700年を超える今でも街に大きなインパクトを与えている社会的側面等の包括的な画像があります。 さらに、伝説、ランナー文字、碑文やその他異なるアーティファクトなどの研究ツールをさらに詳しく学べます。ホールは旧市街地の中心にあり、チェンマイアート&カルチャーセンターの隣にあります。 仮のランナー建築様式の中規模のビルディングは周辺の並木を避けるように西側に位置しています。常設展示と野外活動の両方の敷地を有します。

営業時間 : 火曜-日曜 08:30-17:00
入場料 : 20バーツ
問い合わせ : Tel. 0 5321 7793, 0 5321 9833

チェンマイ国立博物館 (Chiang Mai National Museum)
チェンマイ国立博物館
チェンマイ国立博物館
Chiang Mai National Museum
場所: Mueang地区
チェンマイ国立博物館はチェンマイで非常に有名な博物館のひとつです。市内のワットジェットヨード(Wat Jet Yod)エリアのすぐそばにあります。博物館は1973年2月6日に一般公開されました。 タイの豊かな遺産の眼識を得ることができます。チェンマイ国立博物館は王様と王妃の援助の下に基づいています。それは教育センターと市の美術局による芸術と文化の保全に充てられます。
チェンマイ国立博物館は伝統的な北部のランナスタイルの屋根の2階建ての建物です。チェンマイの歴史を洞察できる6つのセクションに分かれた展示があります。博物館ではまた、 都市の自然的、文化的背景の遺物を展示しています。またチェンマイの生態と地理の遺物も含まれています。私達はチェンマイ国立博物館を訪れる事で、この地方の先史時代の集落についても知ることができます。
博物館の2階はランナー王国の貿易と経済専門です。またチェンマイの現代生活の写真や工芸品も展示されています。チェンマイ国立博物館のもうひとつのハイライトは農業とグローバルな業界との関係です。 先史時代の集落や地方の歴史と文化、チェンマイの現在のシナリオと未来の見込みに関する情報をたくさんの写真で説明してあります。

営業時間 : 09:00–16:00
入場料 : 30バーツ
問い合わせ : Tel. 0 5322 1308

クム チャオ ブリラット ハウス (Khum Chao Burirat House)
クム チャオ ブリラット ハウス
クム チャオ ブリラット ハウス
(Khum Chao Burirat House)
場所: Mueang地区
“Khum(クム)”は北部タイ王室の伝統的な家屋です。“Chao Burirat(チャオ ブリラット)”は1774-1932年の間、チェンマイの政治システムの中でもっとも高いレベルの官庁のひとつと言及されています。 家屋はムアン郡のSi phum村のラチャダムヌンロードと出会うPhra Pok Klaoロードにあります。建築家は伝統ところにあるスタイルを融合させて造りました。チェンマイに現れた最初の西洋の影響を受けたモデルです。 ローカルと西洋様式が完璧に混ざり合っています。一階は北正面にアーチ型のアーケードと厚いレンガの壁があります。しかしながら2階と天井構造は、チークを使ったタイスタイルになっています。 このユニークな建築はチーク貿易に従事した英国商人の影響を受けています。現在はチェンマイ大学のランナーアーキテクチャーセンターの建築学部のオフィスになっています。

営業時間 : 09:00-17:30
入場料 : 入場無料
問い合わせ : Tel. 0 5327 7855

世界の昆虫と自然の驚異博物館 (Museum of World Insects and Natural Wonders)
場所: Mueang地区
チェンマイの世界の昆虫と自然の驚異博物館は昆虫愛好家であり、蚊男としても有名なManop Rattanarithikulさんとこの分野の博士である奥さんのRampaさんにより2002年に設立されました。 この博物館のオーナーであるマノップさん自らが案内してくれるでしょう。博物館を見ている間にこの男性がこれらの生物に関して幅広い研究をしていることに気がつくでしょう。 チェンマイ世界の昆虫と自然の驚異博物館には巨大なカブトムシからほとんど見えない小さなブヨまでありとあらゆるものを展示してあります。博物館にはタイの気候に生息している約422種類の昆虫を展示しています。 チェンマイ世界の昆虫と自然の驚異博物館はチェンマイにあるすべての博物館でもっとも珍しいところです。住民を除いて、まだまだ展示するものがあります。 入り口は珍しいの表示があり、シロアリの巣、ハチの巣状の昆虫の巣、昆虫生息地や昆虫とその生息地の息をのむような写真があります。写真は博物館のオーナーが根気強く集めたものです。 昆虫の生息地は常に汚いと思っていたら、いかにそれが間違いだったかを知るためにチェンマイ世界の昆虫と自然の驚異博物館を訪れるべきです。この場所は大変綺麗で清潔です。 この博物館は単なる娯楽だけでなく、学習の面もあります。チェンマイを訪れたら、この博物館へは最低一度は行くべきです。

