バンコクのリクリエーション活動

タイボクシング
タイボクシング(ムエタイ)
タイボクシング タイボクシングは、スポーツと自己防御の両方を供え持ちます。出場者はほぼ全身:足先、肘、足、ひざ、肩の使用が認められ、すべてが武器です。 試合中に演奏される伝統的な音楽は、さらに興奮を高めます。バンコクにはムエタイスタジアムが2箇所あります。

icon ラチャダムヌンスタジアム 電話: (02) 281-4205、ラチャダムヌンノックロードにあり、毎週月曜、水曜、木曜は午後6時から、日曜は午後4時と8時から。

icon ルンピニスタジアム 電話: (02) 251-4303 ラマ4世ロードにあり、火曜、金曜は午後6時30分から、土曜日の午後は5時-8時と8時30分からの2回あります。 ムエタイを習いたい外国人は、ムエタイ協会(Muay Thai Institute) 336/932, Prachathipat, Thanyaburi, Pathum Thani 12130、電話: (02) 992-0096-9 までお問い合わせください。

icon チャンネル7スタジアムは、 バンコクの旧北バスターミナル(モーチット)の裏にあります。電話: 02-272-0201
開催日:日曜日 午後1時45分、毎月第三水曜日は正午から。
入場料:無料

詳細 icon icon
競馬
競馬
レースは日曜日の12:30-18:00に二つの競馬場で交互に行われます。
icon ロイヤルターフクラブ オブ タイランド , Phitsanulok Road, Tel: (02) 280-0020-9.

icon ロイヤルバンコクスポーツクラブ, Henry Dunant Road, Tel: (02) 251-0181-6.

icon タイランドエクエストリアン フェデレーション Phahonyothin, Samsen Nai, Phrayathai, Bangkok. Tel: (02) 710 - 3165 - 66

icon RBSCポロクラブ Soi Polo, Wireless Rd., Pathumwan, Bangkok; Tel: (02) 252-6731

icon オーチャードパーク Sriwara Rd., Wangthonglang, Pathumwan, Bangkok. Tel: (02) 934 - 4377 - 8

iconB.E.Cスポーツクラブ Chalerm Phrakiat Ratchakan Thi 9 (Chat San Thahan Ruea) Sukhumvit Soi 103, Sukhumvit Rd.,Prawet, Bangkok. Tel: (02) 328-0273

バンコクショッピング
ショッピング
バンコクのショッピングはひとつや二つの主要な通りだけには限られません。バンコク中に十分な選択肢があり、簡単にアクセスできるたくさんのエリアがあります。 バンコクの都心の主要ショッピングエリアには、沢山の専門店、ショッピングプラザ、デパートなどがあり、場所にはシーロム、サイアムスクエアー、ラチャダムリ、プラトゥーナム、プルンチット、バンランブーが含まれます。
サイアム/ラチャダムリ
icon サイアムパラゴン サイアムパラゴン
サイアムパラゴンは近代的なバンコクの代表名詞です。アジアでもっとも大きなショッピングセンターのひとつです。パラゴンには国際的なファッションブランド、幅広い専門店とレストランと複数の映画館(大きな15個のスクリーン: その中のひとつはアジアでもっとも大きなスクリーンと収容人数を誇ります。)がある複合施設です。これで足りない場合は、サイアムオーシャンワールド-東南アジア最大級-や、展示ホール、対アートギャラリーやオペラコンサートホールを訪れましょう。
行き方:
BTSサイアム駅下車
バスno.  15, 16, 25, 54, 204, 501, 508

icon MBKショッピングセンター
マーブンクローンの略語です。タイの首都でもっと大きなモールのひとつです。8階建てで、330mの長さのフロアに2500店以上の店舗が広がります。 携帯電話や電化製品、家具、安い衣類(品質はそれなりです)を買うには完璧なところです。さまざまな専門店とレストランもあります。
行き方:
BTSナショナルスタジアム駅下車、徒歩
バスno.  25, 29, 34, 36, 47, 50, 93, 501

icon セントラルワールドショッピングコンプレックスセントラルワールドショッピングコンプレックス
バンコクの都心でもっとも大きな8000M2のエリアをカバーする屋外イベント広場では、新年のカウントダウンパーティーなど大規模なイベントが行われます。このプラザには400の噴射口のある噴水があり、1日10万人まで収容することができます。
6つのショッピングゾーンに分かれており、どれもユニークなデザインと雰囲気があり、買い物客は無数のショッピング体験を楽しめます。そして、自分たちがいる場所や行きたいゾーンは簡単に分かります。 多くの商品はファッションブランドやコスメティック&スキンケア、クリニック&ヘルスケア、アート&ハンディクラフト、自動車アクセサリー、生地やアクセサリー、皮製品&靴、本と文房具、携帯とサービス、電気製品とアプリ、シルバー、ジュエリー、家具などです。
行き方:
BTSチッドロム下車
バスno.  25, 29, 34, 36, 47, 50, 93, 501

icon ボナンザモール
ボナンザモールは、若いタイ人がよく利用するショッピングモールです。ここの洋服やアクセサリーの価格は、サイアム周辺でも安いです。MBKの反対側にあります。 スカイブリッジが2階につながっており、小さなショップがたくさん入った混雑しているショッピングプラザです。
行き方:

BTSナショナルスタジアム駅又はサイアム駅下車
バスno.  25, 29, 34, 36, 47, 50, 93, 501

icon パンティッププラザ ITモール
パンティッププラザは6階建てのショッピングモールで、コンピューター用品に特化されており、海賊版(以前よりは海賊版の販売は少なくなりましたが、ソフトウエアーやDVDは今も広く販売しています。)が有名です。
行き方:

