バンコクのダイニング
フードストリート

タイ、バンコクには伝統的なタイ料理 からインターナショナル料理まで、安い屋台フードから高価なレストランまで何千というお食事処があります。もっとも人気のあるエリアは、

:: ヤワラート ::
ヤワラート バンコク一大きなチャイナタウンで、市内でもっともおいしく、もっとも高価な中華料理レストランがあり、特に夜はたくさんのおいしくて、安い食べ物屋台がずらりと並びます。 大きなレストランはヤワラートロードにたくさんあり、小さな路地や通りはそれほど印象的ではないものの、平等に楽しめるお店があります。 ほとんどのレストランは特に南部中華料理になり、麺類やシーフードがあり、ランチタイムは飲茶もあります。
:: パフラット ::
ヤワラートの中華街からパフラットのリトルインディアまでは徒歩範囲で、二つの異なる世界を超越できます。インド起源のタイ人が住んでおり、 パフラット周辺の路地はたくさんの本格的なインド料理レストラン、特に北インド料理を提供するレストランがあります。または、パンジャビやパキスタンのようなサブのコンチネンタルフードもたくさんあります。
:: サイアムスクエア ::
このショッピング ショッピングエリアは、高価格のレストランだけでなく、アメリカのファーストフードショップも数多くあります。タイ料理、ヨーロピアン、中華または日本食が食べたい場合も、 このファッショナブルなエリアのどこかに必ずお店があります。伝統的なタイレストランが派手なファーストフードフランチャイズとタイスキのお店が隣接しています。ソイ1には従来の中華料理レストランがあります。
:: スクンビットロード ::
fruits スクンビットにおいて、食事所が足りないということはありません。道路沿いには100メートル以内に少なくともひとつのレストランがあるという人もいます。食べ物は国際色豊かです。 西端のソイナナ周辺は、パキスタンや中東のレストランが並び、スパイスの香りがソイに漂っており、このエリアは“リトルアラビア”と呼ばれています。さらに道路をあがっていくと、 インド料理レストランがあり、北部と南部インド料理の両方を提供しています。 ヨーロッパ、アメリカ料理は同等で、道路沿いにイタリアン、フレンチ、イギリス、ドイツ、メキシコレストランが並び、さまざまなメニューや雰囲気や価格帯があります。 スクンビット55、ソイトンローとして知られていますが、迷路のような路地にはさまざまなレストランが満ちています。

Tそして、 タイ料理に関しては、市場の中や、本格的なヌーベルキュイジーヌは道路沿いの小さな控えめに飾られたレストランや贅沢で華やかなところまであります。

ソイ ランスアン: スクンビットロードに似ており、ソイ ランスアンではタイ、アジアとヨーロッパの影響を受けた、多様な融合料理があります。おしゃれなレストランでの楽しいお食事は少し値が張ります。市内でもっとも人気のある ジャズパブの拠点にもなっています。通りの華やかな雰囲気が、日没後の観衆を魅了しています。

シーロムロード:いくつかのフードストリートがバンコクで一番忙しいエリアのこの道路にリンクしています。サラディン交差点近くには日没から夜遅くまで、シーフード屋台が広がります。 コンベントロードの近くではインドネシアからアイリッシュターヴァンまであらゆるものを提供しています。対面のソイタニアの活発な通りは、日本食レストランが立ち並び、日本人観光客と各国の寿司愛好家を魅了しています。

タイ料理は王宮料理も屋台料理も並んでいます。前者の最高の料理はソイピパットで見つけることが出来ます。タイバージョンのファーストフードはほとんどのショッピングコンプレックスやソイラライサップズランチマーケットにあります。 ワンストップでいろいろ食べられるのはソイ24のシーロムビレッジで、様々なタイスタイルの料理をリラックスできる雰囲気の中で食べることが出来ます。

Yaowarat
:: バンランブー ::
バックパッカーがバンランブー、特にカオサンロード周辺に集います。このエリアのほとんどの食事所は、予算を重視する人向けです。カオサンロードの多くのゲストハウスがオープンエアーのカフェを併設しており、 基本的なタイ料理、中華料理を提供しています。他にもインド料理、ユダヤ料理、ムスリム料理レストランなどがあります。

レストランリスト

 

 

larger text smaller

タイの時刻 18:20 (GMT+7)