営業時間 : 09:00-16:00
入場料 : 大人200バーツ、子供100バーツ
問い合わせ : Tel. 0 5321 1891

トライバルミュージアムチェンマイ (Tribal Museum Chiang Mai)
トライバルミュージアムチェンマイ
トライバルミュージアムチェンマイ
(Tribal Museum Chiang Mai)
場所: Mueang地区
トライバルミュージアムチェンマイタイランドは1965年に設立されました。博物館は最近チェンマイ大学のキャンパスからチェンマイラマ9世公園(Rajamangkala Park)に移転しました。 タイの労働社会福祉省の一部で公共福祉課がチェンマイトライバルミュージアム確立の担当をしています。チェンマイトライバルミュージアムでは山岳民族と彼らの生活様式についての知識を得ることができます。 チェンマイで山岳民族の村を見に行こうと計画していて、事前情報が欲しいならば、このミュージアムは訪れるべきです。山岳民族はチェンマイに移民してきた人々です。彼らの主な職業は農業です。 各山岳民族は独自の文化、宗教、言語、アートと服装を持っています。

営業時間 : 09:00-16:00
入場料 : 入場無料
問い合わせ : Tel. 0 5321 0872, 0 5322 1933

ワットゲート博物館 (Wat Gate Museum)
場所: Mueang地区
ワットゲート博物館はワットゲート(別名Wat Ket Karam)の敷地内にある私たちの好きなチェンマイの博物館のひとつです。寺院博物館は寺院の屋根裏や販売所から抜粋された折衷的なコレクションがあります。 しかし展示されている品々の中には典型的な寺院博物館よりもさらに興味深いものもあります。
たとえば、昔のサイアムの白い象の旗は一例の中のひとつです。さらに古い蓄音機レコードとプレイヤーのコレクションもあります。 しかしもっとも魅力的な展示は100年以上前のチェンマイとの西洋貿易の非常に早い時期の何百枚もの古い写真のコレクションです。 古い川船、市場、刑事訴訟の一例までも写真があります。またビルマ軍に占領された後の市街の多くの寺院の姿も見ることができ、その多くは放棄され、今日の観光客の流入の前に復元されました。すばらしい過去を見ることができます。 営業時間 : 08:30-17:00
入場料 : 入場無料
ダラピロムパレス博物館 (Dhara Phirom Palace Museum)
ダラピロムパレス博物館
ダラピロムパレス博物館
(Dhara Phirom Palace Museum)
場所: Mae Rim地区
ダラピロムパレス博物館はJao Dara Rasameeの家です。ジャオダララサミーは仏教をサポートし、チェンマイの文化的慣行を促進したとして有名です。 王女はサイアムのチャクリ王朝とランナー王朝の良い関係を築くために重要な役割を果たしました。王女は農民を救済することを強く望んで開発した農園を所有していました。 王女が亡くなった時、彼女は家を子孫に受け渡しました。後にチュラロンコーン大学が建物を購入し、有名なダラピノム博物館となりました。
チェンマイのダラピロム博物館は最近改装されました:外装と内装は元の色に塗り替えられました。庭園は元の宮殿の元々の雰囲気を出して復元されました。 王女に関する情報とは別に、ダラピロム博物館は西洋建築の影響を受けた建物の事例にもなっています。 営業時間 : 09:00–17:00
入場料 : 20バーツ
問い合わせ : Tel. 0 5329 9175
サイアムインセクトズー&ミュージアム(SIZ) (Siam Insect Zoo & Museum (SIZ))
場所: Mae Rim地区
サイアムインセクトズー&ミュージアム(SIZ)は蝶、カブトムシ(主にコガネムシとクワガタ科)コノハムシ、カマキリ、ヤスデ、ムカデ、巨大クモ、巨大サソリなどの昆虫と蜘蛛を展示し、飼育、繁殖させているところです。 公式サイトがあり、タイ語と英語で書かれています。www.malaeng.com www.siaminsectzoo.com (タイ語でmalaengは昆虫を意味します。)2010年に改装を行って以来、展示に最善を尽くすよう努力し、 より近くで観察でき、触ることができ、写真撮影もかのうになりました。特に生きている昆虫、コノハムシ、カマキリ、カブトムシ、カブトムシの幼虫、蝶の幼虫、コウロギ、サソリなどです。 真剣な蝶の飼育と繁殖設備のおかげで、バタフライガーデンには何百もの種類の蝶が生息しており、写真撮影を楽しみ、近くで観察することができます。