BTSラチャテヴィー駅下車
バスno.  2, 11, 23, 60, 93, 140, 505, 511

icon ナラヤナパン(ナライパン)
ナラヤナパンは政府運営のタイのハンディークラフトセンターで、様々な種類の伝統工芸品があります。価格はかなり高く、交渉できませんが、明確に表示されているので、 市場にいく前に何があって、幾らで売られているかのベースライン価格を知るのに適しています。場所: ナラヤナパンは973 Ploenchit Roadのプレジデントタワーアーケードにあり、インターコンチネンタルホテルの隣です。
行き方:

BTSチッドロム駅下車
バスno.  2, 25, 501, 508, 511, 513
ナラヤナパンは973 Ploenchit Roadのプレジデントタワーアーケードにあり、インターコンチネンタルホテルの隣です。

icon ペニンシュラプラザ
ペニンシュラプラザは高価なダイアモンド、スワロフスキークリスタル、シルク、アンティークとシルバーなどのショッピングセンターになっており、広く、エラワン同様に快適で、このスタイルは同様にリラックスも出来ます。カフェと一般的な店舗もあります。
行き方:

BTSチッドロム駅下車
バスno.  2, 11, 23, 60, 93, 140, 505, 511

プラティナムファッションモール icon プラティナムファッションモール
プラティナムファッションモールは、タイでもっとも大きなファッションモールであり、ワンストップの卸売りショッピングモールでもあります。 このファッションモールは、国際的な卸売りショッピングをコンセプトにデザインされています。ここではファッショントレーダーのための様々なサービスがあり、製品は、洋服、革製品、アクセサリー、 ギフトショップなど多種多様なショップや小売があり、インベントリーカーゴ、国内、国外輸送、駐車場、エレベーターやその他を提供しています。これらのサービスはプラティナムファッションモールにいる全員の買い物や取引をより便利にします。
行き方:
BTSラチャテヴィー駅下車
バスno.  2, 11, 23, 60, 93, 140, 505, 511

icon サイアムセンター/サイアムディスカバリー
サイアムセンター サイアムセンターとサイアムディスカバリーセンターはタイ、バンコクのパトゥムワン地区にあるツインショッピングモールです。 BTSサイアム駅に位置し、モールは、対面にサイアムスクエアー、隣にサイアムパラゴンがあり、MBKセンターに隣接する巨大ショッピングエリアの一部になっています。 両ビル共にSiam Piwat Co. Ltd.が所有しており、The Mallグループと共にサイアムパラゴンの一部を所有しています。 4階のスカイブリッジで、サイアムセンターとサイアムディスカバリーが繋がっています。近年の階層は“Magical Glass Box”をコンセプトにし、4階には新しいフードコートを、 10代の“ファッションセンター”として位置づけ、国際的なファッションブランドが入っています。
行き方:
BTSサイアム駅下車
バスno.  15, 16, 25, 54, 204, 501, 508

icon サイアムスクエア
サイアムスクエアは、タイ、バンコクのサイアム地区にあるショッピングとエンターティメントエリアです。このエリアはその他の重要なショッピングセンターと接続しており、 サイアムセンター/サイアムディスカバリーセンター、MBKセンター、サイアムパラゴン、ラチャプラソンショッピング地区とスクンビットなどには、スカイブリッジで繋がっています。 2階建てのワトソンズの薬局チェーンのようなチェーン店の他に、無数のショップやブティックがあり、地元デザイナーブランドのアパレル、ジュエリー、音楽や骨董品を販売しています。 MBKセンターの対面にあるボナンザモールは10代-大学生向けの安いファッションアイテムを販売している混雑した小店がたくさんあります。
行き方:

BTSサイアム駅下車
バスno.  15, 16, 25, 54, 204, 501, 508

スクンビット
iconエンポリアム
エンポリアム エンポリアムショッピングセンターはゲイソンプラザの一番のライバルで、低層階にはルイスヴィトンやローレックスのようなブランドが並びますが、(ゲイソンと違って)上層階には手ごろな価格の商品も色々あります。 エンポリアムには人気のフードコートがあり、5階には豊富なレストランがあります。最上階には映画館があり、横にはデザインされたすばらしいプライベート図書館があります。 パスポートがあると、無料の1日バスが貰えます。すばらしい本を読んで1日を過ごしてみてはいかがでしょうか。
行き方:

BTSプロンポン駅下車
エンポリアムショッピングセンターは、スクンビットソイ24にあります。

icon ロビンソンデパートメントストア(スクンビット)
O家庭用品と衣類、生鮮食品と日本食材の品揃えがよく、サービスの良いスーパーがあります。フードホールは地下にあります。
行き方:

BTSアソーク駅下車、1番出口
MRT地下鉄スクンビット駅 3番出口
バスno.  2, 25, 501, 508, 511, 513

icon ターミナル21
ターミナル21 贅沢でスタイリッシュなターミナル21はマーケットストリートスタイルを取り入れ、まったく新しいショッピング体験が出来ます。 このファンタスティックなデパートは様々な有名な世界中の地名、ロンドン、パリ、サンフランシスコ、ハリウッド、東京、イスタンブールの特色を取り入れ、ひとつの屋根の下でそれらすべてを展示しています。 ファッション、フード、フィルムの完璧なコンビネーションがあり、ファッション業界人、都会人のためのショップが600以上もあります。 食欲をそそる多種多様な料理は舌を満足させ、ここでのエンターティメントで楽しんでください。もっとも強調されるビルのインテリアのひとつは、印象的な36メートルの長さのエスカレーターで、すべてのビル内の大陸を結んでいます。 BTSアソーク駅、地下鉄スクンビット駅の両方からターミナル21に直結しています。
行き方:
BTSアソーク駅下車 1番出口
MRT地下鉄スクンビット駅 3番出口
バスno: 2, 25, 38, 40, 136, 185, 501, 508, 511, 513