営業時間 : 09:00–17:00
入場料 : 大人200バーツ、子供150バーツ
問い合わせ : Tel. 0 5386 0807, 08 1746 6776, 08 9184 8475

ワットロンメン博物館 (Wat Rong Meng Museum)
場所: San Sai地区
チェンマイのサンサイ郡のノンエーン村のワットロンメンにあります。この博物館は僧侶Phra Khru Kowit Dhammasobhon (Sriphong Kovido)によって、仏暦2527年(1984年)の10月1日に設立開設されました。 僧侶の成果物の数が多くなった後、村人は募金を集め、ひとつのギャラリーを建築しました。これは仏暦2527年(1984年)3月に公式にオープンしました。博物館の前には、 ビンロウ樹などが育つ花が咲く観賞用の木々が植えられており、景観良くなっています。さらに水牛と牛車の像が博物館の入口にあります。

営業時間 : 08:00-17:30
入場料 : 入場無料
問い合わせ : Tel. 0 5325 5182, 01 960 3698

ガネーシャ博物館 (The Ganesha Museum)
ガネーシャ博物館
ガネーシャ博物館 (The Ganesha Museum)
場所: Doi Lo地区
チェンマイ市内から約41キロのDoi Lo地区に、ガネーシャ専門のプライベート博物館があります。ガネーシャ博物館と呼ばれている博物館はガネーシャのタイの主要信者であるBanthorn Teerakanontさんが所有しています。 ガネーシャはヒンドゥー今日の神様で、象の頭を持ち、シヴァ神の息子です。彼は知恵と富と達成の神であると信じられています。彼は悪や生涯の破壊者であるとも信じられています。 火曜日生まれの多くのタイ人はガネーシャを誕生日の神と考え、その日にお参りにいきます。
チェンマイのガネーシャ博物館では、メインの博物館ビルとガネーシャ神社とギフトショップがあります。3部屋ある博物館では、約700体のガネーシャ像、絵画、宝石の写真、 金属製、木製、張り子のガネーシャなどがあります。ガネーシャの置物は博物館ビルディングの第一と第二室に安置されており、インド、スリランカ、ラオス、ミャンマー等の異なる国のものがあります。 第三室は大きなガネーシャと家来のねずみの像があり、礼拝室とされています。ガネーシャ博物館は年に一度記念礼拝を開催し、約300人の信者が参列します。多くの信者が自分のガネーシャを持ち寄ります。 営業時間 : 09:00-17:00
入場料 : 入場無料
問い合わせ : Tel. 0 5302 4287, 0 5302 4288, 0 5302 4289, 08 9430 4050, 08 9855 5852
エキシビション センター
経済研究センター (Study Centre of Sufficiency Economy)
場所: Mae Rim地区
メーリム地区のメーサ村にあり、約100エーカーの面積があります。足るを知る経済はプミポン国王により、最愛の国の利益のために開発された概念です。 これは将来の幸せなタイ文化、タイの人々、タイ自身を確実にするためにタイの人々が土地と自然資源を保護し、現状に満足しつつ自立するというものです。

営業時間 : 08:30–16:30
入場料 : 10バーツ / 40バーツ
問い合わせ : Tel. 0 5329 9758

公園
ブアックハットパーク (Buak Hat Park)
場所: Mueang地区
ブアックハットパークチェンマイはバムヌンブリロードにあります。公園は地元の人にも観光客にももっとも有名なピクニックスポットとして強いられています。 ブアックハットパークは非常に芸術的なデザインで整っています。事実すべてのチェンマイの公園や庭園の中で、この公園は美しい景観が有名です。 リラックスでき、静かで美しい景色を楽しむことができます。もし市街の混雑から離れたい場合は、この場所は完璧です。 ブアックハットパークは緑豊かで様々な花や背の高い椰子を見ることができたり、植え込みの近くで子供たちを遊ばせることもできます。おなかがすいたときは、公園に出ている軽食屋台を探してください。
公園は静かな間ky9王で、家族や友達と質の高い時間を過ごすのに最高です。公園の気持ちよい緑がさらにリラックスできるでしょう。またブアックハットパークは重要なお祭りやイベントの開催地にもなります。 ラチャプルックガーデン
ラチャプルックガーデン
(Ratchaphruek Garden)
ラチャプルックガーデン (Ratchaphruek Garden)
場所: Mueang地区
ラチャプルックガーデンはチェンマイの10キロ南西のMae Hia地区にあります。緑豊かな山の景色に囲まれ、400ライ(240,000M2)の土地には、写真のような設定がされており、 たくさんの植物や花の種類がある庭園だけでなく、そのユニークかつ繊細なアートワークとアーキテクチャは、その魅惑的な自然の美しさと、その訪問者の心を豊かにします。 このエリアは2006年に行われた世界でもっとも美しい国際園芸博覧会であるロイヤルフローラエキスポの会場でした。この博覧会はプミポン国王の戴冠60周年の祝賀行事として行われました。 誇り高いこととしては、国際園芸生産者協会(AIPH)よりエキスポのA1の地位を貰ったことです。ラチャプルックガーデンはこの特別なイベントの成果です。 庭園は細心の注意を払ってメンテナンスや開発されており、すばらしいアグロツーリズムのリソースだけでなく、一般向けの学習とリサーチセンターもあり、農家の人々と会い、知識をシェアすることもできます。

営業時間 : 10:00-18:00
入場料 : 大人20バーツ、子供10バーツ
問い合わせ : Tel. 0 5311 4110-5

クイーンシリキット植物園 (Queen Sirikit Botanical Garden)
クイーンシリキット植物園
クイーンシリキット植物園
(Queen Sirikit Botanical Garden)
場所: Mae Rim地区
クイーンシリキット植物園は560エーカーの山岳エリアをカバーしています。MaeRim-Samoeng ルートの12キロ地点付近にあります。この国際的な植物園は1992年にクイーンシリキットを称え、設立されました。 タイと外国の植物のすばらしいコレクションがあります。庭園は種類や気候別に植物が展示されています。ビジターは車でエリアを回ることができます。見所は、ツーリストインフォメーションセンター、 タイの蘭育成センター、ハーブミュージアムとリサーチセンターです。庭園には3つの遊歩道があり:
-ロックガーデン-タイオーキッドナーサリー 徒歩約30-60分です。
-樹木園(植物学習遊歩道) バナナ、やし、シダ、しょうがを含む10種類以上の植物を見ることができます。徒歩45-60分です。
-山に登るのは1-2時間ほどかかります。

営業時間 : 08:00–17:00
入場料 : 大人40バーツ、子供10バーツ
問い合わせ : Tel. 0 5384 1000

トゥイーコール植物園 (Tweechol Botanical Garden)
場所: Doi Saket地区
Tweechol植物園は自然の美しさを体験でき、リラックスし、活性化できる場所です。庭園は1997年(仏暦2522年)に設立されました。タイでもっとも大きな植物コレクションのひとつです。 この植物園の目的は、展示、学習、リサーチ、保存と楽しみです。Tweechol植物園は114エーカー(285ライ)あり、屋外の展示庭園とリクリエーションエリアから構成されています。植物園はチェンマイから10キロ北東にあり、近くにドイサケート村があります。