icon Kヴィレッジ
Kヴィレッジはスクンビットソイ26にあるオープンエアーショッピングモールで、人気のファッションブティックをチェックし、すばらしい選択のレストラン街での食事を楽しみ、人気の場所になっています。 のんびり出来るようにデザインされており、モールは居住エリアにあるトロピカルガーデンに囲まれた2階建てビルディングです。プロジェクトは2007年にスタートし、2010年3月にオープンしました。 Kヴィレッジは2つのビルディングに広がり、ビルディングAとBがあります。ビルディングAはメインでスーパーマーケットとグルメ市場になり、有名なワインコネクション、 Kuu&Sake Bar、T.House、Len Zen Boat Noodlesなど色々なショップが入っています。ヘルス&ビューティースパ、ヘアーサロンはビルディングAの上階にあります。 ビルディングBは主にカフェとレストランがあり、駐車場の横の低層階にはK Mode ミニファッションショップなどが入っています。
行き方:
BTSプロンポン駅下車、バイクタクシー利用

シーロム
ーロムコンプレックスショッピングプラザ icon シーロムコンプレックスショッピングプラザ
シーロムコンプレックスは、シーロムロードで唯一のオールインワンショッピングセンターです。ファッション、フード、ジュエリー、装飾品が一等地にあります。 ショップの中にはTops Marketplace、B2SとPowerbuyが入っています。ビルには1800台収容の駐車場があります。
行き方:

シーロムコンプレックスショッピングプラザはBTSサラデーン駅と地下鉄シーロム駅を出たところにあります。(191 Silom Road, Bangrak, Bangkok)

icon チャムチュリ スクエア
チャムチュリスクエアは、シーロムの最新のショッピングモールで、必要としているものやそれ以上のものを何でも見つけることが出来ます。学習、ビジネスと中華、和食から、韓国、ベトナム、アメリカ、ヨーロッパに至るインターナショナル料理の中心にもなっています。
行き方:

チャムチュリ スクエアは、MRTサムヤン駅近くのラマ4世通りにあります。

icon ザ シーロム ギャラリア
ザ シーロム ギャラリアは“アート&クラフトセンター”として有名で、ありとあらゆる高品質の宝石(タイ各地からのもっとも貴重な宝石があります。 )、アンティーク(東洋芸術を継承し、伝統的なタイの生活方法とデザインアイディアを反映しているタイ芸術品)、芸術品(多くのタイ芸術家の絵画がここに展示されており、 この国の芸術作品の芸術的な可能性を説明しています。)と、お守りが展示されています。
行き方:

シーロムギャラリアはシーロムロードにあります。地下鉄シーロム駅又は、BTSサラデーン駅下車。シーロムロードに沿って歩きます。ギャラリアはプラムアンストリートとソイ21の間の左側にあります。

icon ザ シティ ビバ
ウイスキー界の大物、Charoen Sirivadhanabhakdi氏の一族によって建てられた初めてのコミュニティーホールが2011年5月にバンコクのダウンタウンにオープンしました。 ザ シティ ビバはファッション、美容、レストラン、その他のサービスの6ゾーン、280テナントあります。ヴィラマーケットが1階に入り、コミュニティホールのメインショップになります。
行き方:

BTSチョンノンシー駅下車、徒歩
BRT Arkan Songkhro駅下車、徒歩。
チッドロム/プルンチット
icon ゲイソンプラザ
ゲイソンプラザ ゲイソンプラザは、アルマーニ、グッチ、ティファニーやその他多くのブランドショップが入っている最高級ショッピングモールです。最上階には、その高い品質によって、区別されているタイの手工芸品とアンティークが数多く揃っており、かなり高価です。
行き方:

ゲイソンプラザはプルンチッチロードとラチャッダムリロードの角にあります。BTSチッドロム駅下車
バスno.  2, 25, 501, 508, 511, 513

icon セントラルチッドロム
セントラルチッドロムは、大きなデパートです。セントラルグループの本店になっており、1973年に開業しました。8階建てのデパートでは、多くの高級品を販売しています。 毎日午前10時から午後10時まで営業しており、BTSや市バスで簡単に行く事ができます。常に十分な駐車スペースがありますが、バンコク都心のひどい渋滞のために、多くの人が車という手段を選ばないからでもあります。
行き方:

BTSチッドロム駅下車、徒歩
バスno.  2, 25, 501, 508, 511, 513

icon オールシーズンズプレイス
オールシーズンズは良い小売店とデパートの両方があり、衣類ブティック、カスタムテーラー、アートショップ、ギャラリー、アンティークショップ、ジュエリー、スポーツ用時計とアクセサリー、 文房具/本屋、銀行の各支店、スパ、ヘルスケア、クリニック、ワインセラー、スーパー、その他様々なお店があります。
行き方:

BTSプルンチット駅下車
バスno.  2, 25, 501, 508, 511, 513

アマリンプラザ icon アマリンプラザ
アマリンプラザはバンコクの中心部、ラチャプラソンショッピングエリアにある、もうひとつのすばらしいショッピングモールです。インテリア、良質な家具、ジュエリー、電化製品、ファッションのお店が5階に別れて入っています。 ナライパンアウトレッドでは、タイ手工芸品とみやげ物を販売しています。また様々なレストランとスパも入っています。
行き方:
BTSチッドロム駅下車
バスno.  2, 25, 501, 508, 511, 513