営業時間 : 08:00-16:30
入場料 : 大人100バーツ、子供50バーツ
問い合わせ : Tel. 0 5386 7151

自然アトラクション
ホイトゥンタオ
ホイトゥンタオ (Huay Tueng Tao)
ホイトゥンタオ (Huay Tueng Tao)
場所: Mae Rim地区
ホイトゥンタオは美しい湖でチェンマイ市の北数キロのところにある公園になっています。このエリアの開発は1980年に王様がチェンマイを訪れた際に触発され行われました。湖は人工貯水池です。 湖のサイクリングロードは約3キロあります。食べ物を持って訪れても良いですし、リーズナブルな価格でいくつかあるレストランで食事を取ることもできます。ホイトゥンタオは地元の人の憩いの場のひとつになっています。 湖はマウンテンビューの美しいエリアにあります。2車線の良いロードが湖の周りにあり、散歩やサイクリングに完璧です。キャンプ場、パドルボートレンタルやペイントボールコースなどかなりたくさんの施設があります。

営業時間 : 09:00–17:00
入場料 : 20バーツ
問い合わせ : Tel. 0 5312 1119

オーキッド&バタフライファーム
場所: Mae Rim地区
ビジターは花の周りを飛ぶエキゾチックな蝶を楽しむことができます。オーキッド&バタフライファームはルートに沿ってあります。一年を通してエキゾチックな花を楽しむことができます。 これらのファームは熱帯種を自然環境の中で見ることができる蝶の特別なエンクロージャを持っています。
  • サイナームプンファーム チェンマイ一大きいオーキッドファーム
    営業時間 : 08:00–17:00
    問い合わせ : Tel. 0 5329 8771-2, 0 5329 7152
  • メーラムオーキッド
    営業時間 : 08:00–16:00
    問い合わせ : Tel. 0 5329 8801
  • スアンブアメーサオーキッド
    営業時間 : 07:30–16:30
    問い合わせ : Tel. 0 5329 8564
  • バイオーキッドアンドバタフライファーム
    営業時間 : 07:30–17:00
    問い合わせ : Tel. 0 5329 9588, 0 5329 9222
サンカンペーン温泉
サンカンペーン温泉
(San Kamphaeng Hot Springs)
サンカンペーン温泉 (San Kamphaeng Hot Springs)
場所: San Kampeang地区
サンカンペーン温泉は市街から36キロの木と緑の丘の自然環境の中にあります。お湯は硫黄含有量が高く、治癒や回復効果があります。
宿泊施設、プール、レストラン、個室浴槽があります。 近くにはRonng Arun温泉があり、バンガロー、浴場と立派な公園があります。Chang Phuakバスターミナルから公共交通機関を使い、サンカンペーンでおり、その後ローカルタクシーのソンテウをチャーターします。

入場料 : 30バーツ
問い合わせ : Tel. 0 5392 9077

ファン温泉 (Fang Hot Springs)
ファン温泉
ファン温泉 (Fang Hot Springs)
場所: Fang地区
バンピンにある温泉で、ファン市街の約8キロ北西にあります。この温泉は90-100度あり、花崗岩に由来しています。特筆すべきところは、強い硫黄の香りの蒸気を噴出している大きな温泉です。 
テープパノム温泉 (Thep Phanom Hot Spring)
場所: Mae Chaem地区
地殻における冷水が地球の熱エネルギーによって加熱され、それが表面で解放されるまで、熱が下がることはありません。平均温度は99℃です。
ポンアン温泉 (Pong Ang Hot Spring)
場所: Chiang Dao地区
この小さい温水プールは硫黄ガスと湯煙がたっています。年中水が湧き出ていて、入口はムアンンガイーバンナーワイロードの交差点から2キロ離れた、22キロ地点の交差点近くにあります。
ポンドゥアット温泉 (Pong Duet Hot Spring)
場所: Mae Taeng地区
ポンドゥアット温泉には3-4つの大きな温泉があり、小さいものがいくつかエリア中に広がっています。水は小さな流れの間欠泉から噴出し、森林の中で 雲を作り出します。時にはお湯が2mの高さに噴出します。お湯の温度は90-99℃です。Pong Duead自然遊歩道があり、1550メートルの長さがあります。
チェットシー温泉(レインボー温泉) (Jedsi Spring or Rainbow Spring)
場所: Mae Taeng地区
チェットシー温泉は冷泉で幅6メートル長さ8メートルあります。水は地下から一年を通じて出ており、カルシウムが含まれており、太陽の光に当たると虹の ようにみえるので、チェットシー温泉(レインボー温泉)と地元の人から呼ばれています。水流は100mほど流れ、ボウトンの滝になります。
ドイタオレイク (Doi Tao Lake)
場所: Doi Tao地区
この湖はチェンマイ-ホットドイタオルート上のチェンマイ市街から約133キロのところにあります。この大きな貯水池はターク県のプミポンダムの上にあります。 湖では雨季と涼しい季節の間は、プミポンダムへのラフティングやクルーズを含むたくさんのリクリエーションができます。宿泊施設もあります。
ドイルアンチェンダオ (Doi Luang Chiang Dao)
場所: Chiang Dao地区
ドイルアンチェンダオはチェンダオ郡にあるチェンダオ野生保護地区にある石灰石の山です。この円錐系の山は海抜2,195mあり、ドイインタノン、ドイパーホームポックに次いでタイで3番目に高い山です。 狭い山頂の平地からは、チェンダオ郡側の霧、ドイサムピーノン、チェンダオ山脈、と遠くにドイインタノンのすばらしい景色が楽しめます。山頂は涼しく風があります。レアな高原植物、鳥、蝶であふれています。 ドイチェンダオを訪れるにいは、森林局の野生保護区長の許可書が必要になります。旅行は少なくとも2週間前にアレンジしなければいけません。

行き方 : 山頂へは徒歩で行くことが可能です。チェンダオケーブにて、ガイド、ポーターとトレイルのスタート地点への車のチャーターが可能です。 ローカルなトラックのレンタルは大よそ900バーツ、ポーターは一人につき300バーツです。チェンダオ山には観光者向けの施設はありません。ビジターは寝袋、食料と水を自分で用意しておかなければいけません。 山を下るのはBan Tham近くの遊歩道が可能で、チェンダオケーブの近くにあります。遊歩道はかなり険しく登るのは大変です。
問い合わせ : Tel. 0 2561 2947

ドイアンカーン (Doi Ang Khang)
場所: Fang地区
チェンマイのドイアンカーンはファンロードの約13キロのところにあります。チェンマイ市街から行く場合は往復3時間ほどかかります。山の標高は約1300メートルです。 ドイアンカーンはすばらしい市街地の眺めが有名です。非常に険しい坂なので、山の山頂に登るのは非常に困難です。都会の喧騒から離れて静かさを求めている方は、チェンマイのドイアンカーンは訪れるべきです。
ドイプームエン (Doi Pu Muen)
場所: Mae Ai地区
ドイプームエン(プームエン山テープランテーション)はメーサオ、メーアイにあり、チェンマイから北に174キロ離れ、海抜1,296メートルです。都会の生活のバッテリーをチャージするひとつの目的地になっています。 ラフー山岳民族の生活とともにどのように中国茶が生産されるかを学ぶことができます。自然の美しさとともに自分探しをしたい方は訪れる価値があります。
ドイモンチョン (Doi Mon Chong)
場所: Om Koi地区
オムコイ野生動物保護地区内にあり、チェンマイ県のオムコイ郡とターク県のサムンガオ郡のエリアをカバーします。ドイモンチョンはタイ北部の美しい山の隠れ家です。 見所は、絶滅の危機にあるために保護されているシロイワヤギと息を呑むような山岬の眺めです。タイでもっとも大きなアゼリア(シャクナゲ種)は12月から1月が見どころで、赤、ピンク、白の花びらが山を飾ります。 風景は穏やかで、広範囲に広がる丘と幅広い草原です。森林と平地は多くのレアな鳥とその他の生物の住処です。ドイモンチョンへ登るハイキングトリップは1日でできますが、 非常に疲れるので午前6時半以降に始めるべきではありません。ハイカーはより快適な訪問となるように最低1泊2日をおすすめします。さらに、事前の許可が必要になり、野生動物保護区オフィスのあるMusoeのオムコイ野生動物保護区にて申請します。
ドイランカー (Doi Lang Ka)
場所: Sansai地区
海抜2,000メートルのタイで5番目に高い山です。一年を通して天候は涼しいです。カンペーンペット村から12キロです。
ドイインタノン (Doi Inthanon)
場所: Mae Chaem地区
ドイインタノンの山頂からは5つの景色が見え、特に11月、12月がすばらしいです。山頂には大理石の銘板近くの後にIntharawichayonon王子を安置している仏舎利塔があります。 しかし、写真撮影はレーダー基地のいかなる場所においても禁止されています。
ドイクムファ (Doi Kum Fa)
場所: Chiang Dao地区
ドイクムファの山頂は1,834メートルあり、すばらしい霧を見ることができます。トレッキングやキャンプ、バードウオッチングができます。
ドイパーホームポック (Doi Pha Hom Pok)
場所: Fang地区