チャイナタウン
icon インディア エンポリアム
インディアエンポリアムのドアをくぐれば、ニューデリーやムンバイのたくさんある市場のひとつにテレポートしたように感じるでしょう。小さな屋台がメイン通路に見渡す限りに広がっています。 多様な商品と、ブラックキャニオンコーヒー、ダンキンドーナッツ、オイシデリバリーとMKレストランの4つのレストランは1階にあります。奇妙な話ですが、インディアンレストランはひとつもありません。 2階では、コットン、ベットシーツ、カーテン、ラグとインド家具を販売しています。

3階はインディアンウエディングドレス、伝統的なインディアンシューズ、インディアン仏教グッズの販売があり、インド人占い師もいます。4階は完全に“フードパラダイス”専用になっており、 インド、タイ、インターナショナル料理をデザート、ドリンクとともに食べることが出来ます。
行き方:

MRT地下鉄フアランポーン駅下車
バスno.  7, 21, 31, 40, 529
Tトンロー
icon Jアヴェニュー
Jアヴェニュー Jアヴェニューはタイで一番初めのライフスタイルショッピングセンターと位置づけられており、新しい世代の近代的なライフスタイルのニーズに完全に応えています。 非モール形式は通常のショッピングセンターと差別化を図り、トレンディーなJアヴェニューは日本にあるほとんどのショッピングモールのような利便性と清潔さに重点を置き、特徴的な機能の設計にしました。 空間のダイナミックな使用と並んで、このすばらしい屋外モールは広範囲な製品やサービスを提供する折衷的なショップやストアだけでなく、色々な高級なレストラン、スーパーマーケットとエンターティメントホットスポットもあります。
行き方:
スクンビットロードから、ソイスクンビット55(ソイ トンロー)に沿って、ソイ トンロー15まで直進すると、Jアヴェニューがあります。

icon ザ マーケット プレイス
ソイ トンロー3に位置し、マーケットプレイスではさまざまなインターナショナルレストラン、スーパーマーケットとたくさんのファーストフード店があります。 オフィスワーカーが昼食時はモダンなコーヒーショップに集い、仕事帰りにはレストランで、若い人たちはマクドナルドやバーガーキングなどのフランチャイズに向かいます。
行き方:

BTSトンロー駅又はMRT地下鉄スクンビット駅下車。

icon パークレーン バンコク
BTSエカマイ駅から徒歩5分に位置するパークレーンバンコクは小さなコミュニティモールで、さまざまな商品やサービスを提供するレストランやショップが入っています。 パークレーンバンコクの建築は非常に独特で、近隣のほかのビルディングよりも目立っています。白い外装で、部分的にいくつかオープンウォークウェイがあり、多くのローマスタイルの柱と屋根付通路があります。 小さな庭が屋外エリアの中央にあり、買い物客は休憩したり、豊かな緑と噴水の心地よい景色を楽しんだりできます。
行き方:

BTSエカマイ駅下車、徒歩5分。

Jアヴェニュー
アジアティック ザ リバーフロント icon アジアティック ザ リバーフロント
アジアティック ザ リバーフロントは広いチャオプラヤ川ビューのオープンエアーモールになっており、最新の“フェスティバルマーケットとリビングミュージアム”がコンセプトです。 フュージョンショッピング、ダイニングカルチャー、コロニアルスタイルの建築は、スタイルと洗練を求めている人たちに快適な経験を提供します。
行き方:
BRTラマ3世駅下車、タクシー。
BTSサパーンタクシン駅下車、アジアティックの無料サービスボート利用。

icon リバーシティ ショッピングコンプレックス
チャオプラヤ川のトンブリの川岸のシープラヤピアの横に位置しているリバーシティショッピングコンプレックスはバンコクでもっとも高級なショッピングモールのひとつです。 タイ、カンボジア、ミャンマー、ラオス、中国、ベトナムからの芸術品やアンティーク、工芸品が4階に分かれて入っています。木彫りの家具から仏像、タイシルクにいたるまであらゆるものを買うことが出来ます。 月1度のオークションは各月第一土曜日に行われ、掘り出し物を見つけるチャンスです。
行き方:

BTSサパーンタクシン駅下車、無料のリバーシティボートサービスを利用するか、36番のバス利用。

ラチャダピセーク
icon セントラルプラザグランド ラマ9
セントラルプラザグランド ラマ9 セントラルプラザグランドラマ9はバンコクでもっとも主要なビジネス、商業地区のひとつの理想的な場所にあります。21万4000M2を所有し、巨大なセントラルプラザグランドラマ9は、 都会の人々のモダンなライフスタイルと調和したショッピング体験を作り出すことを重点においています。さまざまなタイ、国際的に有名なブランド品やストアーだけでなく、 このすばらしいショッピングコンプレックスには、優れた選択の世界各地からのおいしい料理もそろっています。

ここでは、映画、カラオケ、アイススケートのような一体化した娯楽施設を楽しむこともでき、さらにフィットネスセンター、ヨガスタジオ、ビューティークリニック、美容室、 アート&ミュージックスクール、武道、語学学校など多様なライフスタイルも提供しています。
メインエントランスは、MRT地下鉄ラマ9世駅に直結しています。これ以上便利にセントラルプラザグランドラマ9に来れる方法はありません。
行き方:

MRT地下鉄ラマ9世駅下車、2番出口を経由してセントラルプラザラマ9へ入れ、ショッピングコンプレックスのエントランス、レベルBni接続しています。
バスno.  73, 136, 137, 158, 163, 168, 171, 172, 179, 185, 206, 514, 517, 528, 529, 551