ドイパーホームポックはタイで2番目に高い山で海抜約2285メートルあります。山頂は地質条件によって引き起こされた平地があります。 地下に花崗岩の地層と薄い土壌の層があり、強い吹き抜ける風が年中吹いています。ここからは霧やタイとミャンマーの国境に沿って山の尾根を走る道などのすばらしい景色を見ることができます。
ドイチャンビューポイント (Doi Chang Viewpoint)
場所: Mae Taeng地区
最も高いビューポイントのドイチャンビューポイントは、木の枝や木の上部からぶら下がっている蘭のすばらしい眺めを見ることができます。この場所は自然研究の源に値します。ドイゲウロムビューポイントの北です。
ドイゲーウロムビューポイント (Doi Gew Lom Viewpoint)
場所: Mae Taeng地区
ドイゲーウロムビューポイントはさまざまなタイプのカラフルな花が見えたり、谷のすばらしい霧を楽しめるタイ人、外国人旅行者のどちらにも有名なところです。 付け加えて、この場所は王女Galyani Vadhanaの宮殿があります。二つの自然遊歩道があります。Ueang Ngoen 自然遊歩道とChom Doi自然遊歩道です。どちらの遊歩道も約1.5キロです。
ドイトゥアイビューポイント (Doi Tuay Viewpoint)
場所: Chiang Dao地区
調査エリアの北端にあり、メーピン運河の源なので、“クンピン”と呼ばれています。このエリアの気候は非常に快適でタイとミャンマーの山のすばらしい景色を楽しむことができます。 ここに行く場合は、チェンダオ郡のMuang NaのMuang Na村からスタートし、ドイトゥアイの尾根に沿って運転します。約10キロの長さです。
ラムナームメーテン (Lam Nam Mae Taeng)
場所: Mae Taeng地区
メーテン側の土手のラムナームメーテンはたくさんの小鳥のいる常用樹林に囲まれています。ホワイトウォーターラフティングはこの流れに沿ってでき、簡単に忘れることが出来ない、 豊かでエキサイティングな経験が出来ます。トリップはポンドゥエン温泉から始まり、Pang Pa Kha(7km)またはPa Khao Lam(9km)へのショートルートです。ラフティングは3-4時間かかり、Sop Kai村で終了します。
パートゥー (Pha Toob)
場所: Hang Dong地区
Pha Toobは丘の横の小さな崖です。観光スポットはナン川のエリアにあり、北へ行くOb Hiから約2キロです。パートゥの底部からメコン川へいたる滑らかな岩層があります。
動物園
チェンマイ動物園
チェンマイ動物園 (Chiang Mai Zoo)
チェンマイ動物園 (Chiang Mai Zoo)
場所: Mueang地区
チェンマイ動物園はタイで一番大きく、世界中でも大きな動物園のひとつに入ります。212.4エーカーをあり、ドイステープのふもとのかなりを占めています。 (ドイステープ訪問の最後に最適です。)400種を越す哺乳類、鳥類、爬虫類と水生生物の7000以上の標本があり、あらゆる種類の動物愛好家のための場所です。 歩道を内蔵した鳥小屋では、800を越すエキゾチックでカラフルな鳥を見ることができます。(オスの孔雀が園内を自由に放浪しています。)その他のエリアはアフリカオットセイやギボンアイランド、象乗り同様に必見です。 もっと冒険的なタイプはより近付け、自然に密着できるキャンプエリア、エレファントライドサービスがあり、4つの駅に止まるモノレールが園内を走っています。