エスプラネード icon エスプラネード
エスプラネードはプレミアムショップがはいっています。その他の見所は、California Wow Experience Fitness Club、屋外スケートパークのSub Zeroアイススケートリンク、レストランなどに限らず、いろいろあります。
行き方:

MRT地下鉄タイカルチャーセンター駅下車
バスno.  136, 137, 185, 136, 137, 179, 185, 206, 514, 517

icon フォーチューンタウン/ITシティ
フォーチューンタウンはITシティとしても有名で、バンコクで電化製品を買うのに、もっともすばらしい場所のひとつです。モールの2階には、巨大な携帯売り場があります。 この大きなショッピングセンターには大きなスーパーマーケット/デパートのテスコロータス、散髪、標準的なレストランやフードコートがあります。
行き方:

MRT地下鉄ラマ9世駅下車
バスno.  136, 137, 185, 206, 514, 517

icon ロビンソン ラチャダピセーク
ロビンソンラチャダピセークはバンコクの主要商業、エンターティメントエリアのひとつのラチャダピセークロードの便利な場所にあります。国内外のブランドの人気商品やサービスがたくさんあります。 買い物客、年齢、レベルを問わず必要なものすべてが満たされ、ロビンソンラチャダピセークは洋服、アクセサリー、化粧品、香水など高品質なものを取り揃えていることでも知られています。美味しいレストランもたくさん入っています。
行き方:
MRT地下鉄 タイカルチャーセンター駅下車。
バスno.  122, 136, 137, 157, 163, 179, 185, 206, 514, 517, 529

マンション7

icon マンション7
マンション7は、奇妙なねじれがあるテーマモールです。後期のオーナーの娘に関する伝説により、暗く、捕り付かれた、お化けの話があります。 ダークマンションに居つくゴーストがメインアトラクションになっており、ユニークなショップとレストランがある奇妙な庭がお待ちしております。 ラチャダピセークロードにあるメインエントランスから、マンション7は、巨大な巣のように立っており、爪が通行人を吸収するようです。 中にはいってからは、奇妙な庭が様々な魅力的なショップや軽食処があります。庭を越えると、プレイグラウンドゾーンがあるだけでなく、血のように赤い月に照らされて、テーマレストランやバーが周りにあります。 メインハイライトは2階建てのダークマンション事、お化け屋敷で、好奇心を書き立てる不気味なファサードが奥のほうにあります。-時折中に“閉じ込められた”叫びや悲鳴が聞こえてきます。
行き方:
MRT地下鉄フアイクワーン駅下車 徒歩
営業時間:日-木曜 正午-深夜12時、金-土曜 正午-深夜2時。

チャトチャック
icon セントラルラップラオ
3600万バーツを超える予算で、6ヶ月をかけて改装したセントラルラップラオはお客様が期待する以上のすばらしい内容のショッピングコンプレックスとして印象的にカンバックしました。 3100M2を超える面積の巨大なセントラルラップラオは、セントラルデパート、TOPSマーケット、SFシネマによる9つの映画館、ソフィテルセンタラグランドホテルとBCC, バンコクコンベンションセンターがあります。高品質な製品とサービスがたくさんあり、この新しい磨きのかかったショッピングコンプレックスは、完璧な“ワンストップショッピング”の場所です。 高級ファッションアイテム、様々な美味しいレストラン、多数の家具、室内内装品から、アート、語学学校まで、セントラルラップラオは必要なもの全てを兼ねそろえ、ライフスタイルをより満足させるでしょう。
行き方:
MRT地下鉄パホンヨーティン駅。セントラルラップラオまで陸橋があります。
BTSモーチット駅下車、3番出口を出て地下鉄でパホンヨーティン駅下車
バスno.  8, 26, 27, 29, 34, 38, 44, 59, 63, 77, 96, 122, 134, 136, 138, 145, 182, 185, 191, 545, 550

icon JJモール
JJモール JJモールは、チャトチャック地区の中心にあるエアコン完備の巨大ショッピングセンターです。ショッピングコンプレックスはチャトチャックマーケットの隣にあります。 全てのショップゾーンは、買い物客の快適な買い物を確実にするために連動しています。商品は、クラフト、革製品、OTOP、衣類、靴、バッグ、化粧品、家庭家具、ジュエリーなどです。
行き方:

MRT地下鉄チャトチャックパーク駅/カンペーンペット駅下車
バスno.  3, 26, 34, 38, 49, 58, 77, 96, 122, 134, 136, 138, 145, 157, 158, 170, 508, 510, 512, 517

icon ユニオンモール
ユニオンモールはバンコク北部のショッピングセンターです。モールは8階建てで、150,000M2の面積があります。さらに、1240ブース、ショップ、エンターティメントサービス、 インターナショナルフードコート、ファーストフードチェーン、エンターティメントエリア、塾、フィットネスセンターとスーパーマーケットがあります。
行き方:

MRT地下鉄パホンヨーティン駅下車
バスno.  96, 145, 502, 517

空港

ドンムアン空港
ドンムアン空港 icon フューチャーパーク ランジット
アジア全体でもっとも大きなショッピングモールのひとつのフューチャーパークランジットはパヨンホーティンロードにあります。この巨大なモールは、タイの主要デパートのビッグC,TOPS, ロビンソンの支店が入っています。エンターティメントを探押している方は、EGVシネマがあり、同様に人気のウエスタンレストランとしては、マクドナルド、KFC,バーガーキングの支店があります。
行き方:

バスNo. 13, 29, 34, 59, 95, 504

icon ITスクエア(ラクシー)
300以上のテナントが入っているこの技術マニアのパラダイスは、すべてのショップがコンピューターと周辺機器に特化されています。安値で最新のキットを探していたり、 自分のマシーンの性能を上げるパーツを探しているなrばあ、ITスクエアーに行くべきです。また数多くのサービスセンターが入っており、スペシャリストがアシストして助けてくれるでしょう。
行き方:

ITスクエアはチェーンワタナにあります。 Bus routes 39, 510, 520

icon Zeer (ランジット)
タイ国内でもっとも大きなITショッピングモールのひとつのZeerは、面積80,000M2以上あります。さらに何百という店がハードウェア、ソフトウェア、アクセサリを販売しており、アイスリンク、 2つのボーリングセンター、スヌーカールーム、5つ以上の映画館などの色々なエンターティメントも揃っています。価格は、世界中の多くの場所よりも安く、最新の技術を高い費用を払うことなく得たい人にここにはその要素があります。
行き方:

Zeerはパヨンホーティンロードにあり バスno.  29, 34, 39, 59, 95, 185, 503, 510, 513, 520
営業時間 午前10時-午後9時

スワンナプーム空港
icon パラダイスパーク
パラダイスパーク “シーナカリンのオアシス”をコンセプトに造られ、予算20億バーツ以上をかけたパラダイスパークは東部バンコクのすばらしいショッピングパラダイスとして、位置づけられています。 シーナカリンロードにある旧セリセンターショッピングセンターからがらりと変わったショッピングコンプレックスには、様々な買い物客と、老若男女が多く集まります。 モダンなライフスタイルを向上させるだけでなく、楽しいショッピングの機会も提供でき、パラダイスパークはタイ国内外の700を越えるショップがあり、様々な食事が楽しめるレストラン街もあります。 コミュニティのグリーンエリアの中心となってる緑豊かな庭の“スワンルアンラマ9世”に隣接する絶好のロケーションです。この公園はこの広がっているショッピングセンターのインテリアと外装デザインの両方に刺激を与えています。 敷地の境界内に配置されている巨大なプランテーションと花壇とユニークな内装が明らかな証拠であり、より快適で楽しいモールにしています。
行き方:
バスno: 133, 145, 206, 207,537

icon セントラルプラザ(バンナー)
タイで最も愛されているショッピングモールのひとつのセントラルプラザは、タイ全土に支店があります。バンナー店は特に大きく、地区の主要ショッピングモールのひとつになっています。 8階建てのデパートでは、衣類から電化製品までなんでもみつかります。最上階は、大きな映画館があり、ファーストフードコーナーとレストランは各階にあります。
行き方:

セントラルプラザバンナーは、BTSウドムスック駅の隣にあります。バスNo. 38, 46, 48, 132, 139, 145, 46, 365, 207, 1141, 552, 550, 552Aで行くことができます。

icon シーコンスクエア
スワンナブーム空港から14キロのところにあるシーコンスクエアショッピングモールは、シーナカリンロードにあります。マハ チャクリ シリントーン王女により1994年にオープンし、世界的に有名なテスコやブーツ、 ファーストフードチェーン、レストラン、エンターティメントなど、様々な分野のショップがあります。
行き方:

シーコンスクエアはBTSオンヌット駅の隣にあります。バスNo. 145, 206で行くことが出来ます。

icon ザ ナイン
ザ ナイン “ザ ナイン”又は“ザ ナイン ネーバーフットセンター”は独特な“トロピカルヴィレッジ”のコンセプトの元、次元構想と環境にやさしいデザインと純粋な自然を融合させたすばらしいショッピングコンプレックスです。 このセミアウトドアコンプレックスは、緑豊かな熱帯植物のすばらしい雰囲気と涼しい風と良質な通気性が凝縮されています。この衝撃的なスタイルのショッピングコンプレックスは200を超えるショップ、 サービスで現代のライフスタイルへの楽しみを提供し、近所の在住者が必要とするあらゆるものがあります。飲んだり、食べたりする場所も豊富にあります。 ラマ9世ロードの絶好の場所にあるザ ナイン ネーバーフットセンターは、ライフスタイルゾーン、デリシャスキュージーンゾーン、ビューティー&ファッションゾーンとラーニングゾーンの4つのゾーンから成ります。
行き方:
ザ ナインはラマ9世ロードのソイ41に隣接します。ラムカムヘーンまたは第二高速Sri rat Suburban エキスプレスウェイからアクセスすることが出来ます。 都心からの場合は、ラマ9世ロードに入り、モーターウェイを経由します。料金所を出て、ラムカムヘンへ向かうジャンクションに行きます。 シーナカリンに向けて直進し、はじめの出口でラマ9世ロードに入り、明確に表示してある“The Nine”の際があります。絶対見逃すことはありません。

icon ザ パセオ
スワンナブーム空港とオンヌット周辺を飾る最新のショッピングモールのひとつのザ パセオは国際的なブランドのザ ボディーショップ、ブーツやテスコと幅広い品揃えのショップとストアーがあります。 買い物好きな方は掘り出し物を探して数時間過ごすことが出来るでしょう、さらにその他の娯楽施設は、映画館、カラオケ、ボーリングがあります。
行き方:

BTSウドムスック駅の隣にあります。

その他のエリア
icon CDC:クリスタル デザイン センター
CDC:クリスタル デザイン センター “クリスタルデザインセンター”は“CDC”として幅広く知られており、タイ、アジアの中で最初でもっとも包括的で統合されたデザインセンターです、すばらしい建築と内装は、有名なタイ人、インターナショナルな建築家によって建築されました。 優雅な見事な風景と並んで、センターの各部分は独特なキャラクターで創造的に造られています。CDCは消費者、デザイナー、建築家、ビルダー、内装、プロジェクトオーナー、輸入業者のワンストップショッピングセンターになっており、 そして輸出業者は革新的な材料の調達だけでなく、最新のデザイントレンドの傾向も維持しています。センターには、製品ショールーム、展示、会議設備、デザイン図書館、オフィススペースと多様な小売店舗を含む様々なレストランがあります。 2,000のインテリアデザインブランド、マイクロビール醸造所から印象的な美味しいチーズケーキまでファンタスティックなCDCは誰もを満足させる多くのものがあります。
行き方:
クリスタルデザインセンターはPraditmanuthamロードの中心にあり、大通りはバンコク都心の主な商業地区のラップラオ、カセート-ナワミンドラ、ラム-インドラ、エカマイとスクンビットと接続します。

ラマ9世の交差点から、ラムイントラ方向へ進み、ラップラオロードを超える橋を渡ります。クリスタルショッピングコンプレックスのサインが見えたら、右折し、Uターンします。通り過ぎてきた、バンチャックガソリンスタンドまでいき、CDCへ左折します。 ラムーインドラロードからは、ラマ9世ロードに向かって直進します。PTTガソリンスタンドとバンチャックガソリンスタンドまで直進します。CDCへ左折します。 シャロンラットエキスプレスウェイ(ラムーインドラ-アートナロン)からは、サインが見えるまで直進し、ラップラオ出口で降ります。クリスタルデザインショッピングコンプレックスの前でUターンします。
バスno. 95, 26

icon ザ モール ショッピングセンター バンカピ
ザ モールショッピングセンターバンカピは、バンコクのバンカピ地区にあるショッピングセンターです。ザ モールグループが所有し、運営しています。モールの最上階は大きなウォーターパークになっています。4階はSFシネマシティです。
行き方:

バスno.  8, 27, 44, 92, 96, 122, 126, 137, 145, 156, 502, 514, 518

icon チョコレートヴィレ
ここは食べ物の村です。カセート-ナワミンロードのKM11 10にあります。新しいレストランが小さなヴィレッジの中に20以上の美しい建物にありフュージョンとインターナショナル料理を提供しています。 チョコレートヴィレはビレッジなので、違った雰囲気が得られるよう、家、納屋、郵便局、教会までもあります。
行き方:

カセート-ナワミンロードをパタヴィコーンマーケットまで車またはタクシーで行きます。チョコレートヴィラは左側にあります。

icon ナワミンフェスティバルウォーク
困惑がナワミンフェスティバルウォークへの最初の反応であり、ナワミンシティアヴェニューの隣に位置し、狼狽させるレイアウトと何か場違いなミドルアメリカンアウトドアテーマパークのデザインが漂っています。 (入り口には巨大な風車まであります。)しかしざっとみて、昔からのお気に入りや新しいものが見つかる可能性があります。買い物客はトンローのヒップティーン、大学生、若いオフィスワーカー、ハイソなママたちです。 そしてその他のバンコクのコミュニティモールのように豊富なレストラン、カフェ、衣類、深夜に飲めるスポット、理容室、スキンケアセンターまで必要なもの全てがあります。
行き方:

バスno.  178
パヨンホーティンから車又はタクシーでPrasoet Manukitロードへ行きます。フェスティバルウォークはナワミンシティアヴェニュー近くの左側にあります。

icon ナワミンシティアヴェニュー
人気のオープンエアーショッピングセンターは緑豊かな景色の街のユニークなライフスタイルをコンセプトにしています。ナワミンシティアヴェニューは今時のレストラン、高級スーパーマーケットと様々なファッショナブルな良く知られたショップが入っています。
行き方:

バスno.  178
パヨンホーティンから車又はタクシーで、Prasoet Manukitロードまで行きます。ナワミンシティアヴェニューは、ナワミンフェスティバルウォーク近くの左側にあります。

icon ザ サークル ラチャプルック
バンコクのラチャプルックロードにある新しいオープンエアーのライフスタイルモールは、簡単に“ザ サークル”と呼ばれ、筋金入りの都会の買い物客を町から出して、郊外に入れるという考えられないことをしています。

サークルはヨーロッパのハイストリートのようなデザインです。壁の落書き風の壁画、石畳の歩道、黒鉄のランプ、現代的な噴水、ファンキーなパステルカラーの店の外装は、真の美学の寄せ集めです。 これはバンコクのその他の“コミュニティ”モールより、ユニークにしている部分であり、突然のこのエリアへの買い物客の流入は、バンコクのトンブリ側がそれほど昔でなくとも寂れたジャングルだったと説明しています。

最近は、高価な一眼レフを持った人がザ サークルの通りにおり、ファッションショーの舞台の終わりよりも多いです。アマチュアの写真家、雑誌の撮影、タイの婚約写真などのホットスポットになっており、 人々が撮影している写真の枠から外れるのは、困難かもしれません。
行き方:

バスno.  127 124 125 123 146 149 28 さらにタクシーが必要です。

icon メガ バンナー
メガバンナーは東南アジアで最初の低層階のスーパーリージョナルモールで、ひとつの屋根の下で何でも揃い、新しく、“Your Space, Your Happiness”の小売セクションが2012年5月3日に追加されました。 東南アジアで最初のメガモールは新しい大切なショッピング、食事場所になっており、ユニークで様々なテナント、5つのメインテナントのロビンソンデパート、ビッグCエキストラ、ホームプロ、 メガシネプレックス、IKEAが入っており、便利な2階建て構造は簡単にナヴィゲートでき、バンナー – トラードハイウェイのにぎやかな場所からもアクセスよく行けます。