営業時間 : 08:00-18:00
入場料 : 大人100バーツ、子供50バーツ
問い合わせ : Tel. 0 5321 0374, 0 5335 8116

メーサスネークファーム (Mae Sa Snake Farm)
場所: Mae Rim地区
メーサスネークファームはMaeRim-Samoengロード上にあります。この地方ではもっとも大きなスネークファームです。ほかのチェンマイの公園や庭園と比べて、訪れる人の数がとても多いです。 メーサスネークファームにはたくさんの蛇がいます。蛇使いがファームにいるすべての種類の蛇を見せてくれます。蛇の中には毒のないものもいますが、ここにいる蛇のほとんどが毒蛇です。 メインハイライトは毒コブラです。メーサスネークファームはただのエンターティメントだけでなく、蛇について知ることもできます。ここでは多くの誤解や蛇に関する迷信を解くことができます。 メーサスネークファームチェンマイは蛇の展示が有名なだけでなく、蛇の広範囲の研究と蛇の飼育の深い研究も有名です。

営業時間 : 毎日ショーが開催されます。ショータイムは、11:30、14:15、15:30から、約30分です。
入場料 : 大人200バーツ、子供100バーツ
問い合わせ : Tel. 0 5386 0719

タイガーキングダム (Tiger Kingdom)
場所: Mae Rim地区
メーリン郡のリンタイ地区のメーリン-サモエンロードにあります。タイガーキングダムチェンマイはトラに触れて遊べるチェンマイでもレアな体験ができます。 フレンドリーなスタッフが手助けしてくれ、ベビー、スモール、ラージタイガーから選ぶことができます。遊んで、撫でて、写真を撮る経験ができます。

営業時間 : 10:00-18:00
問い合わせ : Tel. 053 299 363, 053 860 704

チェンマイナイトサファリ (Chiang Mai Night Safari)
チェンマイナイトサファリ
チェンマイナイトサファリ
(Chiang Mai Night Safari)
場所: Hang Dong地区
チェンマイナイトサファリは夕方と夜のツーリストアトラクションとして設立されました。タイで始めてのナイトサファリです。チェンマイナイトサファリは世界規模の観光地になるように、 常に国際観光規定にアップグレードされています。展示ゾーンは3つのメインエリアに別れています:サバンナサファリ、プレデタープラウルとジャガートレイルです。チェンマイナイトサファリは、 ハンドンとステープ郡のメーヒアとノンクワイ地区にあるドイステーププイ国立公園内にあります。面積131ヘクタール。市街から車でたった10キロです。

営業時間 : 11:00–23:00
入場料 : 大人500バーツ、子供300バーツ
問い合わせ : Tel. 0 5399 9000

その他の見どころ
ボーサンアンブレラビレッジ (Bo Sang Umbrella Village)
場所: San Kampeang地区
200年以上の間、ボーサンの小さな村のほとんどの人々はシルクやコットンの傘や紙パラソルの傘商売で生計を立てています。傘ができる皇帝を見て、美しくカラフルなデザインの中からひとつを選び、 お土産にしてはいかがでしょうか。毎年恒例のフェアが1月にメインストリートで行われ、傘のパレード、ミスコンテスト、展示、傘やその他の手工芸品の販売があります。
ロイヤルアグリカルチャルステーション アンカーン (Royal Agricultural Station Angkhang)
場所: Fang地区
ドイアンカーンロイヤルアグリカルチャルステーションはドイアンカーンの谷あいにあります。このステーションはタイで生育が可能な熱帯植物の研究を行っています。 実験は山岳民族のアヘン農園の代替として換金作物の栽培を促進する目的を持っています。ステーションの中には、美しく作られた花園、レストランと農園があります。 リクエストによりレクチャーを受けることもできるので、グループで訪れる際は事前連絡をお勧めします。施設は宿泊施設(ステーション内)、食べ物、飲み物、駐車場、トイレなどがあります。 さらにステーションの周辺にはたくさんのゲストハウスやホテルがあります。入場料は車1台50バーツ(ドライバー込)、1人30バーツです。ステーションの前で行われる山岳民族の朝市は、素晴らしく、魅力的です。

営業時間 : 06:00-18:00
問い合わせ : Tel. 0 5345 0107-9 ext 9

 
larger text smaller
タイの時刻 08:52 (GMT+7)