タイ手工芸品を販売しているお奨めの市場とショップ Thai Handicraft
icon チャトチャックウィークエンドマーケット
パホンヨーティンロードにある大きな公共グランドです。マーケットは買い物好き、掘り出し物を狙う人のパラダイスです。週末の日中のみ開催しています。

icon チトララーダショップ
シリキット王妃の基金によって設立され、王宮、ヴィマンメーク宮殿、バンコク国際空港といくつかの主要なホテルにあります。

icon ナラヤナパン パヴィリオン
ラチャダムリロードに位置し、タイ全土からの商品を販売する手工芸品センターです。
バンコクアミューズメントパーク
アミューズメントパーク
icon サイアムパークシティ サイアムパークシティ 電話: (02) 919-7200-19# 232
- Sukhaphiban 2ロードのsuburban Min Buri にあるウォーターアミューズメントパークには、人口の海とスライダーがあります。その他のアトラクションは、子供用遊び場、鳥小屋、動物広場、植物園があります。
- 毎日午前10時-午後6時まで営業。入場料大人490バーツ、子供300バーツ

icon ドリームワールド 電話: (02) 533-1152, 533-1147, Rangsit-OngkharakロードのKm.7にあり、ヨーロッパスタイルのプラザ、主な世界伝説のミニチュアランドとエキサイティングな乗り物があります。
- 毎日午前10時―午後5時まで営業。休日は午後7時まで営業。入場料1人450バーツ。

icon 屋内のアミューズメントパークは下記のような主なデパートに入っています。:
- フューチャーパーク、バンケー、ペットカセムロード、電話: (02) 454-8500
- ザ モールバンケー、ペットカセムロード、電話: Tel: (02) 454-0061
- シーコンスクエア、シーナカリンタラロード、電話: (02) 721-9444
- セントラルシティバンナー、バンナートラートロード Km.3地点、電話: (02) 361-0888
- ファッションアイランド、ラムイントラロード Km.10地点 電話: (02) 947-5000

バンコクカルチャーパフォーマンス
カルチャーパフォーマンス
バンコクの主要英語新聞、バンコクポストとザネーションに一般的に載っている現在のプログラムとイベントの詳細です。 国立劇場は

icon 国立劇場は Na Phra Thatロードの国立博物館の横にあります。現在のプログラムに関しては、(02) 224-1342にお問い合わせください。
.

icon タイランドカルチャーセンターは, ラチャダピセークロードにあり、社会教育と文化教育のために完全に統合された会場です。

icon チャレームクルンロイヤルシアターは、チャレームクルンロード(新道)のオールドサイアムプラザ付近にあります。 ドラマや演劇は一般的に行われていますが、ケーンやタイミュージカルダンスドラマはスペシャルイベントとして、時折上演されます。
- 詳細は、(02) 2258757-8, 222-1325までお問い合わせください。

icon パットラヴァディシアターはトンブリのWat Rakhang付近にあります。豪華な製作が有名で、 この屋外シアターは古典的なアジアの文学を近代的に改作していることで人気を得ており、各劇ともに様々な演劇技法を採り入れています。ショータイムは金、土、日曜です。
- 現在のプログラムに関しては、(02) 412-7287~8までお問い合わせください。

icon バンコクプレイハウバンコクプレイハウスはペッチャブンロードにあります。シアターでは近代劇が行われます。現在のプログラムに関しては、(02) 679-8548, 319-7641~4までお問い合わせください。

バンコク主なエキシビジョンセンター
主なエキシビジョンセンター
Thailand Cultural Center icon クイーンシリキットナショナルコンベンションセンター
60 New Ratchadaphisek Road, Khlong Toei, Bangkok.
- 詳細は(02) 229-3000-9又はwww.qsncc.co.th までお問い合わせください。

icon バンコクインターナショナルトレード&エキシビジョンセンター
8 Km. 1 Bang Na-Trat Road, Phrakhanong.
- 詳細は、(02) 749-3939-60又はvisit www.bitec.netまでお問い合わせください。

 

バンコクメディテーションセンター
メディテーションセンター
瞑想は仏教でもっとも人気のある側面であり、内面の平穏と幸福を促進するとして一般的に多くのタイ人と素人が練習しています。下記のメディテーションセンターには仏教と仏教の瞑想についてさらに知りたい外国人のための英語でのクラスがあります。 Thai Traditional Massage

icon The International Buddhist Meditation Center, Wat Mahathat, Tha Phrachan, 電話: (02) 623-6326

icon The World Fellowship of Buddhists, 616 Sukhumvit Soi 24, 電話: (02) 661-1284-7

icon Association for the Science of Creative Intelligence, 18th floor, Rajpark Building, Sukhumvit Soi 21, 電話: (02) 258-3257

icon Young Buddhist Association of Thailand, 58/8 Soi 54 (Soi Thipniyom 2), Phetkasem Road, Phasi Charoen, 電話: (02) 413-1706

icon House of Dhamma, 26/9 Ladphrao Soi 15 (Soi Chomphon), 電話: (02) 511-0439

icon タイトラディショナルマッサージ
この治療と非常に落ち着いた形のマッサージは、うわさによると、 rishis(森林に居住するバラモン僧の修行)は一定の姿勢を採用することによって、長時間の瞑想による肉体的ストレスを緩和させたことから発展したといわれています。 Wat Pho(ワットポー)はマッサージとマッサージのレッスンセンターとして、大変有名です。

 

larger text smaller

タイの時刻 18:19 (GMT+7)